« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

Suhr ISO Boost発表!

Suhr_iso_boost1 いよいよ今日で7月も終わり、明日から8月です。今年は、ギターの全面入替えにはじまり、機材の大幅見直しを開始するなど、私にとってはかなり変化の多い年を過ごしています。今年は8月7日(土)から夏季休暇の予定ですが、ゆっくり自宅にこもってギター三昧?もいいかかなぁなんて思っています。

さて、ブログにアップするのが遅くなりましたが、先日、Suhrから新しくISO Boostが発表されました。ISO Boostは、最大20dB のブーストが可能で、クリーンブーストとしても使えますし、クランチに足せば太いリードサウンドも作れるようです。

また、製品の名前の通り、アイソレーション・トランスを搭載していますので、グラウンドループが原因で起こるノイズを防ぐとうたわれています。さらに高品位バッファーを内臓しており、ノイズに脆弱なハイインピーダンスの影響を受けにくいローインピーダンスへと変化させ、エフェクターを複数台接続する場合や長いケーブルを使用する際も、ワイドレンジでクリアなトーンを保つようです。

8月には国内発売されるようですので、夏季休暇中に是非試してみたいですね。

※画像は、Okada InternationalのHPから転載しています。

2010年7月29日 (木)

Takanakaピック(1)

Takanaka_pick 以前注文していたTakanakaさんのピックが届いていました。うーん、見れば見るほど、いい色合いです。少し、価格は高めですが、いつまで販売されるかわからないので、とりあえず大量購入しました。

今年のコンサートはこのピックで、Fender Takanaka2号機を弾かれるのでしょうね。どんな音を奏でていただけるのでしょうか・・・。

2010年7月24日 (土)

New Album「軽井沢白昼夢」

Cd 仕事が忙しく今日まで新しいアルバムを聞くことが出来ませんでした。皆さんはとっくに聞かれていますよね?

まだ一聴しただけですが、特にLagoon Daydreamは、高中節が炸裂しているのはないでしょうか!?ライブで演奏されれば、きっと盛り上がるでしょうね。

また、個人的には

  • 風がいいよね
  • 月と金星
  • Winding Road
  • 卒業~蜃気楼の山へ~
  • Blue Lagoon Suuf
  • ミステリーの小径
  • Lagoon Daydream

が、いいかな?と思っています。

2010年7月22日 (木)

2010 ポータブルセット#2(4)

2010portable_systme26 2010 ポータブルセット#2のエフェクターの接続順についてご質問がありましたので、アップしたいと思います。

基本的に右から左、下から上に信号が流れています。色合いを意識して接続順を決めた訳ではありませんが、結果的にバランスの取れた配色になりました。

ちなみに、今回のシステムも、モノラル・ステレオを問わず、どちらでも出力できるようになっています。接続順は以下のとおりです。

  1. Sonic Research Turbo Tuner ST-200
  2. Whirlwind Red Box
  3. Suhr Riot
  4. Z's Preamp Vol Switch
  5. Strymon Ola
  6. Eventide PitchFactor
  7. Strymon Brigadier
  8. Strymon Bluesky

2010年7月21日 (水)

micro SQUEEZER

Micro_squeezer 高中ファンに朗報です。あのOrange SQUEEZERがmicro SQUEEZERとなってTone Blueさんより発売されました。

一時期、フュージョンギターリストがこぞって使っていた伝説のコンプレッサー「ダン・アームストロング社」の「オレンジスクイーザー」(音叉マーク付)のサウンドを再現したものだそうです。

また、EP-Boosterサイズのペダルタイプの筺体になったことも嬉しい限りです。これで、ギターの種類を問わず、使えそうですね。昔の高中サウンドには欠かせないアイテムですので、これを機会に購入してみてはいかがでしょうか?

http://www.toneblue.com/

いよいよ、本日、高中さんの新譜「軽井沢白昼夢」が発売されますね。もう聞かれた方はおられるのでしょうか?

※画像は、Tone BlueさんのHPから転載してます。

2010年7月20日 (火)

2010 ポータブルセット#2(3)

2010_portable_set24 以前、2010 ポータブルセット#1を製作した時に、電源周りについてのご照会がありましたので、今回は前もってご説明したいと思います。

StrymonとPitchFactorの電源を取るのに、Voodoo LAB Pedal Power2 Plusだけでは足りなかったため、今回はCAJのPOWER BLOCKS(PB12DC9-2.1)が追加されていました。

2010_portable_set25 さらに、Guitar Shop Z'sオリジナルの PowerSupplyBoxも増設されています。

ボード裏の画像を見てもお分かりの通り、丁寧かつ綺麗な仕事です。これぞプロの仕事ですね。

2010年7月19日 (月)

2010 ポータブルセット#2(2)

2010_portable_set22 昨日のブログ画像を見て、ボードの下段の左側から2個目のエフェクターって何だろうと思われた方はおられませんか?実は、これが今回最大の目玉であるワンオフ物の「Z's Preamp Vol Switch」です。

なんと、①Guitar Shop Z'sオリジナルEP-Booster、②Guitar Shop Z'sオリジナルバッファー、③ボリュームコントロールという、3つの機能が一つの筐体に納まった優れものです。ちなみに、バッファーは2010ポータブルセット#1でご紹介したGoodrichのボリュームペダルに搭載したものと全く同じ物です。また、右のノブがGuitar Shop Z'sオリジナルEP-Boosterのコントロール、左のノブがバッキング時の音量設定ノブとなっています。

2010_portable_set23 ソロとバッキングの音量は、フットスイッチで切換えます。高輝度の赤色のLEDが光るとソロに、高輝度の緑色のLEDが光ると設定したバッキングになります。

私の場合、Guitar Shop Z'sオリジナルEP-Boosterは常に掛けっ放しのため、オンオフのスイッチはつけませんでした。

2010年7月18日 (日)

2010 ポータブルセット#2(1)

2010_portable_set21 ついに、2010 ポータブルセット#2が完成です。今回の製作も、2010 ポータブルセット#1と同様、信頼度の高い高円寺にあるGuitar Shop Z'sにお願いしました。

今回のシステムの特徴は、空間系に新進気鋭のStrymonと、お馴染みのEventide PitchFactorの両方を採用したことです。また、その他にも、アイディア満載のかなりこだわり度の高いステムとなっています。

これで、持ち運びのできるシステムが2つとなり、サウンドバリエーションが大きく広がりました。これから、少しづつお披露目していきたいと思います。

2010年7月17日 (土)

T-soundモデル 3号機(3)

Tsound_model32 最近、Suhrのこのギターをよく弾いています。最初はルックスも失敗したかなーなんて思っていましたが、日々眺めているうちに、かなり気に入ってきました。

このギターに合わせて構築したStrymonのシステムも、近々ご紹介できると思います。

こちらもかなりいい感じに仕上がっています。

2010年7月13日 (火)

Plain Maple Top

Plain_maple_top BasswoodやMahoganyにQuilt Mapleやトラ目のMapleが貼ってあるのは良く見かけますが、今回、初めてPlain Mapleなるものを見つけました。これがその画像です。

これは、BasswoodにPlain Mapleが貼ってある画像ですが、これでメイプルが貼ってあるの?っていう感じですよね。

メイプルは、BasswoodやMahoganyの柔らかい音を引き締める効果が大きいので、よく一緒に使われます。このPlain Mapleだと、見た目の豪華さこそありませんが、あくまでもサウンドに拘った選択をされていると言えますね。

また、一見したところ通常のアルダー材のようにも見えますので、ストラトボディをMahoganyにして、そのトップ材として使ったとしても、嫌味がないように思えます。

これで、理想のストラトがまた一歩前進しそうです。

2010年7月12日 (月)

理想のストラト

Photo 自分にとって、理想のストラトってどんなのだろうと思い、改めてイメージ画像を作ってみました。

ボディ色は南国の澄んだ海の漂う感じを出すために青緑色のバースト、ピックアップはカバードのH-S-H、ボディ材はアルダー、ネックはメイプルにローズ指板、1ボリューム・1トーン、リア・フロントはそれぞれコイルタップできてシングルPUも可、センターポジションはリアHBとフロントHBのミックス、ピックガードはパールタイプ、ポジションマークやロゴはアバロン。サウンドは、枯れたハーフトーンと粘りのあるHBサウンドを両立。

こんな感じでしょうか。

2 センターピックアップは、白か黒かで迷うところですが、どちらが格好いいでしょうか・・・?うーん。悩む。ムムム。

本当は、ボディ材がMahogany+Maple、ネック材もMahogany+Rose指板の方が粘った音がすると思うのですが・・・。

でも、ストラトでMahoganyってあまり見たことないですよね。それに、ストラトにQuiltやトラ目のトップは余り好きではないですし・・。

2010年7月11日 (日)

Strymon 3台が手元に!

Strymon ブログにアップするのが少し遅れましたが、自分へのご褒美として、以前から気になっていたStrymon Ola(コーラス)、Brigadier(デイレイ)、BlueSky(リバーブ)の3台を購入しました。

さすがにこれら3台が揃うと、手持ちの機材と合わせ、新たなボードが組みたくなります。特に、歪みにはSuhr Riot、ディチューンやハーモナイザーとしてEventide PitchFactorを組み合わせたら、最高のボードになるのでは・・・なんて思っています。

このStrymonもそうですが、最近ではラックエフェクター並みの音質を持つコンパクトエフェクターが登場してきており、昔のように重たいラックを持ち歩かなくても、簡易なボードだけで、充分に満足のいく音が出せるようになりました。

うーん、長生きはするものです。

さて、現在はどんな仕様のシステムにするかを思案中ですが、あれこれ考えているこの時間が一番楽しいですね。まるで宝くじの発表日まで、使い道を考えているような、そんな楽しさです。

詳細は今後少しづつアップしていきます。

2010年7月 5日 (月)

高中さんの新作ピック

Takanaka_pick なんと、Fender高中モデル2号機の製作に加えて、オリジナル・ピックまでも作られたようです。うーん、デザインはどこかで見たような・・・。しかし、最近の高中さんは、この色(緑)がお好きな様ですね。

ギターの色はメタリックの緑ですが、ピックの方はソリッドな緑です。このピックで2号機を弾かれる姿は、Liveまでのお楽しみ・・・と言うところでしょうか。

※画像は高中さんのweblogより転載しています。

2010年7月 4日 (日)

Suhrのギグバッグ用ストラップ

Suhr_gigbag 数ヶ月前に注文していたSuhrのギグバッグ用ストラップが到着しました。これでようやくギターを両肩からかけて運ぶ事ができます。

最初からこのように、ストラップが二本付いていれば良いのですが、そこは、やはりアメリカ・・・。電車でギターを持ち運ぶなんて想定していないんでしょうね。

このギグバッグを使ってスタジオに行く機会が増えそうです。

2010年7月 1日 (木)

ブログの強い見方 新型 iphone 4

Iphone_4_001 最近、仕事が忙しく、なかなかブログがアップできませんが、先週強い見方を購入しました。そうです。新型のiphone 4です。

私は、今まで永年docomo派だったのですが、iphone 4の魅了に負け、ついにSoftbankユーザー(Appleユーザー??)になってしまいました。

これで、通勤中にメールチェックやブログの更新も出来ますので、効率的に時間が使えそうです。

まだ、ユーザー暦は1週間ですが、本当に便利で、もう普通の携帯電話には戻れそうにありません。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ