« T-sonudモデル 1号機(10) | トップページ | T-sonudモデル 1号機(12) »

2010年4月28日 (水)

T-sonudモデル 1号機(11)

Tsound111 今日は、フレットについて書いてみたいと思います。私は、Fender高中モデルと同じJumboタイプをオーダーしました。しかし、素材はニッケルではなくステンレスです。理由は、メンテナンス性の高さと、チョーキングのしやすさ(気持ち良さ)です。

フレットがステンレスだと曇ることもありませんし、硬いので打ち直しの頻度も少なくてすみます。一方でステンレスのフレットは駄目だと言う方もおられますが、今はかなり進歩しており、海外でSuhrを使っているアーティストの多くも、ステンレスフレットのようです。

ただ、音は少し固くなりますので、注意が必要です。指板やボディ材、ネック材との組み合わせがますます重要になりすね。

« T-sonudモデル 1号機(10) | トップページ | T-sonudモデル 1号機(12) »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/34305338

この記事へのトラックバック一覧です: T-sonudモデル 1号機(11):

« T-sonudモデル 1号機(10) | トップページ | T-sonudモデル 1号機(12) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ