« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月28日 (金)

Fender Stratocaster 1V1T化計画(18)

Img_2088

いよいよ最終工程が終わり、完成品の画像が届きました。

なかなか良い感じです。

しかし、ここまでの道のりは長かったぁ〜。

穴埋めキャップ構想を打ち出してから、はや一年。

こんなに物が溢れている世の中なのに、自分が希望した物がなかなか見つからず、やむなくカスタムオーダーすることになるなんて、考えてもみませんでした。

Img_2089

しかし、結果的にはこれで大正解・大満足だったと思います。

あとは、商品の到着を待つのみ。

これもHATA精密工業さんのおかげです。

本当にありがとうございました。

2017年7月27日 (木)

T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model 進捗状況(15)

Ts_guitars_dstpro22_ml_tsound_mod_3

ギターのボリュームノブの位置があまりにエスカッションにくっつきすぎて、トーンノブとの間が空きすぎてしまうため、その隙間を埋めるべく、リアダイレクトスイッチを付けることにしました。

税込み10,800円の追加オプションです。

掲載の画像は、トグルスイッチの位置決めをするため、印をつけてメーカーに送付した時のものです。

ノブの間隔が広くなったことで間伸びした雰囲気が、少し解消されたような気がします。

2017年7月26日 (水)

T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model 進捗状況(14)

Ts_guitars_dstpro22_ml_tsound_mod_2

先日、ヘッドとネックの塗装も完了したとの連絡があり、早速画像を送っていただきました。

こちらも画像のためなんとも言えませんが、どうやらヘッドの突き板もボディのトップ材と同じA5キルトとは思えないほど杢目が薄く、少し残念な結果となりました。

指板のハカランダについては、オイルを塗りこんだせいか少し色が黒くなった気がします。

いずれにせよ、少しづつ完成に向けて進んでいます。

2017年7月25日 (火)

T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model 進捗状況(13)

Ts_guitars_dstpro22_ml_tsound_model

ようやくボディの塗装工程が完了したとの連絡があり、画像を送ってもらいました。

画像だけですので、実際に実物を見てみないと色味はなんとも言えませんが、残念ながら5Aキルトを選んだはずが、塗装をしても十分に杢目の輪郭や深さが出ていないと思われます。

いただいた画像では、残念ながら4Aレベルの杢目に見えます。

もともと私が選んだトップ材はマスターグレード級で、通常DST-Proには使わないARC用の厚い材だったのですが、厚さ方向にひび割れがあったことからDST-Pro用に薄く製材して使用しても良いとT's Guitarsから提案を受けたものでした。

トップ材にひび割れが生じており、トップ材の厚みが必要なARC用としては使用できない材だったからです。

しかし、その加工の際にかなり杢目の深さや柄も変わってしまったようです。

当時の画像と比較しても、私が選んだ時の杢目の深さ・鮮明度がありません。

わざわざ長野まで行って選定した材だったため、木材を加工し表面を削った後に、杢目が変わったのであれば、確認させていただきたかったですねぇ〜。

残念です。

また、ボデイカラーも私が指定した色とは微妙に異なっています。

カラー見本の画像を添付してメーカーに送ったのですが、サンプルでの塗装確認などはなく、いきなり塗装完成でした。

カラー見本が画像のため、色味が多少異なるのは仕方がないとしても、バーストの仕方までが全く違うのは、これって・・・。

という感じです。

塗装工程が完了する前に変更・修正ができる時点で確認させていただきたいとメーカーにお話ししていたのですが、聞いてもらえず、結局はクリアも塗ってしまい修正できない段階での連絡で、結果このような顛末に。。。

修正するのであれば、あとは、塗装を剥がし再塗装するしかないそうです。

しかも別料金がかかるとのこと。

しかし、一番残念なのは、ボリュームノブの位置です。

メーカ側が何も考えずに通常のDST-Proと同じ位置に穴を開けてしまったので、エスカッションをつけてハットノブを装着すると、かなりエスカッションとボリュームノブの位置が接近してしまいます。

これも、加工前に画像を確認させていただきたい旨、メーカーには伝えていたのですが、すべて加工が終わり穴が開いた状態(修正ができない状態)で、画像が送られてきました。

本来なら、エスカションの装着でピックアップの位置が外に張り出す分と、ハットノブの円周の大きさを考慮して、ボリュームノブの位置をずらしていただきたかったなぁ〜と。。。

もともとDST-Proは、他メーカーの通常のこの手のギターよりピックアップとボリュームノブの位置が接近しています。

しかも、もともとレギュラー品としてエスカッションを付ける仕様が販売されていない上、エスカッションをつけてハットノブを付ける仕様も販売されていません。

しかし、ボリュームノブはピックアップ(エスカッション)と干渉しないから大丈夫だろうというメーカー側の目測から、使い勝手や見た目を考えず、いつも通りの位置で穴を開けしまったのだと思われます。

エスカッションとハットノブは、ギリギリ干渉こそしないものの、エスカッションとハットノブの隙間はほぼなく、間に指も入らないため、ピッキング時の操作性が極めて悪いという結果に。

もともと、HATA製のハットノブを付ける仕様でオーダーをしていたので、エスカッション装着後にきちんとハットノブが収まるかどうかを確認してから、ボディに穴を開けていただきたかったなぁ〜と思います。

結局、オーダーしたHATA製のハットノブは無駄になりますが、通常の円柱型のノブに変更するしかありません。

これであれば、エスカッションとボリュームノブの間になんとか小指が入るくらい隙間ができます。

しかし、ノブを変更するため、さらに別料金がかかるそうです。

もともと、ピックアップにエスカッションを付ける仕様をお願いした時も、トラスロッドのアジャスト位置が通常のDST-Pro同様、ネック側のフロントピックアップの上の位置のままで仕様書が上がってきました。

これでは、エスカッションを付けるとアジャストの穴がエスカッションの下に隠れてしまい、メンテナンスが大変です。

そこで私から提案して、ヘッドアジャストにオプション扱いで変更してもらったということもありました。

フロントにエスカッションの付いているギターは、よほどレイアウトに余裕がない限りヘッドアジャストにするのが普通だと思うのですが、メーカーからはなんらアドバイス・意見・提案がなかったので、あのまま作られていたら・・・と思うと少し怖い気がします。

せっかく、わざわざ長野にまで行って選定した材で、拘りの仕様でメーカーを信じて製作をお願いしたギターなだけにとても残念です。

修正ができる段階で確認をお願いしても、工程の途中だから画像は送れない、ルール化していないので難しいと、メーカから後から言われました。

しかし、プロの方の画像を送る時は、製造工程の途中でも画像を送付し確認しているようですので、残念ながらアマチュアだと甘く見られるのかもしれません。

海外メーカーと異なり、日本語が通じ、まめに仕様確認をしながら進められるところが、日本の工房でカスタムオーダーをする最大のメリットなのですが・・・。

それが出来ないのであれば、海外の有名メーカーでカスタムオーダーする方が良いですね。

お値段は市販品のT's Guitarsとは異なり、海外有名メーカーでカスタムオーダーするのと同じかそれ以上のお値段ですから・・・。

やはり、日本製は大量生産またはレディメイドくらいの市販品を購入する方が、安くて品質が安定していますね。

もともと、T's GuitarsはOEMから成り立った会社なので、尚更そうなのかもしれません。

T's Guitarsは、市販のレギュラー品は、評価が高いものの、一からカスタムオーダーをするとなると、オーダーする側がよほど細かく全ての仕様を指定し、その製造工程をきちんと管理できないと、なかなか思うようなギターにならないのかもしれません。

これまで、国内外の色々なメーカーにカスタムオーダーをお願いしてきましたが、ここまで色んなことが上手くかみ合わない事例は初めてです。

しかも、まだまだ他にも難題があります。

それはまた後日ということで・・・。

改めて、カスタムオーダーの難しさを痛感しました。

2017年7月24日 (月)

【気になる!】DiscumBobulator V2

久しぶりに気になるオートワウです。

初代のDiscumBobulatorを持っていましたが、あのレベルを超えるとなると、購買意欲がフツフツと湧いてきます。

価格は定価ベースで32,400円。

さて、市場価格でいくらにあんるでしょうか?

お値段次第では購入するかも?!

2017年7月23日 (日)

【気になる!】Keeley Compressor Plus

あのKeeleyから、コンプレッサーが登場するようです。

Keeleyといえば、ROSS系のコンプで一世を風靡し、その後、BOSSやIbanezのMod製品を次々に出して成長したメーカーですね。

そのKeeleyが新たにコンプを出すのですから、やはり気になります。

2017年7月22日 (土)

【気になる!】Friedman Tour Pro

以前から話題になっていたFriedmanのペダルボードが、ようやく発売されました。

大きさは3種類あるようです。

ペダルボードとケースで一番小さいサイズで、税込みで35,100円から。

その他、インターフェイスやパワーサプライがセットになったタイプもあるようですので、日本での評価が楽しみです。

2017年7月21日 (金)

Factory Tour John Suhr

本日は、もう一つの大御所、John Suhrです。

こちらは、Tom Andersonと異なり、まさに工場という感じです。

どちらがどうとは言えませんが、それれの特徴がはっきり出ていますね。

2017年7月20日 (木)

Factory Tour Tom Anderson

Youtubeで、Factory Tourの動画を見つけました。

本日は、まずTom Andersonから。

確か、Tom Andersonでは、Tom本人が材の目利き、塗装、最終チェックまでを行うと聞いたことがあります。

特に、塗装と最終チェックはTom自信がすべて行うとのこと。

そのため、一日に検品が出来るのは、せいぜい二、三台とも言われています。

一台も検品出来ない日もあるほか、Tomが納得するまで出荷はしないとのこと。

さすが、老舗の大御所たる所以です。

実るほど頭を垂れる稲穂かな。

いつまでも、創業時のマインドと拘りわを持ち続ける真摯な姿勢に感銘です。

商業的な儲けに走りすぎない筋の通った経営を見習いたいと思います。

2017年7月19日 (水)

フォルクスのランチ

1

先日、久しぶりにフォルクスのランチをいただきました。

学生時代は、年に一・二度くらいしか、自分へのご褒美としてフォルクスのステーキとサラダバーを食べることしかできませんでしたが、現在は、ランチであれば意外にお安いんですね。

この日は、朝一で人間ドックでしたので、お腹が減っていたこともあり、ちょっと食べ過ぎました。

2

日替わりランチに、サラダバーをつけて約1,200円。

スープバー、パンも食べ放題も付いていますので、食べきれないくらいです。

野菜欠乏症だったのか、なんとサラダバーは三杯もお代わり。

ちょっと食べ過ぎました。

さすがに、パンと付け合せのパスタは食べきれませんでした。

2017年7月18日 (火)

Chuck Loeb

動画のギターリストは、Chuck Loebという、最近私の好きなアーティストの一人です。

バークリー出身で、あのラリー・カールトンに代わり、フォープレイにも参加していた実力者。

動画から流れるこのフレーズがなんとも言えませんね。

JAZZというかFusionというか・・・。

実は、動画で使っているSadowsky NYC S-Styleというギターも気になります。

2017年7月17日 (月)

人間ドック

会社の定期健康診断ではなく、人間ドックを利用するようになってから、はや3年。

昨年度は、胃の中にポリープが一個見つかり、しばらく経過観察状態でしたが、今回はついに二個目が見つかりました。

胃カメラを飲んでいる最中に自分でもはっきりわかる程。

50代になってから、体にいろんな変調があり、若い頃のような無理がきかなくなってきています。

しかし、趣味もグルメも今しかできないことなので、後悔しないよう、無理のない範囲でやっていければいいなぁと思っています。

今年の目標はこのブログをの移設ですが、あまり時間がないので、できるかなぁ〜。

2017年7月16日 (日)

大塚 山水園

Photo_3

最近は外食が多いです。

先日、夏バテ防止にと、大塚の山水園という焼肉屋さんに行ってきました。

Photo_4

有名店のようで、比較的早い時間に入店でしたのですが、すでに満席。

Photo_5

私は、タンもと、山カルビ、上ミノ、キムチ盛り合わせ、カルビクッパをいただきました。

Photo_7

さすがに食べ過ぎでお腹一杯です。

Photo_8

有名店にしては比較的お手頃価格で、良いお肉を食べさせてくれ、店員さんの対応もキビキビしており、好感が持てるお店です。

そして、なによりもお店が綺麗だったことがさらに好印象でした。

2017年7月15日 (土)

Y-wine

Ywine_1

先日、会社の同僚7名と、あの田崎真也さんがプロデュースしたカジュアルなワインレストランに行ってきました。

Ywine_2

東京駅の近くにあるY-wineです。

Ywine_3

甲府のお料理やワインがいただけるお店で、比較的リーズナブル。

Ywine_4_2

7人で訪れましたが、最初は甲府の地ビール、その後はワインを何本空けたか記憶がありません。

Ywine_5

田崎真也さんのプロデュースと言っても、堅苦しくなく、居酒屋感覚で入れるお店です。

Ywine_6

機会があればまた行ってみたいと思います。

2017年7月14日 (金)

最近の愛機

Sadowsky_archtops_semihollow_model_

最近の愛機。

Sadowsky Archtops Semi-Hollow Model Violin Burstです。

このギターはお値段と、サウンド、弾き心地が最高にマッチしています。

お奨めの一本です。

2017年7月13日 (木)

【妄想】Suhr Custom Image

Suhr_custom_image

海外メーカーのコンポーネントギターのカスタムオーダーで、頑張れば価格的になんとか自分に手が届きそうなものとして、SuhrのCustom仕様イメージを作って見ました。

手前味噌ですが、デザインや仕様は、なかなか気にいっています。

本当はCarve Topで杢目がQuiltのギターが欲しいところですが、試算すると、なんと100万近くもするため、NG。

しかも、杢目も自身で直接選べないことに加え、こんな感じという要望すら聞いてもらえないそうです。

しかし、追加で7万円のオプションを選ぶと、Suhrが選定した3つの杢目から自分で一つ選定が可能になるそうですが、その中で気に入った物がないと、さらに追加で7万円を出して改めて選定するという、なんともご無体なオプション。

このシステムだと、気に入った杢目がない時のリスクが高すぎます。

もう少しSuhrが、日本でも海外並みに現実的なお値段になってくれるとよいのですが・・・。

しかも、Suhrの場合、小売店が利益を削ってお値引きしていただく以外は、エンドース契約でも割引はないそうです。

一般ユーザーには、Suhr Customは夢の夢。

ということで、お得感の高いProシリーズを選ぶことになるんでしょうね。

2017年7月12日 (水)

渋谷 喜楽

Photo_4

ラーメンといえば、先日、渋谷にある喜楽にも行ってきました。

こちらは、以前から一度行ってみたかった有名店です。

私はチャーシューワンタン麺をいただきました。

Photo_5

場所は渋谷の道玄坂の近くにある昔ながらのお店なのですが、最近は観光化しており、お店の中は修学旅行生や中国人、アメリカ人など多様な人でごった返していました。

私は、二階席でいただきましたが、噂では一階席の方が美味しいという説も。。。

お味は噂にたがわず美味しかったですが、個人的には、永福町の大勝軒の方が好きかも。

2017年7月11日 (火)

Fender Stratocaster 1V1T化計画(17)

Hata

作業工程もあと少しとなり、いよいよ最終段階に近づいてきました。

またまた、途中経過の画像を送っていただきました。

天面の平らな部分を少しづつ削り、自然な感じに仕上げていただいています。

Hata_2

良い感じに仕上がってきていますので、完成が待ち遠しいです。

7月末には完成するかなぁ〜。

2017年7月10日 (月)

永福町 大勝軒

Photo_2

先日、休日のお昼ご飯に永福町の大勝軒に行ってきました。

あっさりした飽きのこないお味は、池袋の大勝軒系列のお店よりも、個人的には好きなラーメンです。

Photo_3

こちらのラーメンは、なんか癖になるんすよね。

日が経つと、また食べたくなるというか・・・。

2017年7月 9日 (日)

Fender Stratocaster 1V1T化計画(16)

Hata1

HATA畑精密工業さんから、穴埋めキャップがいよいよ仕上げ前の最終段階にきたと連絡をいただきました。

Hata2

早速、画像を送っていただきましたが、なかなかいい感じです。

Hata3

見た目も高級、さすがHATA品質です。

Hata4

これから、最終段階で天面をR形状に仕上げていただきます。

さて、あとはどこまでR形状にできるかです。

2017年7月 8日 (土)

T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model 進捗状況(12)

Ts_guitars_dstpro22_ml_tsound_model

ネックとヘッドの全体像の画像をいただきました。

まだ塗装前ですが、なかなかいい感じに仕上がっていますね。

こちらも、もうすぐ完成という感じです。

ちなみに、通常のT's Guitars DST-Proのネックとヘッドと異なる点は、オリジナルのカスタムデザインヘッド、ハカランダ指板、White Mother of Pearlのドットインレイとヘッドロゴ、スパーゼルのロックペグ、コンパウンドラディアス、ステンレスフレット、5Aキルトメイプルのヘッド突き板、ヘッドアジャストです。

同じ部分は、牛骨ナット、ネック形状くらいでしょうか?

ほぼフルオーダーのネックとヘッドです。

2017年7月 7日 (金)

大井競馬場 トゥインクルレース

Photo

先日、プレミアムフライデーを使って、会社の同僚7名で大井競馬場のトゥインクルレースに行ってきました。

老若男女を問わず、たくさんの人が明るいうちから、競馬を楽しんでいました。

私も二十年近く競馬に行っていませんでしたが、この日は5レースで約2,000円のプラスと、比較的運が良かったかな?と思います。

実は、最近の若い人の中で、競馬が密かなブームみたいです。

車などに興味がなくなった人が多い分、こういう娯楽にお金をかける人が増えたのかもしれませんね。

2017年7月 6日 (木)

T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model 進捗状況(11)

Hata

HATA精密工業さんに特注でお願いしていた通常より細いレーザー刻印が施されたローレット・ハットノブが完成しました。

確かに通常のメモリ刻印よりも、数字が目立たなくなっています。

角度によっては、ほとんど見えなくなりますが、実用性は確保していますので、これは結構いいかも・・・?!

しかも高級感がハンパありません。

実はこのローレットハットノブ、三個セットの販売なんです。

私のギターは1V1Tですので、残念ながらこのローレットハットノブは二個しか必要ありません。

そうです、一個余ってしまうのです(泣)。

いつか、また何かに使うでしょう・・・きっと。。。

ギター完成にけて、準備は着々と進んでいます。

完成が待ち遠しいです。

2017年7月 5日 (水)

T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model 進捗状況(10)

Ts_guitars_dstpro22_ml_tsound_mod_2

ボディのバインディングも終わったとの連絡があり、画像を送っていただきました。

いい感じで仕上がっていますね。

いよいよ最終段階の塗装と組み込みまであとわずか。

なんとか、予定通り夏休みまでには完成しそうです。

2017年7月 4日 (火)

【気になる!】Subdecay Proteus MkⅡ

Subdecay Proteus MkⅡが登場しました。

私も、良いオートワウを探していますが、こちらも一つの候補になりそうです。

2017年7月 3日 (月)

【気になる!】Fulltone OCD Ver.2

Fulltoneを代表するペダルのOCDがVer.2にアップグレードしました。

私も以前は、Ver.1.7を持っていいたことがありますが、本当に万能な良い歪みです。

パッと見は、筺体の下段にBuilt in The USAと記載されていることで見分けることができるかと思います。

また、内部にはFETバッファーを通すバッファードバイパスとトゥルーバイパスの切り替えスイッチを搭載しているようです。

2017年7月 2日 (日)

くにもと本館

Photo

先日、浜松町にある「くにもと本館」に会社の同僚たちと行ってきました。

有名な焼肉屋さんですね。

画像をご覧の通り、高級なお肉が木箱に入れられてきます。

これだけでも、その美味しさが伝わってきます。

最近、お肉にはまっています。

2017年7月 1日 (土)

Invitations 鳥山雄司 × 葉加瀬太郎

懐かしいシャカタクの曲を鳥山雄司さんと葉加瀬太郎さんがカバーした動画がありました。

Night Birdsも良いですが、こちらのInvitationsも良いですねぇ〜。

もちろん、アレンジの良さもありますが、この時代の曲は、色褪せないです。

お二人の特徴がよく出たソロもあり、ドライブのBGMに良さそうです。

« 2017年6月 | トップページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ