« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月23日 (水)

【到着!】SUPER TAKANAKA LIVE 2015 ~My Favorite Songs~ オーチャードホール

Super_takanaka_live_2015_my_favorit

本日、仕事が終わって自宅に戻ると、我が家にも、SUPER TAKANAKA LIVE 2015 ~My Favorite Songs~ オーチャードホールが到着していました。

これから、ご飯を食べて早速視聴します。

それでは、また!

2016年3月19日 (土)

最近気になる「あのギター」続編

James_tyler_japan_shmear_2

このギター格好良すぎます。

最近の私はすっかり、James Tylerが好きになってきました。

うーん、いいですねー。

こちらのボディ材は、定番のマムヨだそうです。

ピックアップは、フロントとセンターがJTS5500、リアはHot Retro。

もちろん、ミッドブースト付きの5Way。

ネックはクォーターソンのメイプルネックで、'59 Extra Thin。

ペグはロック式のHipshot。

ピックガードはパール。

色は日本限定特別色のブルーシュメア。

言うことないですね〜。

2016年3月14日 (月)

最近気になる「あのギター」

Img_1307

本日は、ホワイトデーですね。

今日は珍しく会社を休み、ギター以外の趣味に没頭した一日でした。

しかし、ギターのことも忘れてはいません。

この画像はどこかで見覚えのあるギターのような・・・。

もちろん、最近私が気になっているあのギターメーカーです。

そうなんです。

今流行りのShmearカラー。

詳細は、今後、またぼちぼちと・・・。

2016年3月12日 (土)

Tomo Fujita Just Funkyのコピー動画

Tomo Fujitaの名曲Just Funkyをコピーしている外人女性をYoutubeで見つけました。

いやー、なかなか凄いですねぇ〜。

でも、演奏している顔が少し怖い気も・・・。

Tomo Fujita本人の演奏はこちらです。

2016年3月 5日 (土)

Eastern Music Deviceの箱

Eastern_music_device_2

Eastern Music Deviceネタばかりですみません。

私の中で、久しぶりの大ヒットエフェクターなので、ご勘弁を。

ちなみに、私が持っているEastern Music Deviceの5機種の箱を比べてみました。

新進気鋭のハンドメイドメーカーだけあって、まだ箱の大きさも、表記もまだ統一されていません。

これがまたいいですね。

2016年3月 4日 (金)

【気になる!】KORG Pitchblack Mini

なんと、KORGがミニサイズで、精度0.1セントのチューナーを開発中でしたが、ようやく発売目処がたったようです。

3月26日に発売予定で、希望小売価格で税別9,000円とのことですので、実売はもっと安くなるでしょうから、価格も他の高性能ミニチューナーと比べて比較的お手頃となるようです。

何と言っても、我々年寄り向きに表示が大きいのがいいですね。

筐体がかなり細いので、固定に不安はありますが、ポリフォニックが不要な方には、爆発的に売れそうな予感。

恐るべし、KORG。

2016年3月 3日 (木)

新参者のGuiar

James_tyler_studio_elite_hd_1

今日は雛祭り。

全く関係ありませんが、仕事でもプライベートでもムシャクシャすることがたくさんあり、衝動買いをしてしまいました。

気になりだすと、どうしても気になり、毎週末、都内の楽器店めぐりをしていたところ、どこにも掲載されていない秘蔵のJames Tyler Japanの STUDIO ELITE HDを発見したからです。

前から欲しかったアルダーボディにナチュラルバインディングのついたキルトメイプルのギター。

James_tyler_studio_elite_hd_2

しかも、カラーがTransparent Blueのマッチングヘッド。

James Tyler Japanで、ナチュラルバインディングのついたTransparent Blueは初めての一本だと思いますし、ましてやマッチングヘッドとなると超貴重品です。

入荷して店頭に飾ったばかりのところに、偶然私が来店したという訳です。

James_tyler_studio_elite_hd_3

ピックアップは、フロントとセンターが5500、リアはホットレトロで、ミッドブーストを搭載しています。

一見、鳥山雄司モデルにも似た感じですが、材も、ピックアップも、コントロール類も異なります。

購入後、ピックアップやノブ、各種スイッチ類の色は、私が拘り、別途特注でカスタマイズしていただきました。

まさに私が望んでいた通りのギターで、まさにJames Tyler版の「T-sound 仕様」と言っても過言ではありません。

欲を言えば、あとは、材やピックアップに拘ったShmereカラーのギターも追加で欲しいなぁ〜。

本家のUS製品は高すぎて、もはや全く手が出ませんので、これからはJapan製で良いものを物色していこうと思います。

2016年3月 2日 (水)

Friedman BE-ODの動画(2)

またまた、動画がアップされていました。

どうやら、5月以降に発売のようですね。

実は意外にコンプもいい感じかも・・・。

とにかく気になるペダル達です。

2016年3月 1日 (火)

「ミニペダルの実力を検証する」プロジェクト(3)

Pedal_digges_bb_mini

さて、3月のミニペダルは、Pedal Digges BB Miniです。

BBというのは、MarshallのBlues Breakerの略ですね。

こちらは、軽いクランチまたはゲインブースター目的で購入。

Blues Breakerは、いろんなペダルのモデルとなっていますが、一番有名なところでは、AnalogmanのKing of Toneでしょうか?!

クリッピングスイッチが付いていますので、幅広い音作りができそうです。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ