« Fender Stratocaster 1V1T化計画(3) | トップページ | Gibson ES-335 Nashville製の行方 »

2017年4月15日 (土)

【気になる!】Sadowsky Archtops Semi-Hollow(2)

2017年3月21日のブログに続き、最近気なっているSadowsky Archtops Semi-Hollowの話題です。

Sadowskyでは唯一のセミアコです。

その他のArchtopsシリーズは、すべてフルアコのようです。

実は、Archtopsシリーズは日本で製作されていますが、Sadowsky TYOではありません。

Sadowsky本体で販売されている正規品として扱われています。

実はOEM製作で有名な愛知県にある寺田楽器製作所で作られ、最終組み込みはSadowskyの代理店であるOkada Internationalで行っているそうです。

そのせいもあり、Sadowskyにしては比較的手が届きやすい価格帯。

寺田楽器製作所は、セミアコやフルアコの製作では、世界有数の技術力を持つ工房ですから、悪いはずがありません。

Gibson ES-335とは、また全く別のサウンド奏でる現代的なセミアコ。

最近は歳のせいか、このような落ち着いたギターが良くなってきました。

いい出物があれば、お金を貯めていつか購入したいなぁと思います。

« Fender Stratocaster 1V1T化計画(3) | トップページ | Gibson ES-335 Nashville製の行方 »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/70118248

この記事へのトラックバック一覧です: 【気になる!】Sadowsky Archtops Semi-Hollow(2):

« Fender Stratocaster 1V1T化計画(3) | トップページ | Gibson ES-335 Nashville製の行方 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ