« SH Guitars UG-1000(1) | トップページ | 【NAMM SHOW 2010】Godin Multiac DUET Ambiance »

2010年2月12日 (金)

SH Guitars UG-1000(2)

Ug1000_5 これは、高中さんと同じように、KORGのClip-on Tuner AW-2Gをつけた画像です。なかなか、それっぽいですね。このウクレレ・ギターで高中さんのアルバム夏道に入っている「一番好きな海の色」を弾くと、本当に感動してしまいます。自然のエコーというかリバーブがかかり、暖かいアコースティックな音が・・・、クゥ~!たまりません。

ウクレレ・ギターの場合、開放弦はギターの5カポ状態となりますので、1弦から順にAECGDA(ラミドソレラ)とチューニングします。後は、ギターと同じ要領で弾けますので、ギターリストにとっては、普通のウクレレよりもかなり弾きやすいと思います。また、ウクレレよりも低音弦が二本多い分、音の厚みも増し、重厚感のある音が出ます。

Ug1000_7 ケースもギグバッグであり、ストラップも両肩から背おえるようになっていますので、持ち運びにも便利です。ギグバッグの素材はかなりしっかりしており、セミハードといってもいいかもしれません。外についているポケットにも十分な量の小物が入るほか、内側にあるギターのネックを支える素材は、マジックテープで自由な位置に動かせるなど、決め細やかな配慮がなされています。さすが国産と言う感じです。

Ug1000_6_2 どこの楽器店にでもおいてあるようなウクレレ・ギターではありませんが、街で見かけたら、絶対に試奏されることをお薦めします。しかし、試奏したが最後。きっと購入することになると思います。

ちなみに、私のUG-1000は、高中さんの公式ブログにあるように5弦3フレットのビビリはあまり気になりませんでした・・・。

« SH Guitars UG-1000(1) | トップページ | 【NAMM SHOW 2010】Godin Multiac DUET Ambiance »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/33339360

この記事へのトラックバック一覧です: SH Guitars UG-1000(2):

« SH Guitars UG-1000(1) | トップページ | 【NAMM SHOW 2010】Godin Multiac DUET Ambiance »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ