« Fender Stratocaster 1V1T化計画(18) | トップページ | 野菜たっぷり皿うどん »

2017年7月29日 (土)

Fender Stratocaster 1V1T化計画(19)

Hata

HATA精密工業さんにカスタムオーダーをお願いしていたギターボリュームの穴埋めキャップが、自宅に届きました。

穴埋めキャップは、HATA精密工業さんにしても初めての試みだったため、デザイン、仕様決めから始まり、完成まで時間もかかりましたが、本当に満足のいく拘りの一品となりました。

見た瞬間の第一印象は、「格好いい」、「小さい」、「軽い」、「美しい」、「精密」。

これもHATA精密工業さんから、製造過程で何度も画像付きで連絡をいただき、色々と確認、挑戦、変更をしていただいた賜物だと思います。

しかも、天面を全面Rに加工するにあたり、何度かトライいただきましたが、大きさも小さく機械加工では難しかったため、特殊な刃物を製作してまで加工していただくという、なんともすごい職人魂まで・・・。

人間としても、職人としても、メーカーとしても、尊敬できる素晴らしい人(会社)でした。

神対応とは、「まさにこのこと!」という感じ。

くしくも、現在ギターのカスタムオーダーをお願いしている某ギターメーカーとは180度異なる対応で、仕事に対する「思い」や「情熱」、「責任感」や「拘り」の強さをひしひしと感じました。

さらに、HATA精密工業さんからは「手作業のため、仕上がりとしては、天面には切削加工によるヒキメが浮き出ている部分、そして鏡面仕上がりになっている部分がランダムですが、今回の10個、それぞれが異なる仕上がりも手作業ならではかと思いますので、ぜひお気に入りの品を使って下さい。」とかなり控えめな言葉までいただきましたが、実際問題、私にはどれもあまり違いがわからないほどの素晴らしい出来映え。

むしろ私には機能美の美しさえ感じます。

しかし、HATA精密工業さんは、あくまでも職人目線で自己に厳しい評価をされているのだと思います。

さらに、ギターの加工精度は精密部品ほど厳格ではないため、それらも考慮してある程度の穴の大きさにブレがあっても対応できるよう工夫までしていただいています。

今回のこの穴埋めキャップは、私以外にも、世の中のニーズは多々あるのではないでしょうか?

もちろん私のカスタムオーダーでの限定生産ですので、価格も穴埋めキャップにしてはかなりお高いですが、これなら120%納得がいきます。

限定生産ですので、1個でも10個でも同じ価格であることから、今回はとりあえず10個を製作していただきましたが、私が仕様するのは数個ですので、残りは予備?(余り?)となるかもしれません。

早速、ギターへの取り付けすべく、2個を工房に持ち込み、現在、残りは8個。

HATA精密工業さん、本当にありがとうございました。

« Fender Stratocaster 1V1T化計画(18) | トップページ | 野菜たっぷり皿うどん »

ギター」カテゴリの記事

コメント

最近はギターネタが多いですね!アンプやエフェクターなどお使いのシステムはどんな感じでしょうか?相変わらずZ'sさんでシステム作成されているのでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/71088113

この記事へのトラックバック一覧です: Fender Stratocaster 1V1T化計画(19):

« Fender Stratocaster 1V1T化計画(18) | トップページ | 野菜たっぷり皿うどん »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ