« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月24日 (水)

老眼

9999

どうも、最近目がかすみ、手元が見えなくなってきました。

どうも目がショボショボする日が続いていたのです。

さらに遠くも焦点がぼけてよく見えなくなってきましたので、何年かぶりに重い腰をあげてメガネ屋さんに。。。

早速、検査をしてみると、なんと老眼ではないですか!?。

ついに、私も老眼かぁ〜。

同い年の人たちは、既にかなり前から老眼になっていたので、自覚症状が遅いといえば遅いのですが。。。

いつまでも若いと思っていましたが、やはり歳には勝てません。

そこで、やむなく遠近両用メガネを買うことに。

遠近両用のメガネレンズは縦幅が必要なんだそうです。

現在の私のフレームは縦幅が狭すぎて、遠近両用の効果があまり出せないとのことで、やむなく、少し大きめのレンズが入るフレームも買いました。

これで、少しは体が楽になるかなぁ?

2015年6月23日 (火)

【気になる!】tc electronic Arena Reverb

tc electronicのHall of Fameが進化したようです。

私もtc electronicの空間係の音は大好きです。

現在市場で入手できるお手頃価格のReverbで、最も良いサウンドを出す物の一つではないでしょうか?

唯一欠点を挙げるとすれば、メモリーができないことですね。

もし、曲中で同時に二種類のリバーブを使い分ける必要がある場合は、もう一台購入する必要があります。

それでも、二台で三万円くらいですからかなりコストパフォーマンスが良いのでは?ないでしょうか。

2015年6月22日 (月)

【気になる!】tc electronic PolyTune Clip

ようやく発売されました。

かねてから、発売が囁かれていたPolyTuneのClip版です。

今まで、クリップチューナーと言えば、各社から製品が発表されていましたが、どちらかというと、KORGの独壇場みたいなところがありました。

ここに一石を投じることになる?と思われるのが、このtc electronic PolyTune Clipです。

今後の流れとしては、クリップチューナーにも全弦まとめてチューニングを確認できるポリフォニック機能が、おそらく搭載されていくんでしょうね。

クロマチックモードでは±0.5セントですが、ストロボモードでは±0.02セントとい高精度なところもいいですね。

2015年6月21日 (日)

【気になる!】Fractal Audio Systems EV-1 Expression Volume Pedal

ようやく、Fractal Audio Systems EV-1 Expression Volume  Pedalが発売されましたね。

実物を見ていないので、なんと言えませんが、

  1. 信号劣化を極限まで落としていること
  2. 踏み込みのムラがないストレスのないボリューム操作ができること
  3. ハイインピーダンス・ローインピーダンスの両方に対応していること
  4. 大きさがちょうど良いこと等

今までのボリュームペダルと比べて、かなりアドバンテージがあような気がします。

Fractal Audioの製品群と一緒に使うだけでなく、色々な使い方ができそうですね。

2015年6月20日 (土)

今月の名古屋めし「矢場とん」

201506

先日、今月もまた日帰りで名古屋出張がありました。

自宅を朝5時に出て、帰宅が夜11時過ぎのハードスケジュール。

しかし、名古屋に行く楽しみの一つは、何と言っても名古屋めし。

今月は、あの有名な「矢場とん」で味噌カツをいただいてきました。

お値段は少しお高めですが、何と言ってもあの八丁味噌のお味が絶妙です。

201506_2

帰りの名古屋駅の売店で、な・ん・と、 世界の山ちゃんシリーズの「お煎餅」と「イカ姿フライ」を発見。

これは食べねば!と思い帰りの新幹線で一気に食べてそのまま東京駅まで爆睡していました。

また来月も名古屋に行きます。

今度は何を食べようかなぁ〜??

2015年6月17日 (水)

【今月の一品】究極のT-sound System Project

Prophecysound_systems_piphase_mk2_1

今月はボーナスが出たこともあり、なんと二品目です。

高中サウンドの飛び道具の一つにMu-tron Bi-Phaseがありますね。

さすがに本物は、かなりのヴィンテージ物ですし、大きさも半端ない上、程度の良い物も少ないため、一般の自宅に置くには購入を躊躇してしまいます。

そこで、先日発売されたProphecysound SystemsのPi-Phase mk2を購入しました。

大きさこそ、かなり小さくなっていますが、コントロールノブ等も完全に再現されており、さらにフットスイッチまで筐体に一体化していますので、エフェクトボードにも入れやすくなったと思います。

Prophecysound_systems_piphase_mk2_2

比較のために、Eventide H9を側に置いてみましたが、このサイズなら、十分に実用域ですね。

音出しはこれからであり、期待度大ですが、かなりお高かったため、これからはしばらく節約生活です。(悲)

徐々に足元に置く機材も揃ってきましたので、そろそろ配置の具体化をしていきたいと思っています。

2015年6月 8日 (月)

Elixir バラ弦買い

Elixir_1st

いやぁ〜知りませんでした。

ElixirのAnti-Rust弦ですが、バラ弦で販売しているんですね。

ここのところ、1弦がすぐに切れてしまい、全弦を交換していたのですが、いかんせん、もったいない。

ということで、ネットで探していると、なんとバラ弦での販売がありました。

私は、1弦用に.010が4本セットで980円というものを購入。

送料込みでこのお値段ですから、納得の価格です。

この箱の中に4本セットで弦が入っています。

2015年6月 7日 (日)

Goodrich Volume Pedal 改造計画(3)

Goodrich_volumepedal_mod_1

先日、いつものショップからModが完了したGoodrich Volume Pedalが到着しました。

当たり前ですが、見た目は、なんら変化がありません。。。

しかし、中身は大幅にレベルアップ!

考えられる最高レベルのパーツで、ローインピーダンス仕様に変更が完了しました。

Goodrich_volumepedal_mod_2_2

2枚目の画像は、Mod前の純正パーツを取り外したものです。

PECの500Kというという文字が見えます。

やはり、純正はハイインピーダンスだということですね。

これで、究極のT-sound Systemに必要な機材も、かなり揃ってきましたので、そろそろ具体的な構想に入りたいと思います。

完成目標は、 来年夏。

まずは、System構成から検討したいと思います。

2015年6月 6日 (土)

【今月の一品】2015 T-sound System

2015_tsound_system_10

今月は、究極のT-sound Systemの機材ではなく、2105 T-sound Systemの付属品を購入しました。

もともと、2105 T-sound Systemは、スタジオ、ライブ等のPortable Systemとして製作してもらいました。

そのため、重たいハードケースは似合いません。

電車でも持ち運びが出来るようにしたいのです。

そこで、Free The Toneから発売されているFovis Pedalboard Bag PB-2を購入。

2015_tsound_system_11

なんと、2015 T-sound Systemがぴったり収まります。

まるで、あたかも私のボードのために売り出されたバッグのよう。。。

以前から、こんなペダルボードバッグが欲しかったので、まさに痒いところに手が届く一品です。

大きささえ合えば、一押しでお薦めです。

2015年6月 5日 (金)

【完成!】2015 T-sound System(7)

Ftt_pt1d

今回のSystemでもそうですが、機材が増えてくると、その付属品の管理が大変です。

特に、電源コードはどれも似たりよったりですので、どれがどの機材のコードだったか、わからなくなります。

そこで、私は、いつも画像のようにシールを貼って管理しています。

これなら、間違わなくてすみますね。

ちなみに、FTTとは、Free The Toneの略称です。

2015年6月 4日 (木)

【完成!】2015 T-sound System(6)

2014 T-sound Systemと2015 T-sound Systemとでは、どちらがよいか?というご質問をいただきました。

かなり回答の難しいご質問です(困)。

どちらも、甲乙つけがたいのですが、あえてどちらかと言えば、2015 T-sound Systemの方が好きです。

理由はこのボードだけで、往年の懐かしい高中サウンドが楽しめ、さらに色んな音色も出せるからです。

実は昨年作った2014 T-sound Systemの方が現代の高中サウンドに近いと思います。

しかし、高中さんを好きな方は、学生時代の思い出が脳裏に焼き付いているかと思いますので、当時の古い高中サウンドが好きな方が多い気がしますが、いかがでしょうか?

2015年6月 3日 (水)

Goodrich Volume Pedal 改造計画(2)

Goodrich_mod_1_2

いつもショップから、Modが終わったとの連絡を受け、画像をいただきました。

こちらのボリュームペダルも、究極のT-sound Systemに向けての準備品となります。

Potは、東京光音電波のCP-601 A50Kに。

配線類は、BELDEN MILテフロンワイヤーに。

ジャック類はSwitchCraft#111に変更し仕上げていただきました。

これで、音質のよいローインピーのボリュームペダルにModできたのでは?と思っています。

Goodrichは、通常、PotがPecの500KAカーブをデフォルトで使用されています。

本来、Pecの50KAがあれば、それにしたかったのですが、製造されていないため、同格に良いと思われる東京光音のPotにしました。

Goodrich_mod_2_2

Potの種類も、25K、50K、100Kと悩みましたが、ショップの方と相談の結果、50Kになりました。

ここに正解はありませんが、私の場合、あくまでもアンプのセンド・リターンに入れるということもあり、50Kとなりました。

毎月、少しづつ機材が揃っていくのが楽しいですね。

2015年6月 2日 (火)

【いよいよ発売!】Strymon DIG

いよいよ、6月中旬に日本でもStrymon DIGが発売されるようです。

オールアクセスのHPに詳細がアップされていましたね。

デュアルディレイというと、Evnetide TimeFactorが真っ先に思い浮かびますが、お値段、品質、操作性とも、これから高中サウンドを目指すのに一番良いディレイは?と聞かれると、このStrymon DIGになるのでは?と思っています。

実物でサウンドを確かめてみないと、まだなんとも言えませんが、サイトを読む限り、また動画を見る限りでは、かなり期待できるデジタルディレイとなっているようです。

久しぶりに欲しいと思うディレイが発売されました。

2015 T-sound Systemも一旦完成はしましたが、早速、レベルアップしそうな予感です。

Strymon DIG

2015年6月 1日 (月)

名古屋出張〜番外編〜

Photo_3

名古屋出張の帰りに、新幹線の駅のホームの売店でこんなものを発見!

「どえりゃ〜 うみゃあがゃ」のキャッチに心を惹かれたみそカツです。

名古屋ならではのお酒のおつまみですね。

私は、炭酸水とこれを買って、新幹線の中で「くぃ〜っ」とやりながら、夜な夜な東京に戻ってきました。

これもまた、チープなお味が、なんとも癖になるお味でした。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ