« T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model(18) | トップページ | T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model(20) »

2017年8月 4日 (金)

T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model(19)

Ts_guitars_dstpro22_mahogany_limite

本日は、ボディ周りについてご説明します。

まずはボディ材ですが、こちらは贅沢にもネック材と同じホンジュラスマホガニーをオプションで選びました。

次にトップ材ですが、こちらは私が長野のT's Guitarsに行って選定した5Aキルト。

しかし、残念なことにボデイカラーが濃すぎてバーストの濃淡があまりないことと、Arc用のトップ材をDSTに流用したことから、薄く製材する際にかなり表面を削りすぎたようで杢目がかなり薄くなってしまい、とても5Aキルトには見えません。

見た目は完全に3Aレベルです。

フラッシュ等でかなり光を当てると杢目が浮き出て見えるのですが、 それでもせいぜい4Aのキルトというところでしょうか?!

これで税込み97,200円のアップチャージですから、本当に残念です。

これなら、わざわざ10万近くのオプションをつける意味がありませんでした。

ちなみに同じ国内メーカーのJames Tyler Japanでも、これまでも何本かキルトトップのギターをオーダーしてきましたが、5A選定のアップチャージを支払わなくても今回レベル以上のキルトで仕上がってきます。

そう意味では、製造工程でもう少しメーカーとコミュニケーションが欲しかったですね。

Ts_guitars_dstpro22_mahogany_limi_2

また、ボディカラーもBlue Burstの濃淡がほとんどないため、パッと見は紺色単色に見えます。

ボディのセンター付近が、私が提供したサンプル画像通り、もっと薄くなっていれば、もう少し杢目がはっきり出たのになぁ〜と残念で仕方ありません。

本体の塗装前に塗装サンプルをいただければよかったのですが・・・。

また、完全に塗装が仕上がる前にやり直しがきく段階で、カラーについても確認させてほしい旨、メーカーにお願いしていたのですが、こちらも残念ながら聞いてもらえず、塗装が完全に仕上がった後に、結果通知の画像が連携されてきました。

これでは仕方ありませんね。

塗装を剥がして追加費用を払えば塗装もやり直しができるそうですが・・・。

それはちょっと・・・ですよね。

ということで、杢目とボディカラーについては、とても残念な結果となりました。

« T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model(18) | トップページ | T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model(20) »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/71286631

この記事へのトラックバック一覧です: T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model(19):

« T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model(18) | トップページ | T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model(20) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ