« Whirlwind・EP-boosterのマーキング | トップページ | T-sonudモデル 1号機(2) »

2010年4月15日 (木)

究極のT-soundモデル(仮想)

New_guitar_image これは、究極のT-soundモデルを作るべく、数ヶ月間、検討したギターです。実は、私がパソコンで合成して作ったギターで、本物ではありません。

3月末に詳細な仕様を決定しSuhrにオーダーしたのですが、その際、この画像をSuhrにイメージとして送っています。実際は、この色にBurstをかけてもらっていますので、ギターの周囲はもう少し深い青緑になるかと思います。

現在のSuhrのカラー・ラインナップにはない色ですが、あえて名付けるならBahama Blue Burstという名称になるのではないでしょうか?

先日、高中さんのweblogを見てビックリ。同じような色のモズライトを弾かれていましたね。このギターのように、ボディにキルトメイプルは貼られていないと思いますが、恐らくFender高中モデル2号機はこんな色合いのギターに、ピックガードが付くのでしょうか・・・??

ちなみに、沢山あったギターも、Suhrを複数台購入するために1台を残し全て売却しました。それでも更に追い金がありましたので、実は現在かなりギター貧乏です・・・。

このギターの完成は、Suhrから8月だと言われていますが、手元に届くには9月頃だと思います。

« Whirlwind・EP-boosterのマーキング | トップページ | T-sonudモデル 1号機(2) »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/34200073

この記事へのトラックバック一覧です: 究極のT-soundモデル(仮想):

« Whirlwind・EP-boosterのマーキング | トップページ | T-sonudモデル 1号機(2) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ