« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月28日 (火)

Backerei Bcotheim

Backerei_bcotheim 先日、以前から気になっていた桜新町にある「Backerei Bcotheim」というパン屋に行ってきました。

ベッカライ・ブロートハイムと読むそうです。

名前のとおり、ドイツパンのお店です。

Photo_7

ドイツパンのお店ですから、やはりソーセージ系が美味しいだろうと思い、ミートローフ&チーズというパンを買ってみました。

これが、とにかく美味しいのなんのって。。。

このお店も、リピート必須ですね。

2012年8月25日 (土)

ひょんなことから

Gibson_custom_shop_histric_collec_2 ひょんなことから、我が家にGibson Custom Shop Histric Collection 1959 ES-335 Dot Plainがやってきました。

画像は、取り急ぎ、iPhoneで撮影したものです。

今日、生まれて初めて、箱ものギターを弾いたのですが、メローな音の出る本当に良いギターですね。

そういえば、以前、Suhrを買おうかどうかどうか迷っていた時に、このGibson Custom Shop Histric Collection 1959 ES-335 Dot Plainとどちらにしようか迷っていたのを思い出します。

詳しいレポートは、また、ぼちぼちと。。。

2012年8月24日 (金)

神南カレー

Photo_11 しかし、こう暑いと、やはり辛いものが食べたくなります。

そのせいか、どうかは分かりませんが、お休みの日には、なぜか無性にカレーが食べたくなります。

そこで、以前から行ってみたかった渋谷にある「神南カレー」に行くことに。

Photo_12 本当は、店内で普通のカレーが食べたかったのですが、車を止める駐車場がなく、やむなくテイクアウトできるカレーパンを買ったという訳です。

二枚目の画像が、神南カレーパン。

三枚目の画像が、キーマカレーパンです。

Photo_13 どちらも、パン生地が甘く、カレーのスパイシーさと絶妙にマッチして、大変、美味しゅうございました。

特に、神南カレーパンの方は、私好みのお味で、どうやら癖になりうそうな予感です。

2012年8月22日 (水)

オリジナル・ストラップ製作物語(1)

Blue_note 最近、何もオリジナル物を作っていませんでしたので、以前から作りたかったストラップの製作を検討することにしました。

画像は、現在製造中止(輸入停止)になっている、高中さん愛用のBlueNoteストラップです。

これをベースに考え、オリジナリティが出せないかなぁと考えています。

私の場合、高中さんの使用有無と関係なく、BlueNoteストラップが自分の理想に最も近いものであったため、たまたま2本購入していました。

1本、5,000円くらいだったと思います。

しかし、オリジナルとなると、完全にワンオフ物となりますので、かなりの割高になりますが、自分が最も欲しいストラップが作れる訳ですから、よしとしましょう。

通常、市販されている物だと、100%自分好みで満足できるストラップなんて、そうそうある物ではありませんから・・・。

仕様や製作をお願いする工房は、現在、調査・検討中です。

進捗があり次第、随時、ブログにアップしたいと思います。

2012年8月21日 (火)

新渡戸稲造

Photo そういえば、最近は自分自身の人生や生き方に悩む事が多いため、こんな本を読んでいます。

一文、一文に説得力があり、自身の在り方を改めて考えさせられます。

人間、日々、精進ですね。

2012年8月20日 (月)

Larry Carlton/松本孝弘

そういえば、日本で有名なGibson使いの一人といえば、B'z 松本孝弘さんですね。

TAK Matsumotoモデルも多々出ていますので、お持ちの方もおられるのではないでしょうか?

グラミー賞をとった時にLarry CarltonとBlue Note Tokyoで演奏された時の映像がYouTubeにアップされていました。

モデルや弾き方、機材の違いもありますが、同じGibsonでも、トーンの違いが大きく出ていて、面白いですね。

しかし、このライブは、是非、生で見て見たかった・・・。

2012年8月19日 (日)

Gibson ES-335

そういえば、もう既にあちこちのサイトで紹介されていますが、今年の高中さんのコンサートで演奏される曲目について、以下のサイトで情報が掲載されています。

http://doraku.asahi.com/hito/interview/html/120815.html

英国ロックバンド「テン・イヤーズ・アフター」のアルヴィン・リーが使っていたGibsonのES-335に似たギターを最近手に入れたので、当時好きだった曲を弾いてみようかと考えているらしです。

アルヴィン・リーの曲で、高中さんがコピーしていて有名なのは、Woodchopper's Ballでしょうか?!

さて、Gibsonには、Alvin Lee“Big Red”ES-335という、セミアコにしては珍しくPUがH-S-Hタイプののシグネイチャーモデルがあるのをご存知ですか?

http://www.gibson.com/jp-jp/Divisions/Gibson%20Custom/Signature/Signature%20%28ES_Archtop%29/Alvin%20Lee%20_Big%20Red_%20ES-335/

このギターの動画がありましたので、貼っておきます。

しかし、高中さんのコメントでは、「彼が使っていたGibsonのES-335に似たギターを最近手に入れた。」と書かれていましたので、おそらく通常のES-335を購入されたのではないか?と思われます。

もし、私が個人的に買うなら?(いや、買えるなら?)、Gibson Custom Shop Histric Collection 1959 ES-335 Dot Plainで、色もVintage Sunburstでしょうか?

松原正樹さんが使われているタイプのリイシュー版ですね。

http://www.gibson.com/jp-jp/Divisions/Gibson%20Custom/ES%20Models/1959%20ES-335%20Dot/

2012年8月18日 (土)

予約しました!Bogner Ecstacy Red

そういえば、先日、新宿の楽器店で、Bogner Ecstacy Redを予約しました。

このペダルについては、以前も記事にさせていただきましたね。

最近、なかなか新しい良い歪みのペダルに巡り会っていませんが、これはBognerが作る初めてのペダルですから、きっと期待できるでしょう。

Bogner_ecstacy_red

ネットで、色々な観測記事は出ていますが、まだ、正式には、納期やお値段はわかっていません。

スタジオに持って行く、ポータブルシステムの歪み系ペダルが、今までなかなか思うように決まらなかったのですが、これでようやく解決!かな?と思っています。

歪みって、本当に難しいですよね〜。

これで、高中サウンドに近い音が出てくれると、なおさら嬉しいなぁ〜♪


2012年8月17日 (金)

久しぶりの実家

Photo_4

福岡での同窓会の翌日、そのまま新幹線で実家に戻り、8月13日と14日は帰省していました。

いやぁ~、実家に戻るのは、本当に久しぶりです。

母親の顔を見るといつも思いますが、やはり年老いた母親を地元に残しているのは、子供として辛いですね。

さて、今回の帰省の理由は、父親の墓参りでしたので、早速、母親の運転する車で、墓参りに。

母親は、もうかなりいい歳ですが、未だに運転しています。

田舎ですから、車が無いと生活できないため、運転するのは仕方ないのですが、正直、もう、そろそろ運転は控えて欲しい。。。ですね。

Photo_5

これは、その後、自宅に戻り、庭で写したチョウチョの写真です。

東京にいると、チョウチョを見ることなど、ほとんどありませんが、やっぱり、こういう自然が普通にある街(田舎?)が、人間の住む場所だなぁとつくづく感じた一日でした。

2012年8月16日 (木)

久しぶりの福岡

Photo

私は、大学時代を福岡で過ごしましたが、8月12日に福岡でサークルの同期会がありましたので、久しぶりに福岡に行ってきました。

大学を卒業して以来、20数年ぶりに会う級友もいました。

昔話に花が咲いたのはもちろんのこと、久しぶりに利害関係のない、腹の底から語り合える仲間と、楽しい時間を過ごすことができ、本当に良い時間を過ごすことができました。

やはり、学生時代の仲間って、いいですね。

Photo_2

皆、いいおじさん、いいおばさんになっているのですが、話をすれば一瞬であの頃にタイムスリップします。

あー、あの頃に戻りたいなぁ~。

ちなみに、画像はその後食べに行った「元祖 長浜屋」です。

Photo_3

なんと、これで400円、本場の味はやはり安くて、美味しかった〜。

色んな博多ラーメンの店は数あれど、私の原点はここのお店だなぁー。

2012年8月15日 (水)

SONIC製のサーフボードギター

そういえば、高中さんのサーフボード型のギターは、当初SONIC製でしたね。

ご存知の方も多いと思いますが。SONICのHPに画像が掲載されています。

今更ながらですが、ご紹介いたします。

http://lumtric.com/famous09.html

ボデイがアルダーで、ネックがメイプルなのは想定通りでしたが、意外だったのは、指板がエボニーだったということです。

今のサーフボード型ギターは、以前、山野楽器に展示されていましたから、きっと山野かFenderでさらに改造されたんでしょうね。

しかも、赤っぽい色に塗り替えられています。

もちろん、色だけでなく、当初のSONIC製と異なる点も、多々あるようです。

私が気づくだけでも、LSRローラーナット、ペグがシャーラー・・・等。

ピックアップは、YAMAHA製のハムバッキング、SONIC製のシングルコイルのままかどうかは、分かりませんが、山野で改造したのであれば、FenderのPUか、Fenderが採用している他社製のPUに替えているかもしれません。

自宅には、置けるスペースはありませんが、一度、弾いてみたいものです。

2012年8月14日 (火)

哀愁のヨーロッパ

天野清継さんも、高中さんと同じサンタナの「哀愁のヨーロッパ」をコピーされていました。

高中さんとは、音のトーンが少し違いますが、どちらも、素晴らしい演奏ですね。

2012年8月13日 (月)

ヴァイオリン奏法つながり

先日、ご紹介させていただいたブログの読者の方から、ヴァイオリン奏法つながりで、新たに「黒船」をYoutubeにアップしたとのご連絡をいただきました。

最近、我々世代の方が、Youtubeにアップされる事が増えてきましたね。

作られる方は、大変ですが、マイナスワンのカラオケなんかも、皆さんで共有できるといいですね♪♪

2012年8月12日 (日)

Azure

懐かしい画像を発見しました。

天野清継さんが演奏弾されているAzureです。

私がまだ20代だった頃、テレビからよく流れていましたね。

当時は、今以上に仕事が忙しく、休日も平日も、寝る以外に自宅にいる時間は、ほとんど?全く?ありませんでした。

もちろん、テレビなどまったく見れない無い状況でしたが、たまたまテレビをつけた時に流れていたこの曲を聞いて、いたく感動したのを覚えています。

もちろん、当時はギターを何年も弾いておらず、ギターすら持っていませんでしたが、弾いてみたいなぁ〜と思った物です。

当時、付き合っていた彼女が、曲名を探し出し、CDをプレゼントしてくれたのを覚えています。

懐かしい曲です。

当時を思い出します。

2012年8月11日 (土)

Eventide Space 「妖精サウンド」のプリセット

Photo

久しぶりのギターネタです。

先日、「Eventide Spaceで、高中さんのバイオリン奏法のサウンドをどうやって作ったらよいですか?」と、ご相談をいただきました。

ということで、お役に立つかどうかわかりませんが、私のプリセットをご紹介したいと思います。

画像のとおり、私はプリセット№100に保存しています。

ご存知の通り、妖精サウンドは、高中さんがボリュームペダルを使ってヴァイオリン奏法をする時の空間系のセッティングですね。

私の場合、アルゴリスムは「MODECHOVERB」を使い、Eventide Spaceで、リバーブをベースにディレイとコーラスを掛けて再現しています。

  • Mix       : 100
  • Decay   : 2.66S
  • Size      : 62
  • Delay   : ECHO 301mS
  • Low    : LOW‐LVL 0
  • High    : HI-LVL 0
  • Xnob     : ECHO-FBK 66
  • Ynob    : MODRATE 52
  • FxMi      : CHORSMI 100
  • Contour : ECHTONE 0

Eventide Spaceは、コンパクトエフェクターとは思えない素晴らしいサウンドを奏でてくれますので、お持ちの方は、お試しいただければと思います。

私の場合、EP Booster、Whirlwind Red Box、Eventide Spaceのみをアンプの前に直列につないで音を出していまですが、お手持ちの機材や使用環境によっては、多少セッティングを変える必要があるかもしれません。

試された方は、ぜひ感想をいただければと思います。

過去にEventideのFactorシリーズは全て使いましたが、もし高中サウンドを作るのに、空間系のエフェクターは一つだけと言われれば、やはりこのSpaceだと思います。

音源は、あくまでも音をイメージしていただくのに作ったものです。

画像は何も入っていないように見えますが、実はBognerの2×12のキャビネットを映しています。

ろくに練習もせず、iPhoneで簡易に一発どり。

しかも、適当なフレーズを弾いて録音し、何の編集もしていませんので、演奏と音質はご愛嬌ということで、ご容赦ください。

それでも、まあまあ雰囲気は分かっていただけるのでは?と思います。

ちなみに、Suhrのストラトで、ピックアップはリア側のハーフトーン(クリーン)で弾いてみました。

2012年8月10日 (金)

ASTERISQUE

Asterisque 車で代々木上原の近辺を通る際、いつも気になっていた「ASTERISQUE」というお店を覗いてみました。

アステリスクと呼ぶそうです。

店内は、お客さんであふれかえっていました。

私は、路上に車を止めていたため、急いでいたこともあったのですが、こちらのお店でも、カスタードクリーム系のお菓子を探したところ、エクレアが最初に目に留まりましたので、迷わず注文。

恥ずかしながら、またまた一個のみの購入です。

Asterisque_2 自宅に戻って早速食べてみたところ、これは、またまた大ヒット!

大変、美味しいエクレアでした。

外側の香ばしさと、中のカスタードクリームの絶妙なバランスは、最高です。

2012年8月 9日 (木)

表参道に、草間彌生さん?!

Photo_10 これは、表参道にあるルイ・ビトンのショーケースの中に飾ってあるリアルなフィギュアです。

最近のルイ・ビトンは、芸術家・草間彌生さんとコラボして、水玉をモチーフにしたデザインを展開していますね。

近くで見ると、まるで人間かと感違いするくらい、よくできています。

話のネタに、一度、ご覧になってみてはいかがでしょうか?

数年前、高中さんがライブでサーフボードに乗った人形を持ち出された時の事を思いだすのは、思い出すのは私だけでしょうか?

2012年8月 8日 (水)

目白の「丸長」復活?

Photo_9 先日、車で目白の駅前を走っている時、つけ麺で有名な「丸長」さんの前を通りました。

新築?(改装?)のため、もう二年近く、お店を閉められていたように思います。

ようやくお店(ビル)が完成したようですので、もうそろそろお店も再開されるのではないでしょうか?

私は、大の丸長ファンでしたので、早く、またあのつけ麺が食べたいものです。

甘酢っぱい独特のお味が変わっていなければよいのですが・・・。

2012年8月 7日 (火)

ECOLE CRIOLLO

Ecole_criollo 有楽町線の千川駅にあるECOLE CRIOLLO(エコール・クリオロ)という洋菓子屋さんに行ってきました。

こちらのお店に行くのは、何年ぶりでしょうか?!

実は、このお店がまだ有名なる前に、よくシュークリームを買いに行っていたのですが、先日、なぜか急にこちらのお店のシュークリームが食べたくなったので、ふらりとお邪魔したという訳です。

Ecole_criollo_2 以前は、午後に伺うとよく売り切れていることがありましたので、頑張って休日の午前中に早起きして訪問しました。

シュークリームは、以前と変わらず、一個300円とお高めのお値段でしたが、そのお味は知っていますので、迷わず購入。

Ecole_criollo_3 一個のみ、お持ち帰りで注文したのですが、保冷剤も一時間分つけていただき、更に店員さんがお店の外まで箱を持って見送ってくれるという、至れり尽くせりの接客で、申し訳ない気に・・・。

早速、自宅に戻り食べてみましたが、味は昔のまま変わらず、大変美味しいシュークリームでした。

Ecole_criollo_4 外側は香ばしく、中はたっぷりの美味しいカスタードクリーム。

うーん、もっと買えばよかった。。。

こちらのシュークリームは、本当にお奨めです。

有名になったこともあり、どうやら中目黒店やエキュート上野店もできたようですので、カスタード好きの方は、一度挑戦されてみてはどうでしょうか?

2012年8月 6日 (月)

コメダ珈琲店

Photo_3 休日の朝食に、最近都内でも流行の「コメダ珈琲店」に行ってきました。

もともとは、名古屋が本拠地のお店ですが、最近爆発的にヒットしてきており、都内にもフランチャイズ展開されているようです。

ネットで調べたところ、私の自宅から最寄りのコメダ珈琲店は、車で20分位のところにありましたが、初めてお伺いするお店で勝手がわかりませんので、とにかく並ばないでいいように朝8時過ぎにお邪魔しました。

ところが、すでに駐車場は満車、さらにのお店の中でも順番待ちです。

東京での人気ぶりが伺えます。

Photo_5 お店の中は、昭和の古き良き時代の雰囲気。

決して豪華やお洒落という店内ではなく、あくまでも木を中心にレトロな感じを醸し出しています。

私が注文したのは、ブレンドコーヒー400円ですが、朝は7時から11時まで、ゆで卵とトースト半キレをモーニングとして無料でつけていただけます。

Photo_6 正直、コーヒーは値段に比して特別に美味しいとは思いませんが、トーストは厚みもありますし、柔らかく、大変美味しくいただきました。

そういえば、昔、池袋の西口に「蔵王」という喫茶店があり、飲み物を頼むと、トーストとゆで卵が何個でも食べることができるお店がありました。

貧乏学生だったころ、よくお世話になったものです。

コメダ珈琲店も、せっかく、トーストが美味しいのですから、お代りにを自由にしてくれるといいのですが・・・。

Photo_7 また、コメダ珈琲店と言えば、シロノアールというデザートが有名です。

せっかくお邪魔したのですから、こちらもミニサイズ390円を食してきました。

しかし、いくらミニサイズとはいえ、朝からトーストに加えてこれは食べきれず、残念ですが半分を残すはめに。。。

Photo_8 さらに後口が悪かったので、たっぷりアイスコーヒー500円も追加。。。

都内は競争が激しいので、もっと安くて、美味しいお店も沢山ありますが、ファミレス感覚で、昭和の喫茶店を味わえるところがこちらのお店の人気の理由なのでしょうね。

結局、朝から一人で1,290円も使ってしまいました。

一人あたりの単価が高くなるメニュー構成なので、きっと、かなり儲かっていると思います。

また、機会があれば、違うコメダ珈琲店にリピートしてみたいと思います。

2012年8月 5日 (日)

気分晴らしのネオン

Photo_2 しばらく、ブログを書いていませんでしたので、ギターの話題ではなく、数日は、その間にあった事柄を中心に書いてみたいと思います。

さて、最近は仕事上も嫌なことが多く、更にプライベートでもこの半年間、辛い出来事が多々あり、なかなか気分が晴れないので、先日購入したばかりの新車に乗って、夜な夜な都内をドライブしてきました。

海岸沿いを走ろうと、海に向かっていたところ、運転中に、東京タワーがあまりに奇麗だったので、思わずiPhoneで撮影。

・・・あまり上手に写せていませんね(悲)。

感動した東京タワーのネオンをリアルにお伝えできないのが残念ですが、奇麗なネオンを見れて、少し気分が晴れた気がします。

2012年8月 4日 (土)

Le Pain Quotidien

Le_pain_quotidien_1_2もう、かなり前の話ですが、休日出勤前に、芝の増上寺の隣にある“ Le Pain Quotidien”ル・パン・コティディアンに行ってきました。

以前から気になっていたお店でしたので、少し早起きして、お昼ご飯用のパンを買うことに・・・。

店名は、フランス語で“日々の糧”を意味しているそうです。

Le_pain_quotidien_2

「毎日食べるものだからこそ、心と体に優しいシンプルなものを」というのがコンセプトだそうで、とても共感の持てるお店です。

朝7時半から夜10時まで営業しているので、我々サラリーマンも比較的、利用しやすいですね。

さて、買ったパンは写真を撮り忘れてしまいましたが、贅沢なほど具材が詰まっていますし、パンも噛めば噛むほど、小麦の味がします。

とても、いいお店でしたので、これからは常連になろうかと。。。

Le_pain_quotidien_3

今度は、ゆっくり休める日に、テラスで優雅にモーニングか、ランチをいただきたいと思います。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ