« 高中正義 45周年記念“The Best” | トップページ | 大石家 »

2017年3月30日 (木)

T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model 進捗状況(4)

Dstpro

そして、いよいよ最後は今回の確認のメインの一つであったトップ材の杢目です。

まずは実際に画像で私が選んでいた杢目を見せていただきました。

すると、やはり板の段階でもかなりしっかりと杢目が出ており、杢目の深さも、動きもある満足のいく3Dタイプの5Aキルトでした。

しかし、せっかく塩尻まで来たのですから、他の材も見せていただくことに・・・。

高橋社長と現在の工場の一階にあるストックルームで一緒にトップ材を探していたところ、物凄い5Aキルトを見つけたのです。

高橋社長も、「これは5Aの中でも最高ランクに位置するマスターグレード級でおすすめ。」と言っておられました。

ということで、トップ材をこちらに入れ替えていただくことに決め、念のためオーダーが入っていないかをパソコンで確認いただいたところ・・・。

なんということでしょう・・・!

喜んでいたのも束の間、ショックが走りました。

実は先月すでに予約が入っていたことがわかり、このトップ材は泣く泣く諦めざるを得ないことに・・・。

しかし、私の落胆した姿を見られたからか、高橋社長からご提案があり、偶然にもDST用ではない厚めのトップ材をDST用として使わせていただけることになりました。

それが画像のトップ材なのですが、こちらも5Aの中でも最高ランクに位置するマスターグレード級のようです。

画像は事務所内の少し明るいところで撮ったため、杢目の写りがイマイチなのが残念ですが、実物は奥行き、深さ、動きともに、凄まじい3Dの5Aキルトです。

高橋社長ありがとうございます。

やはり、自分の目で見て選んだ杢目は、思い入れもひとしおですね。

今回、よくよくわかったのは、やはり自分が足を運んで実際に実物を見ないとダメだなということです。

正直なところ、画像では杢目の深さや、揺れ具合、微妙な濃さまでは分かりません。

楽器店のカスタムオーダーで、ハンドセレクト(ハンドピック)した杢目が、何故あんなに魅力的な杢目が多いのかが、少し分かった気がします。

これで、DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Modelのすべての仕様が決まりました。

現在はオーダーが混み合っているので、完成は8月〜9月になるとのこと。

初めてのフルカスタムオーダーは、満足のいくものになりそうです。

« 高中正義 45周年記念“The Best” | トップページ | 大石家 »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/69979199

この記事へのトラックバック一覧です: T's Guitars DST-Pro22 Mahogany Limited T-sound Model 進捗状況(4):

« 高中正義 45周年記念“The Best” | トップページ | 大石家 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ