« 三木楽器の190周年アニバーサリー・イベント | トップページ | PRS 513 »

2015年5月 4日 (月)

Paul's Guitar

Pauls_guitar_1 さすがにポール自身の名前を製品名に入れるだけあって、素晴らしいギターのようです。

PRS 408と、ピッックアップの形状が似ていますが、実は若干異なるとのこと。

PRS 408はフロントに408 Treble、リアに408 Bassという大きさの違う、似て非なるピックアップを積んでいます。

一方、Paul's GuitarはフロントにNarrow 408 Treble、リアにNarrow 408 Bassと同じ大きさのピックアップを積んでいるそうです。

そして最大の特徴は、

  1. フロントとリアをシングルに切り替える二つのTapスイッチ
  2. インレイが新しい形のインレイ
  3. ストップテイルの一部にブラスを使い鳴りを良くしている
  4. PRSの特徴であるナチュラルバインディングがない

こと。

Pauls_guitar_2 特に二つのTapスイッチのおかげで、音量差なく、ハムとシングルの切り替えられるのには、驚きました。

また、ブラス入りのストップテイルは、単体販売されておらず、Paul's Guitarにのみ採用されています。

今回三木楽器のアニバーサリー・モデルにはこのブラス入りストップテイルが採用されましたが、通常はPaul's Guitar以外だと、Private Stockのみという大変貴重なお品。

さて、画像のギターの色ですが、Faded Whale Blueという通常ラインにはないアーティストパッケージ専用のカラーとのこと。

Pauls_guitar_3また、トップ材はPrivate Stock グレードのキルトになっており、これまたアーティストパッケージにもない珍しい仕様のギターです。

指板もブラジリアンローズ(通称ハカランダ)。

実は、昨年8月から、アーティストパッケージでもトップ材をキルトにしたり、指板材をブラジリアンローズ(通称ハカランダ)にすることは、もはや出来なくなりました。

Pauls_guitar_4 ましてや、Private Stock グレードのキルトを選ぶことなど、今回の三木楽器のアニバーサリー・イベントのような特殊な場合以外は出来ません。

こんなギターを見つけたら、躊躇せず、買いかもしれませんね。

« 三木楽器の190周年アニバーサリー・イベント | トップページ | PRS 513 »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/57301390

この記事へのトラックバック一覧です: Paul's Guitar:

« 三木楽器の190周年アニバーサリー・イベント | トップページ | PRS 513 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ