« 国産ハイエンドギターのカスタムオーダーに挑戦(2) | トップページ | 国産ハイエンドギターのカスタムオーダーに挑戦(4) »

2017年2月14日 (火)

国産ハイエンドギターのカスタムオーダーに挑戦(3)

俄然、やる気も出てきましたので、ここは一気に仕様の検討を進めます。

まずは、材の選定から・・・。

もちろん、カスタムギターですので、ここは思い切って材も拘って、贅沢に行っちゃいましょう!

SG-T2の代わりのギターを目指しているわけですから、ボディ材はマホガニーにメイプルトップ、ネック材はマホガニーが王道です。

ということで、ボディ材・ネック材のマホガニーは、通常のアフリカン・マホガニーではなく、ずっと憧れだった最上級素材であるホンジュラス・マホガニーに。

トップ材はYAMAHA SGの場合はプレーンメイプルが貼られていますが、ここも贅沢に最上級の5Aキルトメイプルに。

5Aキルトメイプルだと、プラス32,400円のオプション費用がかかりますが、ここだけは譲れません。

しかも、T's Guitarsさんがストックしている材の品質には定評がありますので、その5Aキルトメイプルともなると、垂涎モノだと思います。

« 国産ハイエンドギターのカスタムオーダーに挑戦(2) | トップページ | 国産ハイエンドギターのカスタムオーダーに挑戦(4) »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/69324286

この記事へのトラックバック一覧です: 国産ハイエンドギターのカスタムオーダーに挑戦(3):

« 国産ハイエンドギターのカスタムオーダーに挑戦(2) | トップページ | 国産ハイエンドギターのカスタムオーダーに挑戦(4) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ