« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

オーダー完了!PRS Private Stock

Prs_private_stock_order_sheet 現在、早朝4時。いつも起床する時間です。

ここのところ、本当に仕事が忙しく、全く休みもなかったため、仕事で会社と家を往復する以外は、何もすることが出来ませんでした。

そこで、本日の日曜日は、久しぶりに仕事を休もうかな?と思っています。

仕事上、やることはたくさんあり、本当は今日も仕事に行かなくてはならないのですが、さすがに身体がもちません・・・。

睡眠、マッサージ、整体、針等、あらゆる手を尽くして、今日はとことん身体をメンテナンスする日にしようと思っています。

さて、先日、仕様の詳細が全て確定し、ついに念願のPrivate Stockを正式に2台オーダーすることができましました。

見積もり開始から、オーダー完了までの期間は約半年。本当に長い道のりでした。

詳しくは、後日ブログにアップしますが、1台はYAMAHA SG-MTを意識したPRS Ted McCarty DC245ベースのモデル。

もう1台は、YAMAHA SG-T3を意識したPRS Ted McCarty DC245ベースのモデルです。

さて、呼び名はどうしましょう?!

Ted McCarty DC245ベースのギターですから、MTではなく、TMと呼ぶか・・・。などと、くだらない妄想を日々張り巡らせております。

現在の有力案は、T-soundという名前とも兼ねて、TM-1、TM-2と呼ぼうかな?と考えています。

まだ最終確定しておりませんので、もし、良い呼び名を思いつかれた方がおられれば、ご連絡ください。

ご協力よろしくお願いします。

2011年7月23日 (土)

復元

Korg_brokern この暑さのせいか、ついにKORGのクリップチューナーも壊れてしまいました。

ここ最近、節電しようと、ウクレレばかり弾いていたからでしょうか?

暑さのせいもあったのでしょう。

ボディを挟むゴム部分が画像のように取れてしまいました。

でも、すぐにはめ込んだので、一見、何事もなかったかのうように、綺麗に復元できちゃいました。

ラッキー。

2011年7月22日 (金)

発売延期・・Axe-FxⅡ

残念なお知らせです。

そういえば、Axe-FxⅡの国内発売が、8月中旬に延期になったようです。

当初、6月末発売予定でしたが、それが7月中旬発売予定に変更となり、今回8月中旬発売予定に変更となりましたので、これで二度目の延期ということになります。

これでまた、私のメインシステムの完成が一足先に伸びてしまいました。

さて、Axe-FxⅡには、アンプのモデリングが沢山入っていますが、最近、高中さんが使われ始めた「Carol-Ann」もモデリングの一つとして採用されていますので、楽しみにしています。

私の場合、アンプとして、ラックエフェクターとして、コンパクトエフェクターとして、ヘッドフォンアンプとして、スピーカー・マイクシミュレーターとして、はたまたそれらの組合せとして等、Axe-FxⅡをかなり使い倒す予定です。

とにかくEventide並みの音質と、今までに考えられない高次元なアンプモデリングを両立した今までにない最高の2Uサイズの機器ですので、機材を小さくしたい方にはうってつけですね。

早く発売されないかなぁ〜。

2011年7月21日 (木)

聞いてみました!「40年目の虹」

40 皆さん、高中さんのNewアルバム「40年目の虹」は聞かれましたか?

私は、アルバムの出だしから、「おお~っ」、これは、気合が入っているなぁ~と感じました。

一方で個人的に残念だなぁと思うのは、最初の3曲の調子で、ライブ曲なしのフル新曲オリジナルアルバムであれば、なお良かったのになぁと思うことです。

でも、もともと高中さんは、昔からカバー曲も多いですし、これが高中さんのプロ歴40年の集大成だと受け止めた方がよいのかもしれませんね。

ギター小僧から、いい大人になった私にとって、このアルバムの曲は、一つ一つがとても心に響くものであり、高中さんのアルバムの中でも、好きなアルバムの一つになりうそうです。

ちなみに、特に私の好きな曲は以下の5曲です。

  • 「夏窓」
  • Nightmare
  • Walking Toward the Rainbow
  • BLUE LAGOON 'K'
  • ミスター

2011年7月20日 (水)

到着!New アルバム「40年目の虹」

40_2 節電対応のため、今日は変則的な勤務で、朝5時半頃から家をでて、夜20時過ぎに戻ってきました。

久しぶりにこんなに早い時間に自宅に戻ったのですが、ポストを見て、びっくり。

なんと、高中さんのNew Album「40周年目の虹」が届いていました。

今から、早速、聞いてみたいと思います。

感想は、また明日以降ということで・・・。

2011年7月18日 (月)

気になるNeo Instruments Ventilator


最近、気になっている機材があります。

それは、Neo Instruments Ventilatorです。

究極まで、レスリースピーカーのサウンドにこだわって作られたエフェクターで、発売以来、大変評価の高いエフェクターです。

デジタル上でエミュレートされたこのサウンドは、空気感や臨場感を見事に表しています。

昔の高中サウンドにも、レスリースピーカーのサウンドがあった様に思いますが、如何せん、大きいことと、壊れやすいこともあり、素人の我々がなかなか手を出せる物ではありませんでした。

懐かしい高中サウンドを目指し、この機材も購入したいなぁと考えています。

2011年7月17日 (日)

感謝!100万アクセス突破

Photo

ここの所、あまりの暑さに「ぼ~っ」としていましたが、気がつけば、いつの間にか100万アクセスを突破していました。

ブログを始めた頃は、1万アクセスまで行けばいい方かなぁ?と思っていましたので、本当に驚くばかりです。

感謝、感謝です。

しがない中年おやじサラリーマンですが、これからも、こだわりを持って、機材を追求していきたいと思います。

皆様よろしくお願いいたします。

2011年7月16日 (土)

携帯の充電もエコ!?

Eneloop_stick_booster この夏、今のところ、都内も電力消費はなんとか耐えられていますが、8月になって暑さが更に増すと、日中の電力も足りなくなるのでは?

ということもあり、少しでも日中の電力は使わず、夜中の電力を貯蓄して使えるよう、携帯の充電器も、エネループにしました。

とは言っても、さすがにこの暑さです。

いくら充電の容量が大きく、性能がよくても、重いものを持ち歩く気になれません。

そこで、軽くて、スリムで、おしゃれな物を探していたところ、会社の同僚がこの「Eneloop Stick Booster」を使っていましたので、早速、私も購入。

これだと、色使いも、iMacと同じ、シルバーと白のコンビですし、私のiPhoneにはベストマッチで、かなりいい感じかな?と気に入っています。

2011年7月15日 (金)

エコ&暑さ対策(3)

Photo 三日目の本日は、画像のとおり、伝統の扇子のご紹介です。

これは日本古来からある究極のエコ製品ですね。

これも、今年新たに購入。

一昨日ご紹介した「マイファインモバイル」、昨日とご紹介した「ファインネッククーラー」とセットで使えば、通勤時は敵なし?かもしれません。

いずれにせよ、これで少しでも節電しながら、暑さを乗り切れればと思っています。

個人的には、高中さんのように、この扇子でギターを弾くことの方が多いかも?と思っています。

2011年7月14日 (木)

エコ&暑さ対策(2)

Fine_neck_cooler 「エコ&暑さ対策」の二回目となる本日も、少しでも通勤を快適にし、エコにも繋がる製品のご紹介です。

画像は、「ファインネッククーラー」という、気化熱を利用したひえひえクールスカーフです。

この手の物には、タオル生地のタイプの物もありますが、私は、ワイシャツの下につけますので、見えないようにするため、細いスカーフタイプを探していました。

その結果、ようやく見つかったのがこれです。

実は、このスカーフタイプ、人気なのか、なかなか売っていないのです。

これで、ますます、通勤が快適?に…。

2011年7月13日 (水)

エコ&暑さ対策(1)

My_fine_mobile しかし、暑いですねー。いや、熱いと言った方が正確かもしれません。

あまりの暑さと、変則勤務による体調不良で、ここのところブログも書けない日々が続いています。

本当に、申し訳ありません。

さて、そこで、ギターや音楽とは全く関係ありませんが、今年のエコ&暑さ対策のための買い物をしてきましたので、数日に渡ってご紹介します。

一回目の本日は、首にかける送風機「マイファインモバイル」です。

単三電池3本で駆動し、お値段は税込みで980円と格安。

電池駆動ですから、昼間の電力を使うこともなく、省エネ、節電にも繋がります。

これを首からかけると、なんと、本体正面から穴から空気を吸い込み、上部から顔に向かって涼しい風が・・・。

これで、明日から満員電車での暑さ対策もばっちり?かな??

2011年7月12日 (火)

Strymon TimeLineの音源

StrymonのHPを覗いてみると、TimeLineの素晴らしい音源がYouTubeにアップされていましたので、ご紹介いたします。

この12音源を聞いたら、TimeLineが、ますます欲しくなりますね

http://www.strymon.net/timeline/

2011年7月11日 (月)

発売間近!? Strymon TimeLine


ついに、私が待ち望んでいたStrymonのTimeLineが国内販売になるようです。

EventideのTimeFactorよりもはるかに安く、45,000円前後の販売価格になる見込みとのこと。

一概に比較はできませんが、これは、うれしい価格設定ですね。

以下のサイトにサンプル音源がありますので、是非、聞いてみてください。もはや、コンパクトエフェクターの域ではありませんね。

さて、このディレイが発売されたら、個人的には、いよいよ残るは、コンプの入荷を待つのみです。

Strymonを中心とした2011ポータブルセット2号機の完成も、なんとか見えてきました。

http://allaccess.co.jp/strymon/timeline/timeline.html

2011年7月 2日 (土)

気になるコンプ

現在、私が気になっているコンプは、5月に長野にあるDeviserのショールームを訪問した時に一目惚れし、日本への輸入待ち状態になっているDiamondのコンプと、もう一つはMaxonのRTC600というコンプです。

これは、なんと真空管を使った珍しいコンプです。

以前、高中さんもMaxonのRCP-660という真空管のコンプを愛用されていましたが、それの新型という位置づけだと思います。

そういう訳ですから、一度は音だししてみたいと思うのは自然の流れです。

高中さんが使われていた真空管コンぷと言えば、MaxonのRCP-660のほかに、CAJのV-Compがありますね。

確か、こちらは、数年前のライブにブースターとして使われていたような…気がします。

2011年7月 1日 (金)

更なる旅立ち

001 このギターも、大変思い入れのあるギターなのですが、「譲ってほしいとのお申し出」があり、かなり悩んだ結果、その方にお譲りすることにしました。

色目も、木目も、音も、大変好きなギターなのですが、何と言っても今や入手困難なハカランダを指板に使っている大変貴重なギターでもあります。

002 後ろ髪を引かれる思いではありましたが、きっと嫁ぎ先で大活躍してくれるであろうことを願い、先週日曜日にお嫁に出しました。

新宿で、直接お会いして、手渡しでお譲りしたのですが、その方が大変素晴らしい方でしたので、安心して、お任せできます。

しかし、これが最後の写真かと思うと、大変辛い気もします。

003 しかし、今年中には、いよいよ念願のPrivate Stockもやってきます。

人との出会いと同じく、去るものもあれば、来るものもある・・・。

前に向かって進みたいと思います。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ