« Elixir 「ウルトラファインマイクロファイバー」クロス | トップページ | 【購入】Sadowsky ArchTops Semi-Hollow Model Violin Burst(2) »

2017年5月23日 (火)

【購入】Sadowsky ArchTops Semi-Hollow Model Violin Burst(1)

Sadowsky_archtops_semihollow_model_

かなり悩みましたが、やはり買ってしまいました。

実は、数ヶ月前に楽器店でSadowsky ArchTops Semi-Hollow Model Violin Burstの実機を見た時から、一目惚れでした。

そのギターは、色も杢目もサウンドも、完璧に自分好みだったのですが、唯一、指板のみが赤茶色が少し強かったため、結局は購入に至りませんでした。

その後、同じ仕様のギターをずっと探していましたが、先日アップした通り新仕様のギターは自分的に100%納得がいかず、踏ん切りがつきませんでした。

Sadowsky_archtops_semihollow_mode_3

しかし、今回、購入の決め手となったのは、現在の仕様はもう生産されることはなく、次回の生産からは指板材やボディのバインディングや塗装が変わると聞いたからです。

そうは言っても、すでに生産が終わった仕様があっても、自分が100%納得がいくものでなければ、購入はしたくありません。

妥協はしたくありませんので、あちこちを探し回りました。

その結果、今回は郊外の楽器店さんに初めてお世話になることに・・・。

Sadowsky ArchTops Semi-Hollow Modelは、Jimmy Bruno Modelを元に作られていますが、ボディ厚を1.75インチまで薄くしています。

さらにハイポジションでの演奏性向上を図られており、ヴィンテージ風味を残しながらもモダンな使い勝手という、まさに現代の箱物ギター。

さらに、チェンバー加工を施したスプルースセンターブロックを採用したセミアコタイプであり、Jazzだけでなくオールマイティなジャンルに対応できるところも気にいりました。

また、杢目の深い3Dのフレイムメイプルがギターのトップにもバックにも浮き出ており、見た目にも満足度の高いギターに出会えました。

ボディ・ネック・ヘッドには、丁寧なフルバインディングが施されており、さらにポジションマークもパールという、かなりの拘り仕様。

Sadowsky_archtops_semihollow_mode_4

ネックは目の詰まったマホガニーで、指板はアマゾンローズウッド。

アマゾンローズウッドは、見た目が若干赤っぽい物が多いですが、ポストハカランダと言われている材の一つですね。

今後、さらにローズ指板の規制が厳しくなる中、こちらも注目度が高い指板材だと思います。

箱物ギターはピンキリですが、Sadowsky ArchTops Semi-Hollow Modelは、サウンド・プレイアビリティ・見た目・コスパのあらゆる面から、超オススメのギターだと思います。

楽器店で見かけたら、一度試奏されてみてはいかがでしょうか?!

ボディ色も多様なカラーが出ていますが、個人的には、このギタにはViolin Burstが秀逸だと思います。

« Elixir 「ウルトラファインマイクロファイバー」クロス | トップページ | 【購入】Sadowsky ArchTops Semi-Hollow Model Violin Burst(2) »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/70452998

この記事へのトラックバック一覧です: 【購入】Sadowsky ArchTops Semi-Hollow Model Violin Burst(1):

« Elixir 「ウルトラファインマイクロファイバー」クロス | トップページ | 【購入】Sadowsky ArchTops Semi-Hollow Model Violin Burst(2) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ