その他機材・備品

2017年9月15日 (金)

クリアファイル

Photo

宇田大志さんのPDFの練習教材の整理に100円ショップで、クリアファイルを購入しました。

きちんと、纏めておかないと・・・。

2017年9月 6日 (水)

【購入!】Peterson Strobo Clip HD

Peterson_strobo_clip_hd

先日、入手した自称T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Modelですが、Buzz Feiten Tuning Systemが付いているため、専用チューナーが必要ということで、前から欲しかったPeterson Strobo Clip HDを購入してしまいました。

それにしても、旧型のPeterson Strobo Clipとは使い勝手も、質感もかなり向上しています。

おそらく今販売されているクリップチューナーの中では、精度、操作性、見た目ともに最強ではないでしょうか?

もちろんPetersonですから、お値段も最強なのですが・・・。

これは、お奨めです。

2017年9月 2日 (土)

トラスロッドの嫁ぎ先

1

先月、以前PRS用に特注で作った「椰子の木」柄のトラスロッドをお嫁に嫁がせました。

エボニーの板に、アバロンとターコイズで作った特注品です。

2

今後は「もうPRSを買うこともないかなぁ〜」と思ったためです。

最近、PRSの廉価版が市場に出回り、そのせいもあってか、高いPrivate Stockのデッドストック品でさえ、二束三文での下取りや買い取りとなってきましたし・・・。

個人的には大好きなメーカーの一つですが、一生ものとして使い続けるほど気に入った仕様のギターはまだ存在しないため、特注で作ったトラスロッドも、今使っていただける方にお譲りしたという訳です。

今頃、元気にしてるかなぁ〜。

2017年8月20日 (日)

【気になる!】Peterson Strobo Clip HD

そういえば、最近また一つ欲しいチューナーがあります。

Peterson Strobo Clip HDです。

実は、以前、一つ前の型のPeterson Strobo Clipを持っていましたが、いま一つ液晶の文字が見ずらかったのと、作りが安普請だったため、すぐに壊れ手放してしまいました。

今回はHDとなり画面の解像度がかなりアップし、あわせて見た目もかなり今風に良くなりましたので、期待度大です。

10年近く前は各社から今ほど良いチューナーが出ていませんでしたので、私もごっついペダル型のPeterson Strobo Stompを使用していましたが、最近ではわざわざ高いPetersonを使う人は減りましたよね?

Petersonは高性能チューナーの本家本元の老舗であり、ギターメーカーや工房は今でも安心のPetersonを使用するのが常なようですから、是非、一台は持っておきたいチューナーです。

それにしても、市場に最新式の高性能チューナーが溢れ、選択肢が増えたことは良いことです。

Peterson Strobo Clip HD

2017年8月15日 (火)

HATA製ハットノブの行方

Img_2280

折角、オーダーして購入するも、残念ながら使うことがなくなったHATA精密工業さんのハットノブ。

もちろん、新品・未使用。

しかも、メモリ刻印入りのお値段が、一回り高いバージョン。

さらに、メモリが目立ちすぎないように薄く刻印してもらった特注品。

新品購入で、税込9,158円。

もったないけれど、売りに出そう。

2017年7月22日 (土)

【気になる!】Friedman Tour Pro

以前から話題になっていたFriedmanのペダルボードが、ようやく発売されました。

大きさは3種類あるようです。

ペダルボードとケースで一番小さいサイズで、税込みで35,100円から。

その他、インターフェイスやパワーサプライがセットになったタイプもあるようですので、日本での評価が楽しみです。

2017年6月24日 (土)

【気になる!】Peterson StroboClip HD

ようやく満を持してPetersonから本命のクリップチューナーが登場しました。

Petersonですから、精度は言うこと無しの0.1セント。

ギターだけでなく多様な楽器の調律にも使えるようです。

さらに、ドロップ・チューニングやカポ設定もでき、音律のプリセットも50個までできるという優れもの。

これは買いですね。

2017年6月 2日 (金)

【気になる!】TC Electronic PolyTune 3

TC Electronicsと言えば、PolyTuneも、Versionが3にモデルチェンジしていましたね。

大きな変更点は、チューニング精度がストロボモードで0.1セントから0.02セントに大幅向上。

なんと、Sonic Research Turbo Tuner ST-300並に。

さらに、フットスイッチがチューナーの音オン/オフではなく、音のミュートのオン/オフになったようです。

さらに使い勝手がましてきましたが、過去の傾向からみると、時期にミニサイズも同様のバージョンアップが図られると思います。

そうしたら、買いかなぁ〜なんて考えています。

2017年5月22日 (月)

Elixir 「ウルトラファインマイクロファイバー」クロス

Elixir

そう言えば、先日、通販でElixir Optiwebを購入した際、オリジナルデザインの「ウルトラファインマイクロファイバー」クロスという非売品が一緒に送られてきました。

人間の髪の毛の1/100以下という繊維で、水分や油分を取ってくれるクロスだそうです。

ギター使用後の弦ふきに使ってみようと思います。

2017年5月12日 (金)

Elixir Optiweb + Gibson ES-335

Elixir_optiweb

2017年新作のElixir Optiwebです。

早速、先日購入したGibson Custom Shop Historic Collection 1963 ES-335 Nashvilleに張ってみました。

もちろん、以前のElixirも悪くはありませんでしたが、こちらはかなり癖が抜けている感じがします。

通常弦と遜色なし。

今後はこちらの弦が愛用弦になりそうです。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

無料ブログはココログ