« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

「柚子侍」・「法蓮草マスター」・「大根仙人」

親菜瓜男 さんの「柚子侍」と「法蓮草マスター」と「大根仙人」いいですねぇ〜。

西尾知矢さんの音楽センスはかなり好きです。

もっともっとメジャーになって欲しいですねぇ〜。

ご本人のキャラや信条も、今っぽくて、すごく好感が持てます。

苦労されている方は、やはり年齢にかかわらず、参考になります。

2017年4月29日 (土)

Fender Takanaka2号機

Fender_takanaka_2

Fender Takanaka2号機です。

色が鮮やかですね〜。

画像では色合いが100%再現できないところが、残念。。。

ネックも、Fender Takanaka1号機やJeff Beckモデルと比べると少し太め。

本当に弾きやすい良いギターです。

サウンドもGood!

2017年4月28日 (金)

久しぶりに増崎孝司さん

ネットで動画を探していたところ、久しぶりに増崎孝司さんの演奏を聞く機会がありました。

さすが、大御所。

ギターは使用頻度の多いSuhrを使われていますが、仕様はJames TylerのMichael Landau Classicのような感じのギターですね。

良い音です。

James Tylerは、現在JapanでしかClassicを作っていません。

そのため、以前、私もJams Tyler Japanでこの仕様を検討したことがあります。

結局は購入しませんでしたが・・・。

そのせいもあり、とても気になるギターです。

2017年4月27日 (木)

Fender Stratocaster 1V1T化計画(4)

ピックガードのフィルムが、なんと綺麗に剥がせたそうです。

さすが、プロの工房!

あとは、1V2Tの配線を1V1Tの配線にやり直すのみ。

穴埋めキャップは私が用意しましたので、作業工賃は3,240円。

しかも、今回はポイント精算する予定ですので、実質的に費用ZEROです。

完成しましたら、またアップしたいと思います。

2017年4月26日 (水)

【気になる!】tc electronicからPolyTune 3

そう言えば、先日、tc electronicからPolyTune 3が発表になりました。

PolyTune 2 からの大きな変更点は、①ストロボモードでのチューニング精度が0.1セントから0.02セントに大幅に向上したこと、②バッファーが内蔵されたこと、③フットスイッチでボリュームのみをミュートする機能(Always On機能)が付いたことです。

Sonic research Turbo Tuner ST-300 と同レベルのチューナーにまでバージョンアップしましたので、価格面からもこちらを選ぶ方が増えそうですね。

私は、ミニタイプが出てきたら、検討したいと思います。

2017年4月25日 (火)

New Audi A5 Sportsback S-line

2017_new_audi_a5_sportsback_sline

休日に近所のアウディディーラーで、先日発表されたばかりのNew Audi A5 Sportsback S-lineを見てきました。

格好いい〜。

おそらく、この手の4ドア車の中では最も洗練された車の一つではないでしょうか?!

しかも、どこから見ても、死角なしという感じです。

2017_new_audi_a5_sportsback_sline_2

残念がら試乗車はありませんでしたので、実際に運転することはできませんでしたが、見るからに早そう、かつ、乗り心地も良さそう。

しかし、未だにハイオク車のみの設定だそう。

ディーゼルも本国では販売されているようですが、日本ではまだ認可が下りていないそうです。

しかも、シートのメモリー機能がオプションでもなし。

残念がら欲しい機能はほとんどオプション。

このクラスの車にしては標準装備が少し貧弱・・・。

それにしても、オプションをつけなくても、かなりお高い車でございました。

2017年4月24日 (月)

James Tyler Japanの2ショット

James_tyler_two_shot

James Tyler Japanでカスタムオーダーした三本のうち、現在手元に残っている二本のツーショットを撮ってみました。

悩みに悩んで完成した仕様が故に、非常に感慨深いものがあります。

本当に高い授業料を払いましたが、これでJames Tylerは本当に完結です。

リブド加工されているUSA製ほどではないですが、生鳴りも通常のソリッドギターとは比べものにならないほど良いです。

James_tyler_two_shot2

このお気に入りのギターは、これから大切にしつつも、普段弾きのギターとして日常的に使っていこうと思います。

早くスタジオにも持ち込んで、爆音で弾いてみたいです。

2017年4月23日 (日)

James Tyler Japanでギターを作る 3rd(6)

James_tyler_japan_with_elixir_optiw

新しく我が家に来たBlue BurstのJames Tylerにも、最近お気に入りにElixir Optiwebを張ってみました。

私は、ここ数年、ゲージは10-46派。

これから、弦が錆びやすい季節に突入しますので、しっかりお手入れしなくては!

2017年4月22日 (土)

James Tyler Japanでギターを作る 3rd(5)

Web_james_tyler_japan_studio_elite_

今回もカスタムオーダーの記念に、楽器店でWebに掲載する画像と同じ画像を撮っていただきました。

Web_james_tyler_japan_studio_elit_2

いつものことながら、やはりプロが撮影する画像は質が違いますね。

どうしたら、こんなに上手く撮れるのでしょうか?!

Web_james_tyler_japan_studio_elit_3

ギターの良いところを存分に引き出していると思います。

さすがプロです。

Web_james_tyler_japan_studio_elit_4

しかし、それでも杢目の3Dだけは、やはり画像ではなかなか表現が難しく、実物を見ないと十分に伝わらないかもしれません。

ヘッドのバースト具合は、USA製よりも断然キレイに仕上がっているのではないでしょうか?!

Web_james_tyler_japan_studio_elit_5

二台目にカスタムオーダーしたJames Tyler Japanの木目もかなり良かったですが、今回の3台目の杢目はさらにその上をいっていると思います。

Web_james_tyler_japan_studio_elit_6

杢目の3D具合は、以前所有していたUSA製の鳥山雄司さんモデルよりも、はるかに上のグレードではないかと思います。

背面のSwamp Ashの目の詰まり具合も凄くいい感じです。

Web_james_tyler_japan_studio_elit_7

James Tylerで、自分の100%満足いくギターを手にするまで、かなり遠回りをしましたが、これで私の「James Tyler探求の旅」は終わりだと思います。

フィナーレにふさわしい究極に私好みのギターとなりました。

Web_james_tyler_japan_studio_elit_8

これまでJames TylerはUSA製とJapan製を合わせて合計8本(うちカスタムオーダー3本)を購入しましたが、最終的に残ったのは自分が一から仕様を考えてオーダーしたJapan製の最後の2本のみ。

Web_james_tyler_japan_studio_elit_9

USAが良いという人、USAに拘る人も多いと思いますが、私はJapan製で十分です。

もちろん、USA製とJapan製ではサウンドが異なりますが、ネックの組み込みやリブド加工の有無などで、若干仕様に差があるので音の差は仕方がないと思います。

同じものを求めるのではなく、あくまでもJames Tylerのソリッドギターとして、良いものを求め、追求した結果が私の考えたJapan製のこの仕様です。

Japan製でも、一般的なハイエンドギターとしては十分過ぎると思います。

あとは個人の価値観の問題ですが、私は外観・サウンド共にとても気に入っています。

2017年4月21日 (金)

James Tyler Japanでギターを作る 3rd(4)

Blue_burst

今回のカスタムギターも、私なりの拘りを複数詰め込みました。

一つ目は、ボディに白いマルチレイヤーバインディングをつけていただいたこと。

そして二つ目は、James Tyler Japanでは珍しく、ボディカラーにBlue Burstを採用したことです。

オーダー当初、白いマルチレイヤーバインディングとBlue Burstの相性は、あくまでも想像の域でしかありませんでしたが、完成してみてびっくり。

白いバインディングの縁取りと、バーストした青色の深い色合いが上手くコントラストをなし、こんなにナイスなコーディネイトになるとは思っていませんでした。

まさに、嬉しい誤算。

これからオーダーする方でBlue系がお好きな方であれば、かなりお薦めの組み合わせかもしれません。

もう一つは、2016年仕様と2017年仕様を組み合わせていただいたことです。

Los_angelesca

ヘッドには2017年からJapan製には廃止になったLOS ANGELES.CAのロゴ、そしてブリッジは新しいJames Tyler専用サドル。

James_tyler

これも、2016年末の仕様移行期のオーダー時にだけできた特別仕様です。

Black_mother_of_pearl

また、ポジションマークは、メイプル指板上で見やすいように通常のアバロンからBlack Mother of Pearlに変更しました。

Photo

実は、マッチングヘッドにするかしないかで、最後までかなり迷いましたが、完成してきたギターを見ると、つくづくマッチングヘッドにしてよかったなぁ〜と・・・。

また一台、お気に入りのギターが完成です。

これから、ガンガン使っていきたいと思います。

2017年4月20日 (木)

James Tyler Japanでギターを作る 3rd(3)

Img_1300

2017年度は趣味の完成に向けて、着実に色んなものが揃い始めてきました。

特にギター本体については、かなり急ピッチで入れ替えが進んでいます。

先日楽器店から連絡のあったJames Tyler Japanを早速引き取りに行ってきました。

人生初めてのBlue Burst。

色味もなかなか渋くてGoodです。

Photo_4

James Tyler Japanで通常販売しているBlue Burstは鮮やかな青色なのですが、今回はUSA製と同じ渋く濃いめのBlue Burstにあえてお願いして対応いただきました。

これがまたなかなか良い感じ。

Photo_5

トップ材の杢目も、拘ってオーダーしただけあって、左右に真っ直ぐな深いキルトで、かなり動きのある3Dタイプです。

本当に満足できるカスタムギターに仕上がりました。

もちろん、サウンドは言わずもがなです。

スワンプアッシュのボディに、メイプルネックを組み合わせ、そこにJTS5500とSecretのピックアップを搭載。

まさに、James Tyler Japanのソリッド構造のギターには最高の組み合わせの一つではないでしょうか?!

2017年4月19日 (水)

小金井 大勝軒

Photo

先日、休日に急にラーメンが食べたくなり、新小金井街道沿いにある小金井 大勝軒に行ってきました。

こちらは、池袋 大勝軒の系列店です。

入ってまず感じるのが、お店がとても清潔なこと。

そして、スープは、さっぱり、あっさりで、比較的お優しめのお味。

中高年の私にはありがたい昔ながらのラーメンでした。

そのせいか、お客さんの年齢層も比較的高めだった?ような気がします。

また、チャーシューの脂身が少ないのもGood。

ラーメン屋さんによっては、チャーシューは脂身ばかりというところもありますから、この点も、とても好感がもてました。

一口に大勝軒と言っても、池袋のお店とは似て非なる感じを受けたのは、私だけでしょうか?!

機会があれば、また伺いたいと思います。

2017年4月18日 (火)

Rozeo Ladybug-CB Semi Hollow

寺田楽器が製作しているセミアコにRozeo Ladybug-CB Semi Hollowがあります。

実はこちらも、私が非常に気になっているセミアコです。

しかし、販売している楽器店が少なく、東京では阿佐ヶ谷にあるLast Guitarさん、名古屋ではGold Starさん、大阪では三木楽器さんだけの取り扱い。

新進気鋭の職人樋口恭大氏の設計・企画によるものとのこと。

まだまだ、知名度は低いですが、コストパフォーマンスがかなり良さげな感じ。

近々、お休みの日に実物を見に行ってこようと思います。

2017年4月17日 (月)

James Tyler Japanでギターを作る 3rd(2)

James_tyler_japan_se_hd_mb_ash_mapl

カスタムオーダー三台目となるJames Tyler Japanが完成したとの連絡がありました。

とは言っても、前にカスタムオーダーした二台のうち、一台目のギターはすでに売却済で手元にはないのですが・・・。

いてもたってもいられず、早速、楽器店から画像を送っていただきました。

James_tyler_japan_se_hd_mb_ash_ma_2

今回も、ボディはアッシュ。

しかし、ピックアップの配列はSSHで、指板はメイプルです。

画像を見る限り、今回もかなり杢目がヤバそうです。

というか、個人的にはかなりツボにはまった完璧な杢目に見えます。

杢目とカラーだけは、実物と画像とで、どうしても見え方に差がでてしまいますが、簡易な画像でさえ、これだけいい感じの杢目が醸し出されていれば、実物はかなり期待してよいのではないでしょうか。

高中さんのストラトの曲をこれ一台で万能に弾きこなせるギターというのがコンセプトで設計しましたので、ピックアップもJTS5500、JTS5500、SecretというJames Tylerでは王道の組み合わせ。

早く実機を試してみたいですね。

引き取りに行くのが楽しみです。

2017年4月16日 (日)

Gibson ES-335 Nashville製の行方

本日もセミアコの話題で行ってみたいと思います。

最近ではGibson ES-335も、ほとんどがメンフィス製の物となり、ナッシュビル製のものは見かけることが少なくなりました。

それもそのはず、2017年からどうやらナッシュビル製のES-335はディスコンとなるようなのです。

個別にオーダーすれば、今後もナッシュビルで製作はするようですが、普段はES-335のラインは稼働しないようですので、今後のレギュラー製作は完全になくなると見て良いと思います。

昨年発注を受けていたものが2017年で製作が終われば、これでディスコン。

ES-335のナッシュビルでの長い歴史に幕が降りることになります。

メンフィス製よりも使われる木材や技術力が高いことで、ナッシュビル製は珍重されてきましたので、今後はナッシュビル製のES-335はさらに貴重品になること間違いですね。

特に2017年最後に作られたES-335はナッシュビル製の技術の結晶でしょうから、特に高値になるかも?しれません。

ネット上で検索してみると、2017年製のナッシュビルES-335がまだ数台あるようです。

決断するなら、今かも??

2017年4月15日 (土)

【気になる!】Sadowsky Archtops Semi-Hollow(2)

2017年3月21日のブログに続き、最近気なっているSadowsky Archtops Semi-Hollowの話題です。

Sadowskyでは唯一のセミアコです。

その他のArchtopsシリーズは、すべてフルアコのようです。

実は、Archtopsシリーズは日本で製作されていますが、Sadowsky TYOではありません。

Sadowsky本体で販売されている正規品として扱われています。

実はOEM製作で有名な愛知県にある寺田楽器製作所で作られ、最終組み込みはSadowskyの代理店であるOkada Internationalで行っているそうです。

そのせいもあり、Sadowskyにしては比較的手が届きやすい価格帯。

寺田楽器製作所は、セミアコやフルアコの製作では、世界有数の技術力を持つ工房ですから、悪いはずがありません。

Gibson ES-335とは、また全く別のサウンド奏でる現代的なセミアコ。

最近は歳のせいか、このような落ち着いたギターが良くなってきました。

いい出物があれば、お金を貯めていつか購入したいなぁと思います。

2017年4月14日 (金)

Fender Stratocaster 1V1T化計画(3)

その後、色々と検討しました。

やはり今回は、ピックガードを穴埋めして1V1T化するのが第一希望のため、上手くいってもいかなくてもよいので、まずはピックガードのフィルムを剥がしてもらうことに決めました。

その結果、上手くいけば、そのまま穴埋めで1V1T。

上手くいかなければ、新しいピックガードで余分な穴を開けずに綺麗な1V1T化にしようかと思います。

ピックガードのフィルムを剥がした結果が吉と出るか、凶と出るか!?

後は、運を天に任せるのみ。

はてさて、どうなることやら・・・。

2017年4月13日 (木)

ジョン・メイヤーがPRSのストラト?!

Fenderのストラトを愛用し、昨年はPRSからシグネイチャーモデル(McCarty 594)を発表したあのジョン・メイヤーが、PRSからまた新しいシグネイチャーモデルを発表したようです。

なんと、今回はPRSのストラト?

PRSのシングルコイルも、なかなか良い音です。

見慣れないせいか、ヘッドに少し違和感がありますが、ストラトに指板のバードインレイも新鮮!

これは発売されるのでしょうか?!

PRSファンはハムバッカー好きが多いかと思いますが、今後はシングルコイルファンも、PRSを手にする機会が増えるかもしれませんね。

2017年4月12日 (水)

Fender Stratocaster 1V1T化計画(2)

1V1T化のためにModをお願いしていた工房から連絡がありました。

どうやら不測の事態が発生。。。

綺麗に1V1T化をしようと、購入後、数年間、剥がさずにいたピックガードのフィルムが綺麗に剥がれない可能性があるとのこと。

そのため、以下の提案を受けました。

現行のピックガードのフィルムを剥がさず、現状のまま穴埋めして1V1T化する。

新しいピックガードを使ってからで作り直す。

もちろん、お値段もかなり変わりますし、どうしようか思案中。。。です。

2017年4月11日 (火)

【気になる!】Free The Tone Flight Time/FT-2Y

Free The ToneのDigital Delay Flight Time/FT-1Yがディスコンになって久しいですが、どうやら時期バージョンを開発中とのこと。

その名もFT-2Y。

今まで不満だったラインレベル未対応も解消するとのことで、これでアンプのセンド/リターンにも入れられそうです。

発売日は未定だそうですが、期待できそうですね。

2017年4月10日 (月)

Fender Stratocaster 1V1T化計画(1)

1v1t

以前から、1V1T化しようと思っていたFender Custom Shop製のStratocasterです。

このギターはTeam Builtで作っていただいた自分専用のギター。

もともと1V1T化を前提にオーダーしましたが、購入後、数年経ってようやく実現に向けて動き出すこととなりました。

すぐに1V1T化するつもりで、ピックガードのフィルムをとらないまま自宅で弾いていましたが、さすがに徐々に剥がれてきましたので、そろそろModしないとと思い決断。

とは言っても、ピックガードから替えるのではなく、ピックガードはそのままで1V1T化します。

そのため、穴埋めキャップが必要ですが、これは既に1月2日のブログでご紹介したHARLEY-DAVIDSONのクローム・アレンホールプラグ94531-95 3/8インチを使用する予定です。

しばらくの間、ギターを工房にお預けです。

完成しましたら、またアップしたいと思います。

2017年1月2日ブログ 秘密兵器

2017年4月 9日 (日)

【気になる!】Musicom Lab EFX MKⅤ

以前から日本での発売が期待されていたMusicom Lab EFX MKⅤが、ようやく日本でも発売されました。

おそらく、世の中に出回っているスイッチャーの中では、機能・音質ともに、現在最強だと思います。

もちろん、お値段も最強ですが・・・。

最近はモデリング機器やマルチエフェクトが流行りですが、やはりコンパクトエフェクターを使うなら、スイッチャーが必要です。

Musicom Lab EFX MKⅤは非常に多機能ですが、できることベースで言うと、私は以下の点が気にいっています。

  1. 各ループや内蔵バッファーの並び替えができ、プリセット毎に保存できること。
  2. 内臓のミキサーで、直列と並列を選ぶことができること。
  3. L8とL9の2ループは、ステレオ接続ができること。
  4. スピルオーバー機能が付いており、空間系の残響音を残したままプリセットの切り替えができること。
  5. Song ModeでPresetを並び替えて保存できること。

他にも色んな機能がありますので、日本製やアメリカ製に拘らないで、良い機材が欲しいという方にはオススメだと思います。

個人的には、非常に欲しいスイッチャーです。

hybridguitars HP(正規代理店)

Musicom Lab HP(メーカー)

2017年4月 8日 (土)

【購入!】Shin's Music Dumbloid

Shins_music_dumloid

久しぶりにエフェクターを買いました。

最近は、持っているエフェクターを処分し、身軽になる一方でしたが、以前から欲しかったダンブル系の歪みをようやく購入。

これからは、歪みエフェクターはダンブル系を中心に揃えようかと・・・。

せっかく、機材の断捨離を進めてきましたので、増えすぎないように注意注意。

このペダルは、Namm Show 2017に展示されていたペダルそのものという貴重なペダルです。

そのため、ほんの少し使用感はありますがそれは仕方ありません。

Namm Showに出展したそのもののペダルですから、通常の製品よりも気合が入っているだろう・・・という願望のもと購入。

2017年4月 7日 (金)

PRS 57/08ピックアップ

なんと、PRS 57/08ピックアップが単体で販売を開始するようです。

今までは、マーケティング戦略からPRSのギターを購入しないと、57/08ピックアップを購入することは出来ませんでしたが、ようやく自分のギターにも自由に取り付けが可能になるようです。

単体販売を待っていた人も多いと思います。

これは、売れるかもしれませんね。

2017年4月 6日 (木)

クリップチューナ比較動画

クリップチューナーの比較動画を見つけました。

視認性、使いやすさは人によっても異なるかと思いますが、皆さんであれば、どれを選択されますか?

私は、あらためてこの動画を見て、tc electronic PolyTune Clipでよかったなぁ〜と思います。

2017年4月 5日 (水)

tc electronic PolyTune Clip

Tc_electronic_polytune_clip

先日、久しぶりにクリップチューナーを買い直しました。

tc electronicのPolyTune Clipです。

ポリフォニックチューナーですから全弦が一度にチューニングが出来るところが良いですね。

機能を説明していくと、まず上部についているのが電源のオン・オフボタン。

これを押さないと起動しません。

次に、側面の上(右)側についているボタンですが、こちらはチューニングモードの切り替えボタンになっています。

一回押すと、Eの標準チューニング。

二回押すとE♭となり、ドロップチューニングが可能となります。

しかし、押すたびに半音づつドロップしたチューニングとなりますので、注意が必要です。

さらに押していくと、Fの1と表示され、1フレットにカポをつけた状態のチューニングとなります。

Fの2、Fの3というように、2フレット、3フレットにカポをずらしたチューニングも可能です。

次に、側面の下(左)側についているボタンですが、こちらは表示モードを切り替えるボタンになります。

ニードル(針)と、ストロボ(光)モードに切り替えられるようす。

さらに、このボタンを約5秒長押しすると、ギターモードとベースモードとの切り替ができます。

しかし、ベースモードではポリフォニック機能が使えないため、ポリフォニック機能を使いたくない人は、あえてベースモードを選択しておくのも良いかもしれません。

また、これら二つのボタンを同時押すと、キャリブレーションの変更ができます。

しかし、一般的にはギターの場合、A=440Hzだと思いますので、これは変えなくても良いかも?!

さらに、チューナーの画面は、取りつけた向きによってスマホのように適切に反転します。

これまでは、何年も前に発売されたかなり古いKORGのクリップチューナ AW-2G Whiteを使っていましたので、急速な技術進歩を感じますね。

お薦めのチューナーです。

tc electronic PolyTune Clip 日本語マニュアル

2017年4月 4日 (火)

電池

Photo

部屋の整理をしていたら、こんなに電池が出てきました。

私は、これまでたくさんのエフェクターを買っては売り、買っては売りを繰り返してきましたが、個人的には電池は使わない主義なので、こんなにたまってしまったのかと・・・。

既に捨ててしまったものも多々ありますが、それでも我が家には、まだこんなに色んな種類の電池があります。

同じ種類の電池も複数ありますので、実際はこの何倍にもなります。

はてさて、どう活用しようかなぁ〜。

2017年4月 3日 (月)

Ovaltone Namm Show 2017(White Face/GD-013 Version2)

なんと、OvaltoneがNamm Show 2017で発表したWhite Faceと、GD-013 Version2の動画を発見。

この2機種は期待の大きいペダルだけに、楽しみですね。

特に、White FaceはNutubeを使ったクリーン重視のプリアンプなだけに、JC-120対策としての本命では?と思っています。

2017年4月 2日 (日)

Eventide EvenMidi H9 Midi Controller

またまたEventideから良さげなものが発表されました。

Eventide H9を2台までコントロールできるEvenMidi H9 Midi Controllerです。

Eventide H9は、通常、タブレットやPCの専用ソフトで細かなパラメーターを設定して音色を作りますが、このEvenMidi H9 Midi Controllerがあれば、それらのデバイスなしに、直感的につまみを回して音作りができるというもの。

Eventide H9のパネルのつまみが外出しで付いたというイメージだと思います。

これがエフェクトボードにあれば、ライブ中もタブレットやPCを使わず自由にパラメーターが変更できますので便利ですね。

2017年4月 1日 (土)

中央高速 石川PA

Pa_2

自宅から、塩尻市までは往復450キロ。

しかも、行きも帰りも大渋滞。

ということで、何度もあちこちのPAに寄りましたが、最期に寄ったのが、中央高速の石川PA。

すでに八王子を過ぎ都内に入っていますので、物凄く大きいPAという訳ではありませんでしたが、食べ物が非常に充実していました。

そこで発見したのが、こちら。

自宅の近くのPAに寄って、お土産を見ている人の人間心理をよく付いているかも・・・。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ