« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月 4日 (土)

【進捗】究極のT-sound System Project「空間系」(1)

Tsound_system

7月になり、2015年も折り返しとなりました。

そこで、いよいよ究極のT-sound System Projectを始動させていきます。

自宅専用で、持ち運びをしない前提のシステムです。

今後、多少の部分的なバージョンアップはあったとしても、基本的な構成は変えずに済むものを目指したいと思います。

何と言ってもコンセプトは、高中サウンドにこだわり、

  • 自宅環境で可能な限りの最高音質となるシステム
  • 省スペースで多様な音質を出せるシステム
  • 操作やメンテナンスが簡単なシステム
  • 基本機材に加え、任意に色々な機材を足して使えるシステム

にしたいと考えています。

また、高中さんのようにラック機材やヴィンテージ機材は使用せず、コンパクトエフェクターを中心に現代の機器で組み込み込める限界点に挑戦したいとも思っています。

今日はまず、空間系のシステムの案が固まりましたのでご紹介します。

空間系は足元に置かず、Raxxessのスライディングシェルフに入れようと思います。

理由は単純で、足元のボードが大きくなりすぎて、自宅での置き場に困るからです。

電源は、Free the ToneのPT-2、コーラスまたはピッチ用のEventide H9、ディレイ用のEventide H9、リバーブ用のEventide H9の三台構成です。

イメージはEventide H9三台を使用することで、Eventide Eclipseの使い勝手を良くした感じでしょうか?!

右上にあるのは、Interface兼Mixerです。

このMixerは、Dual Mixerとなる予定です。

これらを収めるラックは、Pulseに特注で作ってもらおうかな?と思っています。

ちなみに、全てアンプのセンド・リターンに入れてそこにはボリュームペダルも足元に引っ張ってきて入れる予定です。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ