« 近江屋洋菓子店 | トップページ | 徹子の部屋 »

2012年9月29日 (土)

高中正義 SUPER LIVE 2012 TAKANAKA伝説

Photo 本日は、高中正義 SUPER LIVE 2012 TAKANAKA伝説の初日です。

ということで、早速、かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールへ行ってきました。

私の自宅からは、かなり行きにくい場所でしたので、今回は車で行くことに。

運よく、会場近くに一日停め放題で800円という、Olympicの駐車場がありましたので、そこに停めて、歩くこと3分。

一枚目の画像は建物の前の画像ですが、さすがに、名前どおり、モーツァルトの像がありました(笑)。

Photo_2 二枚目の画像のとおり、入口はこんな感じになっています。

実は、今年のライブは、事前にチケットを購入することができず、てっきり行けない物と諦めていましたが、ライブギリギリに、なんとかチケットを手に入れることができ、無事参戦できました。

日比谷野音には、仕事の都合で行けないため、本当に良かったです。

それにしても、これまた、下町のかなり渋い場所でのライブでした。

Photo_3 これから、まだまだライブが数か所でありますので、ネタバレにならないよう、セットリストや、ライブの内容は割愛しますが、使われたギターについて、ご紹介しておきますと。。。

なんと、SG-MT、Fender Takanaka2号機(一番好きな海の色Ver)、Gibson ES-335の三台でした。

UG-TAKANAKAも要所要所で使われていましたので、正確には四台と言ってもよいかもしれません。

ちなみに、ES-335には色々な種類がありますが、アルヴィン・リーのモデルに最も近い物だと言われていましたので、おそらく「Gibson Custom Shop Historic Cllection 1963 ES-335 Block Reissue Faded Cherry」ではないか?と思われます。

通常、市販価格498,000円のギターです。

ポジションマークの形や、ピックガードの大きさ、ペグの形などから、間違いない?かと思われますが。。。如何せん、遠目で見ているので、間違っていたらすみません。

色は、アルヴィン・リー同様、Cherry色でしたので、ライブを見た人が、これから、この色のES-335を購入に走られるかもしれませんね。

また、演奏された曲は、ここ数年で何度か弾かれた曲がほとんどでしたが、そのアレンジがとても良く、大人のアレンジという感じでとても心地よい音色でした。

ちなみに、高中さんは赤のスーツで登場。

アンコールは一回のみ。

さすがにモーツァルトホールという名前の会場だけあって、今まで聞いた高中さんのライブでは、最も音が良かったのでは?と思います。

« 近江屋洋菓子店 | トップページ | 徹子の部屋 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/47255152

この記事へのトラックバック一覧です: 高中正義 SUPER LIVE 2012 TAKANAKA伝説:

« 近江屋洋菓子店 | トップページ | 徹子の部屋 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ