« T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model(22) | トップページ | Buzz Feiten Tuning System »

2017年8月 8日 (火)

T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model(23)最終回

Ts_guitars_dstpro22_mahogany_limi_8

本日で、T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Modelについての解説と感想は最終回(あくまで予定)です。

ということで、今回オーダーしたT's Guitarsについて、勝手な個人的見解でS・A・B・C・Dの5段階評価をしてみたいと思います。

ちなみに、価格相応のレベルをB評価と設定しました。

Ts_guitars_dstpro22_mahogany_limi_9

まず、作りそのものについてですが、これまで、手にしてきた海外有名メーカーのカスタムオーダーのギターと比較しても、作りは遜色なく、むしろ丁寧だと言えますので、S評価と言って良いと思います。

演奏性も全般的に良いと思いますが、その分、標準のネック厚はかなり薄いため、テクニカル系のギターリストが好むネックだと思います。

ビンテージ系やJAZZ系の落ち着いたネックを好む方は、標準仕様からネック厚を増した方が良いと思います。

また、私の場合、オプションでネックにセルバインディングをつけましたが、残念ながら指板面との角の面取りが弱く、まだ鋭角さが残っている気がします。

そのため、グリップした時に少し角々しさを感じます。

Gibson True Historic等では、セルバインディングと指板面との角を丁寧に面取りしており、見えないところではまだまだ海外製が優れているところを感じます。

ちなみに、私が持っているSadowsky ArchTops Semi-Hollow Model Violin Burstのネックについているバインディングの握り心地とも比較してみました。

Sadowsky ArchTops Semi-Hollowの価格は、今回のT's Guitarsの3/5程度ですが、セルバインディングの処理はこちらの方が上のようです。

Sadowsky ArchTops Semi-Hollowも同じ日本で製造したギターですが、やはりSadowskyが監修しているだけあり、このような細かなプレイヤビリティは、海外有名メーカーの方に一日の長があるように思えます。

このようなこともあり、私のT's Guitarsの演奏性はB評価だと思います。

B評価というとあまり良くないように聞こえますが、値段相応であり、価格以上の期待を超えるレベルではないという意味ですので、決して悪い評価ではありません。

楽器店にT's Guitarsの代表的な厚みを数種類用意したネックサンプルやバインディング有無のサンプルがあると、より満足の高いネックがオーダーできるのになぁ〜と思います。

Ts_guitars_dstpro22_mahogany_lim_10

次にカスタムオーダーの対応レベルですが、これはあまり十分とは言えません。

前評判が高かっただけに価格と期待値のギャップがかなりありました。

簡単な仕様変更レベルのカスタムオーダーであれば、なんら問題ないと思いますが、私のように、ほぼ全面的なカスタムオーダーするのであれば、オーダーする側で十分な注意が必要だと思います。

辛口かもしれませんが、残念ながらこの点はC評価です。

最後に価格についてですが、カスタムオーダーの場合、レギュラー品とは異なりかなり高額となります。

こちらも海外有名メーカーと同じレベルの仕様にまでフルカスタムオーダーすると、結局は海外有名メーカーと同じような価格帯になりますので、差別化されるのは日本語が通じて細かなニュアンスが伝わることと、木材の質やカラーの自由度だと思います。

残念ながら、この点も私の場合うまくメーカーとの意思疎通ができず、杢目やカラーについて100%満足のいくものには仕上がりませんでした。

材がよく、作りが丁寧であれば、良い音がするか?心に響くサウンドが出るか?見た目も満足できるか?というとそんなことはありません。

GibsonもJames Tylerも決して作りは良い方だとは言えませんが、あのサウンドや外観はプレイヤーを魅了します。

そういう意味で、フルカスタムオーダーのT's Guitarsの価格が安いか高いかは、判断が難しいところです。

私が過去に海外有名メーカーや日本の有名メーカーにカスタムオーダーした経験から判断すると、この点はB評価かな?と思っています。

結果として、私のギターの総合評価は、あくまでも価格相応ということでB評価としたいと思います。

誤解のないよう補足しておきますと、ギターとして満足していないわけではありません。

あくまでも、コストパフォーマンス的に価格相応のレベルか?とい視点で見ています。

ちなみに、再度この価格帯でフルカスタムオーダーをするかと言われると、少し考えてしまいますが、レディメイド程度のカスタムオーダーで、メーカーとの意思疎通も齟齬なく行え、フルカスタムオーダーよりも安くコストパフォーマンスが見いだせれば、再度新しいギターをオーダーするかもしれません。

しかし、もしレギュラー品で色や杢目、デザインで気に入ったものがあれば、操作性やサウンド的には購入して損のないギターですので買いだと思います。

ヘッドの形はかなり奇抜なので、中年オヤジには私のように、好きなデザインに作り変えた方が落ち着きがでるかと思います。

ちなみに、私がデザインしたヘッドであれば型があるかと思いますので、齟齬なく作れるかもしれませんね。

一方で、かなり優等生なギターですので、Gibson、Fender、James Tyler等のように一聴してわかる個性を求める方には向かないと思います。

世界の一流ミュージシャンが使う有名メーカーは、やはり何か違った魅力を持っているものだと思います。

今回のフルカスタムオーダーでは良い経験をしました。

今後も、何かに生かせればと思います。

« T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model(22) | トップページ | Buzz Feiten Tuning System »

ギター」カテゴリの記事

コメント

完成されたT's Guitar、とても素敵ですね。
現在なかなかの数のバックオーダーを抱えているようでちょこちょこオーダーの間違いがあるんだとか…。
私の知り合いは指板を間違えて(エボニーのはずがメイプルに)納品されてました…。

もし次回ギターをオーダーすることがあれば、是非Freedom Custom Guitar Researchをお勧め致します。

作りはT'sと同等、もしくはそれ以上。もともとUSAのヴィンテージサウンドに魅了された方が作っているのでサウンド面も申し分ありません。
都内の荒川区に工房がありますので、フェイストゥフェイスでオーダーの相談をすることができます。
私がオーダーした際には社長つきっきりで木材選定含めて2時間ほどかけて、ジョイント部をこうするとサウンドにどんな影響が出る、ペグはこれにするとより倍音が出る、など本当に細かくオーダーの相談にのっていただきました。
一般的なストラトシェイプであればメイプルトップのものでグレードによりますが、40万円行くか行かないかくらいです。
今まではセミオーダーのみの受注でしたが、ここ最近はもっと踏み込んだカスタムオーダーもできるようです。
もしよければチェックしてみてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/71298074

この記事へのトラックバック一覧です: T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model(23)最終回:

« T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model(22) | トップページ | Buzz Feiten Tuning System »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ