« Experience PRS In Japan(1) | トップページ | Experience PRS In Japan(2) »

2011年3月 7日 (月)

ポール・リード・スミスと記念写真

Paul_read_smith 日曜日、夕方からまた凝りもせず渋谷に向かいました。これといった目的もなく、ただ、土曜日にあったイベントの余韻に浸りつつ楽器店巡りをしたかったからです。

まず、Experience PRS In Japanと連動キャンペーンを実施している老舗楽器店のHoochiesへ。

すると、お店の奥の方で英語の話し声と、どこかで見覚えのある顔が・・・。

なんと、来日中のポール・リード・スミス氏がいるではないですか!早速、記念写真を撮っていただきました。

また、今私がPrivate Stockでオーダーを考えているH-S-Hのセンターピックアップに、何が良いかをポール・リード・スミス氏に相談したところ、57/08ピックアップとの組み合わせでストラトハーフトーンを出すなら、PRSの513のセンターに付いているピックアップが良いとのアドバイスをいただきました。

その後、びっくりしたことがありました。

それは、私がH-S-Hのアドバイスをもらうために、説明用としてポール氏に見せたHoochies店頭にあった売り物のModern EagleⅡをいきなりお店側に譲ってほしいと言い出したのです。

Private Stockチームの教育用にこのギターを使いたいからとの理由だそうです。ポールがどんなギターとでも交換してあげるからと、強く言ったこともあり、結局、このギターをアメリカに持って帰られることとなりました。

世界のPRSになっても、海外に来ても遊ぶことなく、今なお、あくなき探究心。本当に頭が下がりました。

やはり本物の一流とはこういう人なのでしょう。

« Experience PRS In Japan(1) | トップページ | Experience PRS In Japan(2) »

ギター」カテゴリの記事

コメント

物凄くラッキーですね!うらやましいです。でも、何故わざわざMEを持って帰ったんでしょうかね?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/39128791

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・リード・スミスと記念写真:

« Experience PRS In Japan(1) | トップページ | Experience PRS In Japan(2) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ