« James Tyler Japanでギターを作る 2nd(3) | トップページ | Seymour Duncan STK-S1 »

2017年3月 2日 (木)

James Tyler Japanでギターを作る 2nd(4)

続いて、第三の仕様案は以下の通りです。

こちらも、AshボディのStudio Elite HDをベースに考えましたが、キルトトップではありません

あくまでもAsh単板のサウンドを楽しむ仕様です。

カラーはBurning Water 2KRose指板でピックアップはSSHではどうかな?と思っています。

第一案、第二案と違う仕様箇所に赤線を引いてみました。

なお、こちらもストラト系のサウンドをイメージした仕様です。

私の中では、「James Tyler Japan = Ashボディ」のサウンドが格段に良いという印象があります。

USAだとMamywoなんでしょうが・・・。

ちなみに、Mamywoは、Malaysian Mystery woodというバスウッド系の木材という説が有力です。

軽く、よく鳴る材ですが、USAのリブド加工のボディとの方が、よく合うのでは?と個人的には思っています。

またまた、妄想仕様を書いてみます。

<仕様>

  • Body : Solid Swamp Ash
  • Body Color : Burning Water 2K /Black Logo with Los Angels C.A
  • Neck : Quartersawn Maple/EX-THIN 59-Shape
  • Fingerboard : Slab Lam Rosewood / 11Radius / White Mother-of-Pearl Inlay
  • Frets : 22F, Jascar #57110
  • Tuners : Hip Shot Locking
  • PU : (N)5500w/Black Cover, (M) 5500 w/Black Cover , (B)  Secret Covered
  • Pickguard : 3-ply Black
  • Back Plate : 3-ply Black
  • Bridge : G2 with New JTG Saddles
  • Control : 5-Way Switch(Black Knob), Master Volume(Black Knob), Master Tone(Black Knob), Mid Boost Bypass SW(Black Knob), Mid Boost Volume
  • Finish : Urethane

また、フロントとセンターのピックアップをSeymour Duncan STK-S1にして、HD-Pににするという選択肢もありかな?とも思っています。

« James Tyler Japanでギターを作る 2nd(3) | トップページ | Seymour Duncan STK-S1 »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/69242848

この記事へのトラックバック一覧です: James Tyler Japanでギターを作る 2nd(4):

« James Tyler Japanでギターを作る 2nd(3) | トップページ | Seymour Duncan STK-S1 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ