その他機材・備品

2017年6月24日 (土)

【気になる!】Peterson StroboClip HD

ようやく満を持してPetersonから本命のクリップチューナーが登場しました。

Petersonですから、精度は言うこと無しの0.1セント。

ギターだけでなく多様な楽器の調律にも使えるようです。

さらに、ドロップ・チューニングやカポ設定もでき、音律のプリセットも50個までできるという優れもの。

これは買いですね。

2017年6月 2日 (金)

【気になる!】TC Electronic PolyTune 3

TC Electronicsと言えば、PolyTuneも、Versionが3にモデルチェンジしていましたね。

大きな変更点は、チューニング精度がストロボモードで0.1セントから0.02セントに大幅向上。

なんと、Sonic Research Turbo Tuner ST-300並に。

さらに、フットスイッチがチューナーの音オン/オフではなく、音のミュートのオン/オフになったようです。

さらに使い勝手がましてきましたが、過去の傾向からみると、時期にミニサイズも同様のバージョンアップが図られると思います。

そうしたら、買いかなぁ〜なんて考えています。

2017年5月22日 (月)

Elixir 「ウルトラファインマイクロファイバー」クロス

Elixir

そう言えば、先日、通販でElixir Optiwebを購入した際、オリジナルデザインの「ウルトラファインマイクロファイバー」クロスという非売品が一緒に送られてきました。

人間の髪の毛の1/100以下という繊維で、水分や油分を取ってくれるクロスだそうです。

ギター使用後の弦ふきに使ってみようと思います。

2017年5月12日 (金)

Elixir Optiweb + Gibson ES-335

Elixir_optiweb

2017年新作のElixir Optiwebです。

早速、先日購入したGibson Custom Shop Historic Collection 1963 ES-335 Nashvilleに張ってみました。

もちろん、以前のElixirも悪くはありませんでしたが、こちらはかなり癖が抜けている感じがします。

通常弦と遜色なし。

今後はこちらの弦が愛用弦になりそうです。

2017年5月 9日 (火)

デジマート製品レビュー Elixir Optiweb

デジマート製品レビューで、こんな動画が出ていました。

やはり、ネット上でもElixir Optiwebは、かなり評判が良いようですね。

私もこれからは、当面はこの弦に使用が固定されそうです。

2017年5月 7日 (日)

Elixir Optiwebの追加購入

Elixir_optiweb_3

先日、初めて使って以来、すっかりElixir Optiwebの虜になりました。

Tポイントが残っていたので、少しまとめて3個セットを購入。

こういう小物の購入にTポイントってありがたいですよね!

2017年4月26日 (水)

【気になる!】tc electronicからPolyTune 3

そう言えば、先日、tc electronicからPolyTune 3が発表になりました。

PolyTune 2 からの大きな変更点は、①ストロボモードでのチューニング精度が0.1セントから0.02セントに大幅に向上したこと、②バッファーが内蔵されたこと、③フットスイッチでボリュームのみをミュートする機能(Always On機能)が付いたことです。

Sonic research Turbo Tuner ST-300 と同レベルのチューナーにまでバージョンアップしましたので、価格面からもこちらを選ぶ方が増えそうですね。

私は、ミニタイプが出てきたら、検討したいと思います。

2017年4月 7日 (金)

PRS 57/08ピックアップ

なんと、PRS 57/08ピックアップが単体で販売を開始するようです。

今までは、マーケティング戦略からPRSのギターを購入しないと、57/08ピックアップを購入することは出来ませんでしたが、ようやく自分のギターにも自由に取り付けが可能になるようです。

単体販売を待っていた人も多いと思います。

これは、売れるかもしれませんね。

2017年4月 6日 (木)

クリップチューナ比較動画

クリップチューナーの比較動画を見つけました。

視認性、使いやすさは人によっても異なるかと思いますが、皆さんであれば、どれを選択されますか?

私は、あらためてこの動画を見て、tc electronic PolyTune Clipでよかったなぁ〜と思います。

2017年4月 5日 (水)

tc electronic PolyTune Clip

Tc_electronic_polytune_clip

先日、久しぶりにクリップチューナーを買い直しました。

tc electronicのPolyTune Clipです。

ポリフォニックチューナーですから全弦が一度にチューニングが出来るところが良いですね。

機能を説明していくと、まず上部についているのが電源のオン・オフボタン。

これを押さないと起動しません。

次に、側面の上(右)側についているボタンですが、こちらはチューニングモードの切り替えボタンになっています。

一回押すと、Eの標準チューニング。

二回押すとE♭となり、ドロップチューニングが可能となります。

しかし、押すたびに半音づつドロップしたチューニングとなりますので、注意が必要です。

さらに押していくと、Fの1と表示され、1フレットにカポをつけた状態のチューニングとなります。

Fの2、Fの3というように、2フレット、3フレットにカポをずらしたチューニングも可能です。

次に、側面の下(左)側についているボタンですが、こちらは表示モードを切り替えるボタンになります。

ニードル(針)と、ストロボ(光)モードに切り替えられるようす。

さらに、このボタンを約5秒長押しすると、ギターモードとベースモードとの切り替ができます。

しかし、ベースモードではポリフォニック機能が使えないため、ポリフォニック機能を使いたくない人は、あえてベースモードを選択しておくのも良いかもしれません。

また、これら二つのボタンを同時押すと、キャリブレーションの変更ができます。

しかし、一般的にはギターの場合、A=440Hzだと思いますので、これは変えなくても良いかも?!

さらに、チューナーの画面は、取りつけた向きによってスマホのように適切に反転します。

これまでは、何年も前に発売されたかなり古いKORGのクリップチューナ AW-2G Whiteを使っていましたので、急速な技術進歩を感じますね。

お薦めのチューナーです。

tc electronic PolyTune Clip 日本語マニュアル

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

無料ブログはココログ