« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月28日 (日)

到着!椰子の木 インレイ・ステッカー

Photo 先日、自分でデザインした椰子の木ですが、実はJockomoさんに特注のインレイ・ステッカーとして製作をお願いし、昨日、それが自宅に届いていました。

また、Jockomoさんで通常販売されている椰子の木のインレイ・ステッカーも、少しデザインを変えていただき、更に大きさも特注で2種類作っていただきました。

こちらの変更は、非常に微妙な違いなので、よくよく見ないとわからないほど、かなりマニアックなものです。

ヒントは、椰子の木の土台左側部分…とでもいいましょうか。。。

さて、今日は久しぶりのお休みですので、早速、UG-1000に張ってみたいと思います。

2011年8月27日 (土)

Freedom F54 Shiner

Freedom_f54_shiner 少し涼しくなってきましたので、夏の間に付着したギターの汚れをきれいにしようと、新たなポリッシュを買ってきました。

最近一番よく使うMcCarty58の塗装は、V12といい、PRSが約12年にわたる開発期間を経て誕生したフィニッシュが採用されています。

アクリルとニトロセルロースラッカーの中間的な特徴を持っているため、薄くてクラシックな質感を持っています。

また、ボディから独特の香りがするのも特徴です。

しかし、塗装が薄いからと言って、ニトロセルロースラッカーのように弱いわけではなく、堅く、しかもクリアです。

私は通常乾拭きしかしていませんが、このV12をまとったボディを磨くのには、やはりラッカー対応の中でも最も刺激の少ないタイプがよいだろうと思い、「Freedom F54 Shiner」というポリッシュを選びました。

次のお休みは、ボディ磨きにいそしもうと思います。

2011年8月26日 (金)

C.B.I.ケーブル

Cbi 先日、いつもよくしていただいている楽器店で、C.B.I.ケーブル(3m)をいただきました。

Beldenの線材を使ったコストパフォーマンスに優れたケーブルですね。

プラグは、Switchcraft社製の物と、G&H社製の物がありますが、私がいただいたのはG&H社製のタイプです。

最近、色々な種類のケーブルが手元に集まってきていますので、今年中には弾き比べをして、レポート結果をアップしたいと思います。

2011年8月24日 (水)

謎のペグ!?

Mccarty58_phase_3 昨日、新たな発見がありました。

私の持っているMcCarty58ですが、ペグが、PRSのHPに記載のPhaseⅢではなかったということは、先日ご紹介しましたが、これは初期ロットのためだとの説明を受けていました。

そのため、私は、今日まで、このペグをてっきりPhaseⅡだと思い込んでいました。

しかし、ペグボタンがPhaseⅢと同じように大きくなっていること、ペグの取り付けネジが斜めに2個ついていることから、どうやら通常ラインナップでは見かけない特殊なペグである事が判明。

通常、PhaseⅡはペグの取り付けネジは1個ですし、PhaseⅢだとペグの取り付けネジは真直ぐに2個ついていますので、このペグは見た事がないのです。

うーん。このペグの正体やいかに。。。

2011年8月23日 (火)

これって…椰子の木?

Photo 紙に印字した椰子の木を夜な夜なUG-1000のヘッドやフレットに合わせてみました。

さて、どうでしょう・・・。

なんかもう少し、いいアイディアはないかなぁ??

2011年8月22日 (月)

D'Addario EJ45

Daddario_ej45 昨日、日曜日は、予定していた用事がなくなったので、休日出勤して仕事をしていました。

その後、帰りに銀座の山野楽器によったところ、店内に、「現在セール中。表示価格の最大30%オフ!」との表示が・・・。

いやぁ~、おやじは、バーゲンに弱いのです。

しかし、さすがに高いものは購入できませんので、以前から欲しかったギタレレの弦を購入することに。

メーカーに確認したところ、出荷時にUG-1000に張ってある弦は、通常のクラッシクギターと同じ、D'AddarioのEJ45という弦だそうです。

弦を頻繁に買いに行くのも面倒ですし、セール中で幾分安かったということもあり、同じ物を3セット購入。

近々、張り替えようと思います。

2011年8月21日 (日)

紅葉(Momiji) ギタレレVerのTAB譜

Photo 高中さんがギタレレで弾かれている曲の中で、もう少し簡単な曲のTAB譜をお願いしますとのお申し出がありました。

そこで、今回は、昨年、高中さんがアップされていた「紅葉」のTAB譜に挑戦してみました。

しかも、ここ数日、一気に涼しくなり、秋の気配が漂ってきましたので、ちょうどよいかな・・・と。

なお、かなり適当に採譜していますので、このTAB譜をもとに、適宜アレンジしてもらえるとありがたいです。

念のため、PDFと音源もアップしておきます。

「Momiji.pdf」をダウンロード

「Momiji.mid」をダウンロード

2011年8月17日 (水)

伊豆の甘納豆り(amanatsu) ギタレレVerのTAB譜

Amanatsu ついつい調子に乗って、高中さんがブログでアップされていた「伊豆の甘納豆り(amanatsu)ギタレレVer」を徹夜で採譜してしまいました。

今週15日(月)から、会社が始まっているというのに…。

いけません・・・。(反省)

高中さんの曲は、同じようなフレーズでも、音やリズムが全て微妙に異なるため、ついつい完コピしようとしたら、いつの間にか、朝に。。。

ご参考までに、TAB譜とソフトの音源をアップしておきます。

雰囲気は、出ていると思いますが、いかんせん、フリーソフトで作成したものですので、これが限界かと。。。

また、釈迦に説法ですが、ギタレレ(ウクレレギター)は、通常ギターの5カポの音程になります。

クラッシクギターで弾かれる場合は、5カポをお忘れなきよう。

「vertab.pdf」をダウンロード

「ver.mid」をダウンロード

2011年8月16日 (火)

PRS MC-58のペグ

Mccarty58phase 以前、ブログにも書いたかもしれませんが、私のPRS McCarty58は、今年、日本で発売された導入当初の初期ロットですので、実は現行型とはペグが異なります。

現行型のペグはオーオプンバックタイプのPhaseⅢで、ノブもクローム製ですが、私のペグはクローズドバックタイプのPhaseⅡで、純正ノブはエボニー製です。

今はノブは替えてしまいましたが…。

もともと、Webやカタログには、McCarty58のペグはPhaseⅢだと記載されていますので、メーカーに問い合わせたら、希望によって、無償で取り替えていただけるとのこと。

購入時は、PhaseⅢがどんなペグか知りませんでしたので、「なんか、今までとあまり変わらないなぁ」「変だなぁ」と思って購入したことを思いだします。

やはり、このあたりがアメリカ的というか・・・。

ペグは、折角ですからPhaseⅢに変えていただこうと思います。

しかし、納期は未定との事。

現行製品のパーツですから、在庫はたくさんあるはず?なのに?と思うのは私だけでしょうか。。。

2011年8月15日 (月)

UG-1000のペグ

Ug1000 ギタレレの話題ついでに、今日は私の持っているUG-1000のペグについて書いてみたいと思います。

今まで、あまり気にした事がありませんでしたが、ペグをよく見ると、なんとオープンバックタイプになっていて、ネジがむき出しになっています。

UG-1000はGotoh製のペグですが、最近のPRS製品も、高級なラインアップには、PhaseⅢというオープンバックタイプのペグが採用されています。

局所的な流行?なんでしょうか?!

本体の作り自体が良い事もさることながら、パーツにもこだわっているからこそ、やはりUG-1000は音が良いのでしょうね。

ちなみに、ご存じだと思いますが、UG-1000のUGは、ウクレレギターの略ですね。

最近ではギタレレといういう人が増えてきましたが…。

2011年8月14日 (日)

一番好きな海の色 ギタレレVerのTAB譜(2)

Photo本日で夏休みも終わりです。

残念ながら、夏休み期間中では、ここまででしか作れませんでした。

しかし、疲れたぁ~。

この作業は、日常では、とてもする時間がないので、また、纏まった休みがとれる次の機会に続きをアップしたいと思います。

はたして、いつになることやら・・・。

自分が曲を忘れないためにも、ギタレレを頻繁に弾いているうちに、書き留めておかねば…。

ご参考までに、ここまでのTAB譜とソフトの音源を掲載いたします。

適宜、ご活用ください。

「ver138.pdf」をダウンロード

「ver138.mid」をダウンロード

2011年8月13日 (土)

到着!Diamond Comp

Diamond_comp 先日、立川の青江楽器で購入したDiamond Compが、昨日、自宅に到着しました。

メーカーから外観のよい筐体を複数台選んで取り寄せていただき、その中で最も良いものを送っていただきました。

サウンドもさることながら、Diamondにしては、かなり筐体も綺麗で、とてもうれしいです。

このコンプは、ゆくゆく、メインシステムに入れようと考えていますが、思い入れもありますし、しばらくは、単体で楽しもうと思います。

早速、音を出しましたが、評判に違わぬ、大変素晴らしいコンプです。

私は、クリーンサウンド時のコンプには、今まで色々とこだわってきましたが、これで、ようやく、WhirlwindとDiamondに落ち着くことができそうです。

今まで買った沢山のコンプやMODしたコンプは、嫁ぎ先で元気にやっているでしょうか?

ふと気になりましたが、これらの過去のコンプのおかげで、ようやく自分に納得のできるコンプに出会うことができましたので、感謝感謝です。

2011年8月12日 (金)

一番好きな海の色 ギタレレVerのTAB譜(1)

Ver18_2 節電のせいもありますが、最近は時間さえあればギタレレのUG-1000ばかり弾いています。

その際、「一番好きな海の色」のギタレレ・バージョンは必ず弾くのですが、耳コピ(DVDの目コピ?)ですので、この夏休み後半を使ってTAB譜に挑戦しようかと・・・、一念発起。

実は昨日も日中は会社で仕事をしていましたので、夜中から数時間かけて、パソコンにTAB譜作成ソフトを導入し、曲の最初の方だけ、譜面にしてみました。

この曲は、すでに、色んな方が譜面にされておられますが、やはり自分の弾き方にこだわった採譜で、TAB譜にしてみたいと思います。

しかし、これって結構大変ですね。

楽譜は、画像をクリックして拡大してご覧ください。

今回は、初めてTuxGuitarというフリーソフトを使用しました。ソフトのダウンロードや使い方を把握するまでは、結構大変でしたが、慣れれば大したことはありません。

ご要望が多ければ、続きを採譜してみようかな?と思います。

ご参考までに、今日作成した箇所までのTAB譜(PDF)を添付しておきます。

「ver18.pdf」をダウンロード

2011年8月11日 (木)

ウクレレギターのヘッドインレイ

Photo 昨日も、夏期休暇中でしたが、会社に行っていました。

休暇中で人のいない静かな時の方が、普段ゆっくり考えられない知的な企画ができていいですね。

さて、昨日は、会社帰りに夕方6時から散髪に行き、その後、椰子の木インレイのデザインをPCで作成してみました。

これは、ウクレレギターであるUG-1000のヘッドにどうかな?と思っています。

うーん。どこかで見たような・・・

2011年8月10日 (水)

立川出没!

Diamond_comp_aoe_gakki 昨日は、夏休み中ではありましたが、他部門から急ぎの仕事を頼まれたため、会社へ行ってきました。

いやぁ〜。しかし、昨日はものすごく暑かったですねぇ。

会社は都心にあるのですが、帰り際に涼しくなってから、立川まではるばる中央線に乗って、行ってきました。

目的は、青江楽器というお店に行くためです。

見た目は、街にある普通の楽器店ですが、コンパクトエフェクターの品揃えは、大手他店に負けません。

私は、こちらのお店で過去にエフェクターを二台購入いたしましたので、今回で3回目ということになります。

実は、立川に電車で降り立ったのは初めてで、あまりの街の大きさにびっくりしました。

なんと、ちょっとした地方の県庁所在地くらいの規模です。

今回のお目当ては、Diamond社のコンプレッサーで、実物がこの画像です。

なかなか日本に在庫がなく、ようやく見つけた一台です。

昨日は、一旦、お金のみお支払いし、後日、メーカにある在庫から実物を取り寄せていただくことになりました。

店長のAさんが、大変気さくな方で、また伺わせていただきたいと思うようなお店です。

通販もされていますので、機会があれば、是非一度、ご利用されてみる事をおすすめします。

大変、良いお店だと思います。

2011年8月 9日 (火)

椰子の木 インレイ・ステッカー

既に、高中さん関係のことを書かれているブログで話題になっていますが、ギターのヘッドやポジションマークのインレイや、ロゼッタの本物そっくりのステッカーを販売されているJockomoさんから、ついに椰子の木バージョンが発売されたようですね。

以前、私もこんなのができるといいなと、要望を出しておりましたが、どうやら多くの方から問い合わせがあったのではないでしょうか?

さて、椰子の木は、ギター用とウクレレ用の二種類。

私は、White Silverでできたウクレレバージョンが欲しいなぁと思っています。

残念ながら、権利関係の問題もあり、ブログに画像はアップできませんので、以下のサイトからご確認ください。

http://strappers.ocnk.net/

2011年8月 8日 (月)

気になるFRYETTE S.A.S.


そういえば、先日、FRYETTEから、S.A.S.というエフェクターが発売されましたね。

FRYETTEが作った初のコンパクトエフェクターという点と、真空管によるオーバードライブ/ディストーションという点から、これもかなり気になるエフェクターです。

まさに、高中サウンドに合いそうな雰囲気的を醸し出しています。

サウンドの可能性が高く、かなりのポテンシャルがありそうな・・・そんな予感。

機会があったら、是非、試してみたい歪みです。

2011年8月 7日 (日)

気になるDigitech Whammy DT

本日8月7日(日)から、いよいよ夏期休暇です。この休暇は、とにかく身体を休める期間にしようと思います。

さて、初日は気になっていたエフェクターの紹介からです。


これさえあれば、高中さんのあの宇宙人の音も、らくらく再現できますね。

右側の部分が、今までのWhammyから増設されかなり大きくなっていますが、どうやら右下のモーメンタリースイッチで、設定したチューニングに一発で切り替えられるようです。

2011年8月 6日 (土)

気になるCAJ STOMP STAGE

そういえば、先日CAJからSTOMP STAGEが発表されましたね。

CAJでエフェクトボードを作る際、エフェクターのかさ上げをする時は、今まで黒く塗装した木材を使っていましたが、それを汎用の鉄板で作り市販品にしたというイメージでしょうか。

これで、エフェクトボード内のエフェクターの取り回しや操作性がますこと間違いなしです。

一年半前くらいに、CAJを訪問した際、このようにエフェクターを持ち上げる鉄板があると、エフェクトボードの自在性が高まりますよね。と、スタッフの方と話していたことを思い出します。

実は、その時に、CAJの事務所に置いてあった試作品のラックボードがヒントになり、現在製作中である私の新しいメインシステムの最上段に位置するヘッドアンプ上のボードラックのアイディアが生まれました。

2011年8月 5日 (金)

Strymon TimeLineの日本語説明書

Strymon_timeline_start_up_guide Strymon TimeLineですが、実は、日本導入が早すぎたのか、正規輸入品であるにもかかわらず、残念がら、日本語説明書が入っていませんでした。

箱の中には、日本語と英語で書かれた簡単なスタートアップガイドのみなのです。

恐らく、これからネット上でPDFを使って配布されるのだと思いますが、Strymonの場合、セッティング例が、公式HPでもたくさん公開されていますので、困ることはなさそうです。

その他の機材も含めて、皆でセッティング例を公開しあえば、もっと機材の普及がすすむのになぁと思います。

追伸〜コメントに、時間やお金のある独身の方?とメッセージがありましたが、残念ながら、私はお金も自分の時間もほとんどない、どちらかというと、しがない、冴えない、中年サラリーマンです。

過去、何年もかけて地道にお金を貯め、少しづつ買いそろえてきた物を、この1〜2年で売却し、そのお金で新しい物を購入してきましたが、もうまったくお金がありません。今後は、どうするT-sound!といった感じでしょうか。

2011年8月 4日 (木)

2011ポータブルセット2号機の後ろ姿

2011_2 早速、2011ポータブルセット2号機のボード裏面を見せてほしいとのご依頼がありましたので、今日は画像おアップいたします。

画像をご覧になっていかがですか?

さすが、プロの仕事ですので、大変、きれいに仕上がっています。

ボードスペースの都合上、直列につないでいますが、もちろん、ノイズもありません。

Guitar Shop Z'sは、本当にお奨めのお店の一つです。

2011年8月 3日 (水)

完成!2011ポータブルセット2号機

2011 本日は、いよいよ昨日の「謎の光」の公開です。

既に、昨日の画像でお分かりの方もおられたと思いますが…、そうなんです。

ついに、2011ポータブルセット2号機が完成したのです。

これは、ご覧のとおり、空間系が全てStrymonなシステムになっています。

接続順は

  1. Sonic Research Turbo Tuner ST-200
  2. WhirlWind The Red Box
  3. Suhr Riot
  4. Guitar Shop Z's Original EP-Booster & Buffer & Volume Control
  5. WEED Mod MXR Phase 90/3-way-Vari-sw-Hi-Fi
  6. Strymon Ola Chorus
  7. Strymon TimeLine
  8. Strymon BlueSky

やはり、今回の目玉は、なんといってもStrymon TimeLineの導入です。

Strymon TimeLineを使ったシステムを作った方は、まだ、そうそうはおられないのではないかと思います。

下の段のエフェクターは、スペースの問題もありますが、上下交互に組み込み、踏みやすくなっています。

これはこれで、完成されたシステムであり、今後は好きな歪みを入れ替えていこうかなと思っています。

ボリュームペダルや、オートワウを使いたい時は、ペダルの前に外出しで置くことで対応できますので、大変便利です。

もちろん、製作は、今回もいつもの高円寺のGuitar Shop Z'sにお願いしました。

気になる方は、是非お問い合わせを!

2011年8月 2日 (火)

謎の光?!

Strymon_system1この画像はピンボケではありません。

少し、思わせぶりな画像ですみません。

実は、これ、新しいシステムの画像なんです。

先日の日曜日は、久しぶりに休日にお休みしましたので、このシステムを作っていただいたりしていました。

それにしても、たまのお休みだと、やることがたくさんあり、楽器店にいた時間は、機材を預けて引き取りにいったわずか5分程度でした。

Strymon_system2_2 詳しくは、明日のブログにアップしますが、二枚目の画像で少し予想がつく方もおられるのでは?ないでしょうか?

さて、謎の光の正体や如何に!

2011年8月 1日 (月)

Van Den Hul The Integration Hybrid Lava

Van_den_hul_the_integration_hybrid_ 以前から注文していたVan Den Hul The Integration Hybrid Lavaが、ようやく手元に届きました。

この金色のケーブルの色がたまりませんねぇ。

さて、以前から噂では聞いていましたが、とにかくケーブルが硬い。いや硬すぎます。

多くの方が、「このケーブルは、ギター用のどのケーブルよりも最高だ」と言われますが、まさに質実剛健。

この硬さが品質の良さを物語っています。

しかし、このケーブル(シールド)はお値段もお高いです。

とてもおいそれとは買える金額ではありません。

さて、これで、以前からこだわりたいと思っていたケーブル(シールド)である、

  1. B.AIR. Mighty Shield
  2. Colossal Cable Sweet Fat
  3. Van Den Hul The Integration Hybrid Lava

の3種類が揃ったことになります。

Van_den_hul_the_integration_hybri_2 これで、メインシステムができあがれば、自宅機材の入替はすべて完了です。

メインシステムが完成しましたら、この3種を弾き比べてレポートをしてみたいと思います。

さて、私のメインシステムの中核をなす予定のFractal Audio Axe-FxⅡは、本当に8月に日本に導入されるのでしょうか?!

聞くところによると、Fractal Audio Axe-FxⅡは、世界的な大ヒットととなっており、バックオーダーが凄い数になっていると聞きました。

早く予約しておいてよかったです。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ