« T-sonudモデル 1号機(9) | トップページ | T-sonudモデル 1号機(11) »

2010年4月27日 (火)

T-sonudモデル 1号機(10)

Tsound110 今日は、ボリュームとトーンノブについて書いてみたいと思います。弾き易さを重視し、Fender高中モデルと同じく1ボリューム、1トーンにしました。ノブの色もピックアップと同じくPerchmentです。

もともと、通常オーダーでも、1ボリューム、1トーンにすることは可能ですが、Suhrで高中さんと同じこの位置にボリュームとトーンを設置したのは私が初めてだと思います。これもオーダーシートのオプションには記載がないので、実は特注です。こういう我ままなニーズに応えてくれるところが、さすがSuhrですね。

ちなみに、ジャックの位置は、画像のようにFace面にありますが、Sideに変更することも可能です。

« T-sonudモデル 1号機(9) | トップページ | T-sonudモデル 1号機(11) »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/34305300

この記事へのトラックバック一覧です: T-sonudモデル 1号機(10):

« T-sonudモデル 1号機(9) | トップページ | T-sonudモデル 1号機(11) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ