« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

珍しいお土産

Photo_2

会社で、こんなお土産をいただきました。

ミラコスタに行った際、ディズニーランドで買ったそうです。

缶の蓋がおせんべいになっています。

もちろん、蓋は食べられません。

あまりに珍しいので、思わず、スマホで撮っておきました。

2015年1月30日 (金)

【検討開始】オリジナルの歪みペダル(1)

最近、Mesa/Boogie Mark系の歪みに特に強い拘りを持って、コンパクトエフェクターを探しています。

今まではMark系のエフェクターは皆無と言ってもよかったのですが、なぜか最近、少しづつ増えてきたようです。

しかし、どうしても自分自身で100%満足する物が欲しいと思い、自分だけのMark系歪みエフェクターを検討することにしました。

まだ、詳細は書ける段階ではありませんが、出来れば、Mark系のクリーン、クランチ、ハイゲインの三種類を出し分けられる物を考えています。

エフェクターはオリジナルペダルの組み合わせになるかと思います。

夏頃の完成を目指して始動です!

2015年1月29日 (木)

結局・・・買うことに

H9_core_mobius

先立つ物は何もないのですが、Eventide H9 CoreやStrymon Mobiusの旧価格の品数が、ネット上で少なくなるのを横目に、日々悶々と考えておりました。

どちらかのブログで、「迷ったら買え〜」という前向きなお言葉を拝見し、それを理由(言い訳?)に思い切って購入することに。

今回偶然にも、

  1. 持っていたエフェクターを楽器店で高く下取りしていただけたこと。
  2. 5,000円・3,000円の割引券が複数枚もらえたこと。
  3. ポイント残がかなりあったこと。
  4. 旧価格のものから更に割り引きしていただけたこと。

これら、複数の好材料が重なったことも、購入出来た要因です。

どれ一つかけても、購入は難しかったと思います。

お店の方のご協力のおかげです。

ありがとうございました。

しかし、残金は、まだまだありますので、これから月々頑張って返していきたいと思います。

それまでは、しばらく節約生活です。

2015年1月28日 (水)

Schaller ストラップピン

Schaller

以前所有していたギターは全て、Schallerのストラップピンに交換していましたが、新たに買い替えたギターは、全ての純正のものが付いていました。

そこで、Schallerのストラップピンをとりあえず、一個だけ購入しました。

なんと、格安の1,500円(税抜き)です。

まずは、PRS 513を付け替えようかなぁ〜。と思っています。

2015年1月27日 (火)

神宮ランチ「Royal Garden」

Photo

先日、仕事の関係で神宮に行き、ちょっと豪華なパスタランチを食べました。

お店の雰囲気も景色もよく、味もオーガニックで、なかなか良い感じでした。

他にも、何種類かランチがありましたので、今度また行ってみたいと思います。

Photo_2

私はお昼前に入店したので空いていましたが、帰る頃には長蛇の列が...。

何も知らずに入ったお店でしたが、きっと有名店だった?のかもしれません。。。

2015年1月26日 (月)

さあ、どうする?!

究極のT-sound System(2016 T-sound System)の構築にあたり、まだ旧価格の物が残っている今のうちに、空間系エフェクターを買っておくか否かで迷っています。

それもそのはず、新価格はかなりの金額アップだからです。

いずれ買うなら、無理してでも今買っておいた方がお得だし・・・。

新価格は、市場価格で

  • Strymon Mobius ・・・ 56,160円(税込み) ← 旧価格51,840円(税込み)
  • Eventide H9 Core ・・・ 63,288円(税込み) ← 旧価格54,000円(税込み)

Strymon Mobiusで約5,000円、Eventide H9 Coreで約9,000円の差。

購入予定の台数であるStrymon Mobius一台と、Eventide H9 Core三台を買うと、約32,000円の新旧差になります。

これも円安の影響で仕方ないのでしょうが、日銀、安倍内閣ともに、しっかりしてくれよ〜という感じです。

トータル金額が高いだけに、迷う〜。

いずれにせよ、持っている機材を下取りに出さないことは、そもそも購入は無理です。

悩んでも無理な物は無理なので、下取りでいくら頭金が作れるか次第で購入を考えよう。

2015年1月25日 (日)

着々と・・・?

究極のT-sound System(2016 T-sound System)の空間系エフェクターの選定が、予定より意外に早く終わりました。

それもこれも、先日、EventideからH9 Maxが発売されたことが一因です。

今まで機材の選定には、何ヶ月もかかったのですが、進む時は、こんなものです。

あくまでも、現段階の理想系ですが、

  • Eventide H9 Coreを3台購入し、H9 Max化することで、Delay、Reverb、Detune、Chorus、Hamonizer等に振り分けて使用。
  • さらに、Strymon Mobiusuで足りないモジュレーション系を補完。

これにより、 完璧な空間系を作り上げたいと思います。

おそらく大抵のことは、何でも出来てしまうと思います。

この場合、Mixerの使い方が肝になりそうですが、Mixerを二台導入する必要があるかも知れません。

後は、これら機材が揃うか?(購入出来るか?)にかかっています。

今から、頑張って少しづつ、買い集めて行く予定ですが、まずはお金が用意出来るかなぁ〜?

一方で、思っていた通り、先日、Eventide H9、H9 Coreの二つも、価格改定があり、大幅に値上げになったようです。

旧在庫があるうちに買っておかねば・・・大きく金額が異なりますので大幅な差となりそうです。

構想(妄想)は自由ですが、先立つ物が・・・ないです(悲)。

2015年1月24日 (土)

【発表!】BOSS ES-8 Effects Switching System

Namm Show 2015で、BOSSから突然の発表でした。

BOSSが「ついにこの領域に本格的に足を踏み入れたか!」という感じです。

しかし、今まで多数のコンパクトエフェクターを出している老舗のBOSSが、これまで本格的なスイッチャーを出してこなかったのがむしろ不思議なくらいなのですが・・・。

主な特徴は、

  1. 8ループでMIDI対応。
  2. セパレートループはなく、全て直列接続のみ。(残念)
  3. プリセット毎にループの順番が入れ替えが可能。
  4. 7ループ目はステレオアウトに、8ループ目はステレオイン・ステレオアウトに対応。
  5. バッファーのオン・オフ、エクスプレッションペダルの接続も可能。
  6. 100バンク(1バンク8メモリー)で、800メモリーまで保存可能。
  7. 筐体は、流行の台形型で、視認性や踏みやすさを意識した形状。

これだけ聞いただけでも、わくわくしますね。

現物が発売されるのが楽しみです。

究極のT-sound System(2016 T-sound System) のスイッチャー第一候補に挙がってきましたので、発売までさらに勉強していきたいと思います。

2015年1月23日 (金)

【詳細】2014 T-sound System(4)

Ftt_solderless_cable

実は、今回の2014 T-sound Systemでは、ボードスペースの問題と今後のメンテナンスの関係から、パッチケーブルに初めてSolderless Cableを使ってみました。

Solderless Cableと言えば、George L's、Lava Cable、Montreux等が有名ですが、今回は以前から気になっていたFree The ToneのSolderless Cableを選択。

Free The ToneのSolderless Cableは、以前からかなり評判のよいパッチケーブルであったことがその理由です。

  • プラグ・・・・・Free The tone SL-8S(Nickel)とSL-8L(Nickel)
  • ケーブル・・・Free The Tone CU-416

プラグにマークが付いていますが、これはFree The Toneの創設者である林さんの名前をもじったロゴですね。

サウンド的には、プラグはニッケルではなくゴールドの方が良いのでしょうが、さすがに見た目の問題もあり、今回はニッケルにしました。

かなり使い勝手もよく、これで十分だと感じましたので、次に予定している2015 T-Sound Sysytemも、このFree The Tone Solderless Cableを使おうと思っています。

2015年1月22日 (木)

James Tyler Guitar Japan Classic

先日、昨年末から話題のJames Tyler JapanのClassicを弾いてきました。

ギター自体は、本当によく出来ています。

本家と異なる箇所は、ネックジョイント部分のつなぎに、数ミリの噛み合わせがないことくらいで、後はすべて本家と同じと言ってもよいかもしれません。

この噛み合わせは、Kitahara楽器ではどうせ日本でJames Tylerを作るなら、「とことん拘りたい」ということで、なんとしても実現したかったそうですが、「手間暇を考えると、やめておいた方がよい」とJames Tylerから進言され、最終的に諦めたと聞いています。

弾いてみた個人的な感想は、ネックが細く弾きやすく、少しキャラクターが明るい感じがしました。

今後は、Classicだけでなく、Studio Elite等、他のモデルも作られると良いですね。

2015年1月21日 (水)

やっぱり、Eventide H9 Coreかな?

究極のT-sound System(2016 T-sound System)の準備に向け、空間系エフェクター(主にリバーブとディレイ)用の検討を開始しました。

先日発表されたEventide H9 Maxのプログラムを利用し、できればH9にしようかと考えています。

しかし、先立つ物がありません。

自宅にあるエフェクターを整理し、なんとか急いで資金を工面しなくては。。。と思うこの頃です。

また、コーラス等のモジュレーション系には、StrymonのMobiusを検討しています。

円安が進み、今年からStrymonも定価が上がることが決まっていますので、旧在庫があるうちに決めて買わなければ、結構な金額をロスしてしまいそうです。

H9もそのうち値上げになるでしょうから、ますます検討を急がねば・・・。

2015年1月20日 (火)

湿度対策

2015

湿度が低く、乾燥するこの季節。

人間は、インフルンザに。。。

鶏は、鳥インフルエンザに。。。

ギターは、ネックが反ってしまうことに。。。なりがちです。

いずれも湿度管理が重要ですね。

私は、普段の生活とは別に、ギター用として自分の部屋に一台、専用の加湿器を使っています。

これだけでも、結構、ネックの状態は違う物です。

皆さんは、どんな湿度対策をされておられるでしょうか?!

2015年1月19日 (月)

復活? PRS McCarty

そういえば、2015年は、PRSからあのMcCartyが復活するようですね。

本家、PRSのサイトにPDFの記載がありました。

しかし、残念ながらPrivate Stockのようです。

一般的に個人がオーダーで頼むタイプのPrivate Stockではなく、事前にある程度の仕様を決め、その範囲でディーラーから注文を受ける形のようです。

そのため、個人でオーダーするよりはかなり安く入ってきそうです。

しかし、円安ですし、あくまでもPrivate Stockですから、それなりのお値段はするのでしょうが・・・。

おそらく、TAKANAKA STRATOCASTER® IIよりも、少し高いくらいの価格設定ではないか?と思います。

Namm Showでどんな形で発表されるかが、楽しみです。

PRS_2015_Catalog 

2015年1月18日 (日)

高野のケーキ2

Photo

先週に引き続き、 またまた、高野のケーキを食べちゃいました。

ケーキの種類は、季節がらイチゴがベースで先週食べた物と似ていますが、実はベースとなるスポンジが異なります。

私はチョコ系のケーキが好きなので、実はこちらの方が好みです。

それにしても、高野のケーキは美味しい!

おかげさま?で、最近、かなり太り気味です。

頑張ってダイエットしなくては!

2015年1月17日 (土)

【発売!】Eventide H9 Max

そういえば、EventideからH9 Maxが発売されるアナウンスがありましたね。

発表を見る限り、外見は全く同じ筐体ですが、特別バーションでとして24金の筐体がでるようです。

H9 Maxですが、H9の45全てのアルゴリズムと500を超えるファクトリープリセットが全て使え、さらには今後発表されるアルゴリズムも無償でインストール出来るという優れもの。

これに伴い、既にH9を持っている人は2015年3月31日までにアルゴリズムを10個、H9 Coreを持っている人は15個を購入すれば、H9 Maxに無償アップグレードされるという画期的なプログラムも発表されました。

もちろん、既に購入されているアルゴリズム数もその数に含めてよいという、大判振る舞いです。

しかも、最大H9は5台までが対応可能という嬉しいニュース。

さらに、H9とH9 Coreの両方を持っている人は、「必要数の少ないアップデートがH9 Coreに適用される」ということだそうです。

ということは、既にH9を持っている人で、まだ一度もアルゴリズムを購入していない人は、10個のアルゴリズムを購入すれば、残り4台にH9 Coreを買えば、5台すべてが無償でH9 Maxにアップグレード出来るということになります。

H9シリーズは、現在、発売されている空間系エフェクターでは最強かつ汎用性・発展性のあるエフェクターだと思います。

これを機に、利用者がさらに増えるかも知れませんね。

ちなみに、3月31日を過ぎてもアップグレードは可能なようですが、必要なアルゴリズム数が、それぞれ20個、30個と倍に増えますので、アップグレードをされるなら、早くした方がいいですね。

もちろん、私もアップグレードします。

恐るべし、Eventide!

2015年1月16日 (金)

BOSS DC-2 Mod(2)

Boss_dc2_mod

昨年、10月25日(土)のブログにアップしましたが、BOSS Dimension C(DC-2)は、昨年話題になったあのVertexでModされたものです。

Vertexの行った行為については、色々な意見はあるものの、Mod技術があることは確かです。

この個体はとてもサウンドもよく、このような外出しで使うことを想定していましたので、どうしても、トゥルーバイパス化が必要であり、一昨年、VertexにModをお願いしたものです。

個人的には、かなり気に入っているペダルの一つです。

2015年1月15日 (木)

Digitech Luxe サウンドイメージ

私のへたくそな演奏よりも、Youtubeで試奏を聞いていただいた方がサウンドイメージがわくと思いますので、アップしてみました。

この方の演奏は、いつも、演奏が巧い?音響がよい?ためか、かなりよく聞こえますので、8掛けくらいで聞いてみてください。

それでも、かなり良いサウンドだと思います。

2015年1月14日 (水)

TAKANAKA STRATOCASTER® II のセンターピックアップ

TAKANAKA STRATOCASTER® IIですが、ネットには、まだ残っているようですね。

買える人は、もう一通り、買ってしまったという感じでしょうか?

ネットの画像をみていて、気がついたことがあります。

センターピックアップが、通常の高さよりもかなり低くセッティングされているようです。

ピックガードとほぼ同じ高さにセットされているんです。

ストラトの場合は、ピックガードよりも少し高くなっており、さらに一弦側の方が少し高く斜めにセットされています。

弾きやすさを意図したものでしょうか?

疑問????です。

2015年1月13日 (火)

CAJ Phone Jack Protector

Caj_phone_jack_protect

2014 T-sound SysytemにつけたCAJ Phone Jack Protectorです。

普段使わない端子をふさいだだけですが。。。

それでも、これで、塵やほこりが入らないようになったと思います。

なんとなく、システムが健康的になった気がするのは、私だけでしょうか?!

2015年1月12日 (月)

高野のケーキ

Photo_3

久しぶりに、新宿にある高野のケーキを食べました。

とは、言っても最近は色んなデパートに売っていますが・・・。

さすがに、このイチゴのショートケーキは、抜群のお味でした。

2015年1月11日 (日)

赤ワインのソーダ割

Photo

家で、ちょっとだけ小洒落たものを作って飲んでみました。

とは言っても、単に赤ワインのソーダ割なんですが・・・。

しかし、これが結構いけます。

しばらくは、ハマりそうです。

2015年1月10日 (土)

パッチケーブル

Photo

単なるパッチケーブルなんですが、エフェクターを並列に繋ぐ時など、意外にこういう小物が便利ですよね!?

私はこのパッチケーブルを愛用しています。

特に横に3つ直列で並べる時など、とても便利です。

SwitchcraftのL型通常プラグ にMogami2524で作った組み合わせです。

皆さんのご愛用のパッチケーブルはどんなものでしょうか?!

2015年1月 9日 (金)

【差替用】Blackberry Jam Whiteberry

Whiteberry

昨年完成した、2014 T-sound Systemのブースターの差し替え用のBlackberry Jam Whiteberryです。

もともとシステムに組み込んでいるブースター(Blackberry Jam Blackberry)は、全域をまんべんなくプッシュしてくれ、煌びやかな倍音を出してくれる使いやすいオーバードライブです。

一方、Whiteberryは、Blackberry Vanillaのブースターとして、さらに中域をプッシュしてくれ、加えてクリーミーなサウンドを足してくれます。

もともと組み込まれているBlackberryと大きさや端子の位置も同じであり、差し替えも容易ですので、VanillaのMark系の音質向上に、さらに一役買ってくれるものと思っています。

これで、近々、システムの全体感もアップできればと思います。

2015年1月 8日 (木)

【詳細】2014 T-sound System(3)

2014_tsound_system

今回のシステムでは、現代の高中さんのMesa/Boogie Rectiのサウンドと往年のMark系の甘いサウンドの両方が出せる贅沢なバリエーションで歪みを構築してみました。

Mesa/BoogieのRecti系の歪みは、Crazy Tube Circuits Black Magicで。

Mesa/BoogieのMark系の歪みは、Blackberry Jam Blackberry + Blackberry Jam Vanillaで。

ブースターとしてのBlackberry Jam Blackberryをオフにして、Blackberry Jam Vanillaのみを使えば、Mark系のクランチにもなります 。

後は、MXR Dyna CompとVemuram Shanks 3kとの組み合わせで、さらに多様な歪みサウンド実現できるようにしています。

基本的にクリーンは、MXR Dyna CompとVemuram Shanks 3kで煌びやかなサウンドを作りますが、より甘いクリーンにした時は、Blackberry Jam BlackberryやBlackberry Jam Vanillaを単体で組み合わせると、いい感じになります。

澄んだコーラスサウンドが出せるよう コーラスの位置にもこだわりました。

アンプのセンド・リターンに繋ぐ時は、コーラスの手前からアンプに繋げられるよう組み込んでいます。

もちろん、ボリュームペダルもローインピーダンスの物で、歪み系ペダルのあとに設定しています。

また、アンプの歪みを使うことも想定し、センド・リターンの後にボリュームペダルがくるようにもしています。

今後は、ペダルそれぞれのセッティングについても徐々に触れていきたいと思います。

2015年1月 7日 (水)

【今月の一品】究極のT-sound System Project

Mk1_overdrive_001

さて、毎月、エフェクターを一台づつ集めて行こうと年始に決めましたので、実行していくことにしました。

とは言っても、今月は、 新たに購入するお金がありませんので、既に手元にあるもののご紹介です。

元旦のブログでご紹介したShin's Music MK-1 Overdrive。

これは、一軍入り確定です。

しかも、#001の方。

オーバードライブとして使うか、ブースターとして使うかは今後、要検討です。

このエフェクター、限定39台らしいですので、ご興味のある方は、早めの購入をお薦めします。

今年になって製作されるものもまだある?ようです。

2015年1月 6日 (火)

【始動】究極のT-sound System Project

2015 T-sound Systemは、MIDIやMixerを使わない、簡易なポータブルシステムで、スタジオやライブで使いやすく、良い音を出せるシステムとして考えてきました。

特に、システム化していないエフェクターも簡易に組み込めることと、往年の高中サウンドに拘った音が出せることをコンセプトに作るつもりです。

こちらは、ほぼシステムデザインが固まりましたので、後は実際にシステム化するのみとなりました。

一方で、究極のT-sound System(2016 T-sound System)のプロジェクトを始動しました。大袈裟??

これは完全自宅用。

完成すれば、このシステムを自宅メインで使用すること間違いなし?です。

持ち運びはしませんので、ボードも大きめで、自分が本当に使いたいエフェクターを全て盛り込み、妥協のないシステムにするつもりです。

完全に音に対する自己満足と、これまでの集大成を形にしたいという思いだけです。

2014 T-sound Systemや2015 T-sound Systemは、ボードスペースの関係から、かなり妥協した部分もありましたので・・・これを解消したいと思っています。

今から少しづつ機材を集め、2016年の完成を目指します。

毎月、一台づつくらい購入し、準備が出来ると、いいなぁ〜。

さあ、節約節約。

2015年1月 5日 (月)

初仕事

今日から、また2015年の仕事が始まりました。

一生懸命働いて、今年こそは、もう少しギターに割く時間が取れるといいなぁ〜?

さあ、頑張ろう!

2015年1月 4日 (日)

お年賀

Photo

先日、お年賀にいちごをいただきました。

写真ではよくわかりませんが、ものすごく大きいイチゴです。

しかし、繊細なお味で、糖度も抜群に高い!

本当に美味しくいただきました。

ありがとうございました。

2015年1月 3日 (土)

【初買い】Digitech Luxe

Digitech_luxe_1

今年の初買いは、Digitech Luxeにしました。

ディチューンの出せる単体エフェクターをずっと探していましたが、ようやくDigitechから発売されたようです。

かなりいい感じで、アナログライクに手軽にディチューンが出せるので、重宝しそうです。

個人的には、かなり気に入っています。

Digitech_luxe_2

ただし、電源が300mAも必要なため、エフェクターはこんなに薄いのですが、アダプターが入っている分、箱はこんなに厚いのです。

システム化するには、他のエフェクターとの兼ね合いで電源供給に検討が必要です。

2015年1月 2日 (金)

【微修正】2014 T-sound System

2015_tsound_system_perfect 2014 T-sound Sysytemですが、一部配線のやり直しも終わり、年末に完全にパーフェクトな状態に仕上がっていました。

どこの配線が変わったか?は、分かる人には分かる?かと思います。

ヒントは、どこかのケーブルの色が変わっています。

もう一つは、この画像だけではわかりませんが、普段使わない端子に、すべてCAJ Phone Jack Protectorを付けました。

見た目だけの問題で、サウンド的にはなんら変わりません。

あしからず。

2015年1月 1日 (木)

2015年元旦〜#001〜

Mk1_overdrive

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

さて、元旦ですので、縁起の良いお話を。。。

なぜか我が家に、Shin's Music MK-1 Overdriveの#1と#2があります。

そうです、なんと最初期のロットが二台もあるのです。

一台は、妄想システム行きですが、果てさてもう一台は・・・。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ