« T-sonudモデル 1号機(13) | トップページ | 二代目オリジナルギターが嫁ぐ日 »

2010年5月 1日 (土)

T-sonudモデル 1号機(14)

Tsound114 いよいよ、今日からGWですね。私は特に予定がないので、ギターの練習にでもいそしもうかなぁと思っています。

さて、今日はナットについて書いてみたいと思います。このギターをオーダーする際、Fender高中モデルと同様、LSRのローラーナットにできないかを真剣に考えました。

しかし、LSRのローラーナットにすると、指板のRやブリッジに制約が出てしまい、Suhr推奨の他のスペック(ブリッジや指板のR等)が選べなくなってしまいます。結果としてSuhrの良さ(弾きやすさ)が失われてしまうため、ナットはTusqタイプにすることにしました。

また、このナットは金属ではないため、アコースティックな音になりますし、何よりも指板のRの角度を選びません。チューニングもLSRのローラーナットと同程度に定評があるようです。

« T-sonudモデル 1号機(13) | トップページ | 二代目オリジナルギターが嫁ぐ日 »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/34305343

この記事へのトラックバック一覧です: T-sonudモデル 1号機(14):

« T-sonudモデル 1号機(13) | トップページ | 二代目オリジナルギターが嫁ぐ日 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ