« 究極のT-soundモデル#1 | トップページ | dynaudio BM 5A Compact »

2010年10月 4日 (月)

究極のT-soundモデル#2

12708_suhr_classic1 昨日ご紹介したギター同様、歪みは「SGのような太い音」、クリーンは「ストラトのような枯れた音」というのがコンセプトなのですが、こちらは、ストラトをベースにしているところが大きく異なります。

ボディ材はアルダー、ネック材はメイプル、指板はローズで、Fender高中モデル2号機と同じコンセプトで作られているといってよいでしょう。

また、昨日ご紹介した#1はディンキータイプのボディシェイプでしたが、こちらはフルボディサイズとなっており、この点も、高中モデルと同じだといえます。

ボディ色も、Aqua Blue Bustをベースにはしていますが、一度ボディを白くブリーチしてから塗装するなど、こちらも、かなりこだわったカラーリングとなっています。

ピックアップもストラトにはしては珍しく、カバードのハンバッカーを搭載したH-S-H タイプです。これもFender高中モデル2号機と同様ですね。

しかも、今回搭載したピックアップの種類は、音のイメージを伝え、Jhon Suhr本人にセレクトしてもらいました。

先日、一旦、画像のような状態でギターは出来上がってきたのですが、ボリュームノブの位置が当初指定した位置と異なっていたので、現在、再度、ピックガードをアメリカで製作しなおしていただいています。

こちらのギターについても、10月中旬に日本に現物が入ってきてから、詳しくご紹介したいと思います。

« 究極のT-soundモデル#1 | トップページ | dynaudio BM 5A Compact »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/37049776

この記事へのトラックバック一覧です: 究極のT-soundモデル#2:

« 究極のT-soundモデル#1 | トップページ | dynaudio BM 5A Compact »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ