エフェクター

2017年4月11日 (火)

【気になる!】Free The Tone Flight Time/FT-2Y

Free The ToneのDigital Delay Flight Time/FT-1Yがディスコンになって久しいですが、どうやら時期バージョンを開発中とのこと。

その名もFT-2Y。

今まで不満だったラインレベル未対応も解消するとのことで、これでアンプのセンド/リターンにも入れられそうです。

発売日は未定だそうですが、期待できそうですね。

2017年4月 8日 (土)

【購入!】Shin's Music Dumbloid

Shins_music_dumloid

久しぶりにエフェクターを買いました。

最近は、持っているエフェクターを処分し、身軽になる一方でしたが、以前から欲しかったダンブル系の歪みをようやく購入。

これからは、歪みエフェクターはダンブル系を中心に揃えようかと・・・。

せっかく、機材の断捨離を進めてきましたので、増えすぎないように注意注意。

このペダルは、Namm Show 2017に展示されていたペダルそのものという貴重なペダルです。

そのため、ほんの少し使用感はありますがそれは仕方ありません。

Namm Showに出展したそのもののペダルですから、通常の製品よりも気合が入っているだろう・・・という願望のもと購入。

2017年4月 3日 (月)

Ovaltone Namm Show 2017(White Face/GD-013 Version2)

なんと、OvaltoneがNamm Show 2017で発表したWhite Faceと、GD-013 Version2の動画を発見。

この2機種は期待の大きいペダルだけに、楽しみですね。

特に、White FaceはNutubeを使ったクリーン重視のプリアンプなだけに、JC-120対策としての本命では?と思っています。

2017年4月 2日 (日)

Eventide EvenMidi H9 Midi Controller

またまたEventideから良さげなものが発表されました。

Eventide H9を2台までコントロールできるEvenMidi H9 Midi Controllerです。

Eventide H9は、通常、タブレットやPCの専用ソフトで細かなパラメーターを設定して音色を作りますが、このEvenMidi H9 Midi Controllerがあれば、それらのデバイスなしに、直感的につまみを回して音作りができるというもの。

Eventide H9のパネルのつまみが外出しで付いたというイメージだと思います。

これがエフェクトボードにあれば、ライブ中もタブレットやPCを使わず自由にパラメーターが変更できますので便利ですね。

2017年3月20日 (月)

デジマートマガジン 現行ダンブル系ペダル“試奏分析”

なんと、アンプだけでなく、Dumble系ペダルを比較する解説もデジマートからアップされていました。

これは、アンプと比較できるので、とても良いですね〜。

Dumble系ペダルは最近よく見かけますが、このように一度に比較でき、さらには本物のアンプと聴き比べられるとなると、どのエフェクターがどの時代のDumbleを目指しているのかもわかりますね。

これは、とてもナイスな企画!

今後も、アンプとそのアンプをコンセプトにしたペダルを複数比較するような動画を是非とも出して欲しいものです。

デジマートマガジン 現行ダンブル系ペダル“試奏分析”

2017年3月18日 (土)

【気になる!】Shin's Music DUMBLOID Psychedelic Special

最近、またまた気になるギターや機材が増えてきました。

歪みペダルでいうと、やはり定番ですがダンブルサウンドに憧れます。

ということで、Shin's Musicから2017年度にDUMBLOID #1000の製産を記念して限定販売されたアニバーサリーモデル DUMBLOID Psychedelic Specialのご紹介です。

動画は通常のレギュラー品ですが、Psychedelic Specialは手作業による加工なので1台ごとに模様やカラーリングの違うワンオフ仕様。

気に入った色味があれば購入したいなぁ〜。

ちなみに、サーキットやパーツも通常モデルとは若干異なり、扱いやすいヴィンテージ感を出したモデルに仕上がっているとのこと。

Shin's Music DUMBLOID Psychedelic Special

2017年3月17日 (金)

【気になる!】Ceriatone Centura

Ceriatoneから、かねてより噂になっていたKlon Centaurを忠実に再現したクローンモデルCenturaが発売されました。

ネーミングも微妙に異なります。

さすがに、本家本元は高すぎて購入できませんが、サウンドを聞く限り、これは欲しいですね。

お値段は175ドル。

しかし、日本には代理店がないため、どうやって入手するか・・・。

直接サイトから購入するのも気がひけるし・・・。

うーん、しばらく様子見ですな。

Ceriatone Centura

2017年3月11日 (土)

【気になる!】Strymon Sunset Dual Overdrive

なんと、StrymonからSunset Dual Overdriveという歪みエフェクターが発売されました。

今回はアンプの歪みを追求したペダルではなく、どうやらエフェクターの歪みを狙ったペダルのようです。

AB二つのチャンネルは、それぞれ単体使用ができますが、同時使用も可能なようです。

接続順も直列(A→B) or (B→A) の選択に加え、並列(A+B) の選択も出来る優れもの。

さらには、Favorite Switchも外付でつけられ、セッティングのメモリーもできます。

その他、Bright Switch、トゥルーバイパスとバッファードバイパスの選択、エクスプレッションペダルが使えるなど、かなり高機能な歪みペダル。

これはかなり使い勝手がよさそうなペダルです。

2017年2月28日 (火)

Nutube Builder Summit

Nutube Builder Summitの動画がアップされていました。

今後はやはりNutubeが主になっていくのでしょうか?!

2017年2月25日 (土)

Eventide Spacetime

Eventide Spacetimeいいですね〜♪

ディレイやリバーブやモジュレーションがシリアルにも、パラレルにも繋げられる理想の空間系アルゴリズムです。

サウンドは、もちろん言うことありません。

これなら、Mixerも必要ないですね。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

無料ブログはココログ