« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

今年もありがとうございました!

20111231 2011年(平成23年)も、いよいよ本日で終わりです。

今年も沢山の方にブログをご覧いただきありがとうごさいました。

この一年、震災に始まり、節電、円高、政治の混乱、世界的不況などあまり良い話はありませんでしたし、仕事面でも入社以来の二十数年間で、こんなに上手くまわらなかった年はありません。

自分自身の存在価値について、改めて考えさせられた一年でもありました。

一方、趣味の面でも、1年半近くかかって未だにメインシステムの総入替が終わりませんでしたし、オリジナルのギター構想も中途半端なままで終わるなど、本当に後悔の一年でした。

しかし、被災地でご苦労されている方々に比べれば本当に贅沢な悩みですね。

さて、今年のブログはこれにて終了です。

来年は、仕事も、趣味も、プライベートも、大きく飛躍する年にしたいなぁと思っています。

それでは皆さん、良いお年をお迎えください!

2011年12月30日 (金)

40周年記念最終章 カウントダウンライブ

Live_2 40周年記念最終章 カウントダウンライブも、いよいよ、明日に迫りましたね。

さすがに、私はこの年末に大阪までは行けませんので、今回は見送りです。

でも、どんなライブになるのか、本当に楽しみです。

行かれた方は、是非とも、ライブレポートをお願いします。

このLIVEもDVDになるといいなぁ~♪

2011年12月29日 (木)

Axe-FxII 発売

昨日、Okada Internationalより、ようやくAxe-FxIIが発売されるとのアナウンスがありました。

当初の発売予定から約半年遅れでの日本入荷です。

私は、過去に持っていたメインシステムを全部売り払い、このAxe-FxIIの発売を待っていましたので、ようやく入荷かぁ〜という感じです。

しかし、世界的に生産数が追いつかないため、徐々にしか日本に入荷しない模様。

この半年間、ずっと自宅でギターを鳴らせる環境がなかったこともあり、入荷が待ちどおしいのですが、私の手元に届くのはいったいいつになることやら・・・。

2011年12月28日 (水)

椰子の木インレイシールのその後

Mail

以前、100万アクセス突破記念のプレゼントで、椰子の木インレイシールが当選された方から、先日メールをいただきました。

現在、ギターは弾かれていないそうなので、プレゼントの椰子の木は、毎日身近にある携帯電話に貼られたとのこと。

これがその画像です。

いや〜、すごく似合っていますね。こんな貼り方もあるんだなぁ〜と再認識させられました。

しかも、剥がれないように保護シールまで貼られたとのこだわりよう。

そうなんですよね。このインレイ、薄い様で意外に厚く、剥がれこそしないのですが、ギターを弾くときは、ついつい恐る恐るスライドやチョーキングをしてしまうんです。

これって、私だけでしょうか?!


2011年12月26日 (月)

予約状況

さて、来年2月にあるNARADA MICHAEL WALDENと高中さんのコラボライブですが、気になってBlue Note TokyoのHPを除いてみました。

・・・まだまだ余裕があるようですね。

少し、お高いからでしょうか?!

間近で高中さんのプレイを見れるャンスですから、すぐに完売!?するかと思っていたのですが、意外や意外です。

実は、約20年近く前に、新宿の日清パワーステーションで、高中さんのライブを見た事がありますが、この時もかなり間近で演奏を見ることができて、いたく感動した記憶があります。

さあ、お近くの方は、2月はみんなで「奈良だ」!

2011年12月25日 (日)

クリスマスには、O'Holy Night

Oholy_night 今日は、クリスマス。

皆さんは、家族や恋人に、そして自分に何かクリスマスプレゼントをされましたか?

三連休ということもあり、皆さん、家族や恋人同士で、楽しいクリスマス?を過ごされているのではないかと思います。

さて、私はというと、こんな古いアルバムを引っ張り出してきて聞いています。

知る人は知っているかと思いますが、これは、高中さんがクリスマスソングをカバーした「O'Holy Night」というCDですね。

ノリのいいクリスマスソングもいいですが、こういう定番の曲を集めたインストゥルメンタルのクリスマスソングを聞くのも、味があってまたいいものですヨ。

2011年12月24日 (土)

UG-1000 T-sound MOD

Ug1000_tsound_mod 先日からの画像、実は、UG-1000なんです。

UG-TAKANAKAも大変素晴らしいウクレレギターですが、サウンド面では、マホガニーの柔らかい温かみのあるリバーブが自然に残るUG-1000も捨てがたい・・・。

サウンドは賛否両論ですし、甲乙つけがたいかと思いますが、あくまでも個人的な主観の世界の話です。

しかし、外装やデザインは、UG-TAKANAKAの方が好みだし・・・。

ということで、10月に売却したUG-1000のお金を元手に、思いきってMOD用のUG-1000を改めて格安で購入。

偶然にも、売却金額に多少の追金で購入できましたので、外見を少しだけいじってみたという訳です。

しかし、UG-1000を一度売却して、また同じUG-1000を購入するなんて・・・と、周囲からはかなり呆れられています。

しかし、これは、こだわりたい人にしか理解できない行動だと思います。

そんなこんなで、今はこのUG-1000で、クリスマスソングを弾いています…。

2011年12月23日 (金)

エンドピン装着

Ug1000_2 さて、今日はキュートなヒップ姿です。

実は、エンドピンを装着してみました。

これもまた結構気にいっています。

全体像のご紹介は、明日に続きます…。

2011年12月22日 (木)

椰子の木のインレイに交換

Ug1000 しばらくブログのアップが滞っていた間も、色々と計画が進んでいます。

実は、エボニー指板にある5フレットのポジションマークを白蝶貝でできた椰子の木に替えてみました。

以前は椰子の木のシールを張っていましたが、今回、あえて本物のインレイに挑戦!

ポジションマークのドットを一度取って、椰子の木のマークを埋め込んでも、隙間なく、こんなに綺麗に仕上がるんですね。

実は、結構気に入っています。

2011年12月21日 (水)

Ukulele Seyshelles 新・旧Two Shot

Ukulele_seyshelles_shot ファーストアルバムのSeyshellesと、この度新しく発売されたUkulele Seyshellesとを並べて、新・旧でTwo Shot写真を撮ってみました。

皆さんは、どちらのジャケットがお好きですか?

私は、やはりUkulele Seyshellesのジャケットかなぁ~。

2011年12月20日 (火)

聞いてみました!Ukulele Seyshelles

Ukulele_seyshelles_2 昨夜、早速、Ukulele Seyshellesを聞いてみました。

原曲のアルバムとは、また味付けが異なり、どれもいいですねー。

もちろん、全曲UG-TAKANAKAで録音されているんだと思いますが、素直な音色でCDによくあっている気がします。

個人的には、その中でも、「サヨナラ…FUJIさん」、「バードアイランド急行」あたりが意外に好きです。

こんなにウクレレギターに合う曲だとは思いませんでした。

自分が歳をとったからかもしれませんが、こういう曲の方が最近は気持ちがなごんでいいです。

さて、正月休みは、このアルバムの中から何曲かをカバーするぞ!(もちろん、仕事が休めたら…の話ですが。。。)

2011年12月19日 (月)

到着!Ukulele Seyshelles

Ukulele_seyshelles_cd 先日発売された高中さんの「Ukulele Seyshelles」が、本日ようやく我が家にも届きました。

それにしても、ジャケットの絵がきれいですねー。

まだ、中身は聞いていませんが、今夜これからゆっくり聞いてみたいと思います。

既に聞かれた皆さんは、どんな感想をお持ちですか?

2011年12月18日 (日)

粋な演出

001 高中さんの「40周年記念スーパーコレクション」LIVEの中で、アンコール前の最後の曲のエンディング部分で、画像のようなテープが大量に会場に振ってきました。

今までにない、粋な演出ですね。

私を含めて、会場にいた方々は、このテープをかき集めておられましたが、それでも、帰りには、まだまだ会場にたくさん残っていました。

掃除が大変だー、と気になっていたのは、私だけでしょうか?

また、ここ最近のパターンでは、3度目のアンコールでウクレレギターを持って一人出てこられることが多かったのですが、今回のライブでは3度目のアンコールはありませんでした。

残念でした。。。

2011年12月17日 (土)

NARADA MICHAEL WALDEN & 高中 in Blue Note Tokyo

Photo

昨日、高中さんの「40周年記念スーパーコレクション」LIVEに行った際、いただいたチラシの中に記載がありました。

なんと、あのNARADA MICHAEL WALDENと高中さんが、来年の2月2日(木)~2月5日(日)までの間、Blue Note Tokyoで一日2ステージづつ演奏されることが決まったようです。

うーん、SAUDADEのアルバムが出た頃を思い出しますね。

これは、もう二度と見れないコラボかもしれません。

ご予約は、お早めに。

http://www.bluenote.co.jp/jp/artist/narada-michael-walden/

2011年12月16日 (金)

40周年記念スーパーコレクション

Dvd_2 本日は、渋谷のNHKホールで、高中さんの「40周年記念スーパーコレクション」LIVEがありました。

画像はプレミアムシートの引換券でもらうことができたDVDとポスターです。緑色のものは、それが入っていたビニール袋です。

私は、1階のC4列でしたが、お近くの方はおられたでしょうか?

さて、DVDは中身が気になるところですが、しっかり見てから、また後日、レポートしようかと思います。

それにしても、今日のライブは凄かった!

人によって感じ方は異なるかと思いますが、少なくとも、私にとっては過去に見た高中さんのライブで最も感激しました。

なんと!一曲目はいつも終盤に演奏されるあのヒット曲で、最初から総立ち状態!これだけでも、どれだけ感動したかが、想像していただけるのではないか?と思います。

大阪のカウントダウンライブも、バンドメンバーがほぼ同じであることから、ネタバレにならないよう、セットリストの公表は控えておきますが、往年の高中ファンには泣ける選曲ばかりで、あの曲も、この曲もという感じでした。

しかも、あの曲をこのギターで弾くか?的なものも数曲あり、とにかくDVDの発売が楽しみです。

是非、一曲ももらさず収録していただきたい!と思います。

Live いつも、グッズは複数購入するのですが、今回はお金もないので、1,500円のパンフレットのみで我慢…。

年末の大阪でも、おそらく同じ種類のものが販売されることでしょう。

本当に今日は素晴らしい一日でした。

2011年12月 7日 (水)

ベスト10

高中さんの公式weblogには発表されていませんが、年末のライブで演奏してほしい曲のベスト10が発表されていました。

応募総数は、27,000通だったとのことです。

さて、結果は・・・

1位:SPACE WAGON(FINGER DANCIN’・1980年)

2位:YOU CAN NEVER COME TO THIS PLACE(虹伝説/THE RAINBOW GOBLINS・1981年)

3位:渚・モデラート(TRUMATIC 極東探偵団・1985年)

4位:The Moon Rose (虹伝説/THE RAINBOW GOBLINS・1981年)

5位:BLUE LAGOON(JOLLY JIVE・1979年)

6位:READY TO FLY(TAKANAKA・1977年)

7位:空ド白ソ(T-WAVE・1980年)

8位:メドレー(OCEAN BREEZE・1982年/ライブアルバム)

9位:Breakin’Loose(SAUDADE・1982年)

10位:TROPIC BIRDS(SEYCHELLES・1976年)

2011年12月 3日 (土)

気になる SA170 Programmable EQ


この一ヶ月以上、あまりに仕事が忙しく、まったくブログか更新できていませんでした。

多くの方から、「元気か?」「生きてるか?」とのご連絡いただくなど、多数ご心配をおかけしておりましたが、なんとか生きております。

体力的、精神的にはボロボロですが・・・。

そうこうしている間に、もう12月。本当に一年は早いものです。

さて、先日、Source Audioから、SA170 Programmable EQという優れもののイコライザーが発売されました。

±18dBで7バンドのLED表示のEQを装備したデジタルイコライザーです。

なんと、プリセットも4つまで保存できますし、ギター、ベースの双方に使用でき、操作が簡単そうです。

しかもアウトプットを調整する事で、最大12dBのクリーンブーストまでも可能です。

また、プログラム設定した音色を断続的に可変させるオートスクロール機能がありますので、トレモロやオートワウの音色も再現できるようです。

もちろん、トゥル−バイパスですし、MIDIも使えるという、いたれり尽くせりようです。

イコライザーも、ついにここまで進化したか!という感じですね。

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ