« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

Finger ease(弦潤滑剤)

Finger_ease せっかく、「夏道」のDVDが発売されましたので、高中さんが今年のライブで使用されていた小物について、少しご紹介したいと思います。

これは、今年のライブでも使われていたフィンガーイーズ(弦潤滑剤)ですね。フィンガリングがズムーズになるという優れものです。私も中学生の頃から愛用しています。弦のサビ防止効果もありますので、正しく使えば、比較的弦も長持ちしますので便利です。

フィンガーイーズを直接指板に吹きかけるのはナンセンスで、「一旦クロスに吹きかけて弦だけを拭くようにするのがよい」という方もおられるようですが、DVDの画像を見る限り高中さんのSG-T2には、直接吹きかけてクロスでふき取られているように思えます。私も同じように使用していました。DVDでSG-T2のエボニー指板がスプレーでかなり濡れているのが見てとれますので、気になる方はチェックしてみてください。

2010年1月30日 (土)

夏道~SUPER LIVE 2009 DVD到着

Dvd Takanaka Super Live2009「夏道」のDVDも発売日から少し日が過ぎましたので、皆さんは、もうとっくにご覧になったことと思います。私は、今週特に仕事が忙しかったため、残念ながら今日になってようやく見ることができました。

仕事のせい?か、今日もかなり体調が悪くうなっていたのですが、このDVDを見て、昨年のあのLiveの感動が蘇えり、少し気分も晴れた気がします!?

DVDを聞いてみると、「一番好きな海の色」「BLUE BIRDS」の2曲が突出していいなぁと感じました。高中さんは、ギターリストでもありますが、音楽プロデューサーなんだなぁと改めて実感しました。

実は、今回のDVDの中に私がはっきり映っていたのです!感動!いい想い出になりそうです。

2010年1月21日 (木)

【NAMM SHOW 2010】Suhr Guitarブース(2)

Namm_2010_suhr SuhrのHPにNAMM SHOW 2010の写真がアップされていました。先日、私がブログでご紹介した内容が詳しく見れるようです。

ご興味のある方は、どうぞ。

http://gallery.me.com/suhrguitars#101351&bgcolor=black&view=grid

2010年1月20日 (水)

ギター練習用のカラオケ

Boss_js8 先日、カラオケ付TAB譜の音源についてコメントをいただきましたので、今日は私なりの感想を書いてみたいと思います。

どの出版社の音源が気に入るかには個人差がありますが、どの出版社のCDも、本物のCD音源とは明らかにサウンドやアレンジが異なります。そのため、過度に期待をして購入すると、音を聞いて「がっかり(悲)」ということになりかねません。あくまでも、ギター練習用の参考音源として割り切って購入された方が良いでしょう。

ちなみに、DOREMI出版の物はMIDI音源のようですが、Ritto Musicの物は生演奏で録音されているようです。どちらを選ぶかはお好かと・・・。しかし、どちらも満足いかない場合は、ご自身がDTMで音を作るしか方法はありません。

しかし、最近は本物のCDからギターパートの音だけを限りなく聞こえなくし、ギター練習が出来るという優れものの機材も売られていますので、これらを購入された方が、よりリアリティが出ると思われます。もともとギタートレーナーの機材は、TASCAMが有名ですが、今私が気になっいるのは、画像のBoss「eBand JS-8」です。

この機材も、近々楽器店で試してみたいなぁと思っています。

2010年1月19日 (火)

【NAMM SHOW 2010】Suhr Guitarブース(1)

Suhr_setneck1 当初の予測どおり、NAMM 2010でSuhr Modernシリーズにセットネックが発表されていました。

画像の茶系のギターがGuthrie Govan Signature Model で、赤系のギターが2010 Limited Edition です。いかにも弾きやすそうなシェイプをしています。

Suhr_setneck2_2 もともとSuhrのギターは、その作りの良さやシェイプから弾きやすいことで定評がありますが、SuhrのModernシリーズは24フレットである上、このセットネックです。

弾き心地が悪いはずはありません。きっと最高の弾きやすさであろうと思われます。

Suhr_setneck3 しかし、残念なことに個別のカスタムオーダーは、どうしても2011年以降にしか受け付けられないとのことです。私も交渉を試みましたが、全く受け付けてもらえませんでした。

また、NAMM 2010に出品されたギターは、全世界のディーラーに抽選で配られるそうなので、これらのセットネックも日本に入ってくるかどうかすらわかりません。

Suhr_setneck4 しかし、ギターバックを見れば見るほど、SuhrがますますYAMAHA SGに似てきた気がします。そう思うのは私だけでしょうか?

オーダーが解禁にされましたら、私もスグに注文したいなぁと思っています。それまでに頑張って毎月貯金をせねば・・・(汗)。

NAMM SHOW 2010で展示されているSuhr Guitar動画がYouTubeで公開されていました。画面がかなりぶれていますので、恐らく、携帯で撮影したものであろうと思われます。Suhrのギターにご興味のある方はどうぞ。

2010年1月18日 (月)

【NAMM SHOW 2010】tc electronic PolyTune

Tc_polytune これは、tc electronicが発表した話題の新製品「PolyTune」です。通常通り一弦毎にチューニングを行うことも出来ますが、「MonoPoly」という特許アルゴリズムを内蔵しているため、一度に全ての弦を弾いても、和音のピッチを同時に解析しチューニングが出来るという優れものです。入力が単音/和音のどちらであるかを瞬時に判断し、ポリフォニック/クロマチック・モードを自動的に切り替えるようです。

PolyTuneは単音で弾くと自動的に従来のチューナーと同様のクロマチック・チューニングに切り替わります。また、そのチューニング精度も業界最高水準の+/-0.5セント(半音の1/200の音程)です。さすがに、チューナー業界の雄である「Peterson」の精度+/-0.1セント(半音の1/1000の音程)には及びませんが、エフェクトボードに入れるには十分だと思います。

あとは、見易さ、使いやすさ次第ですが、これも今年手に入れたい機材の一つですね。tc electronicが作っているのですから外れはないと思います。

今年3月の日本国内での発売が楽しみです。

2010年1月17日 (日)

【NAMM SHOW 2010】Suhr Booster Comp Chorus

Suhr_isoboostnamm2010_0011なんと、昨年に引き続き今年もSuhrからエフェクターが3種類発表されるようです。詳細はまだ不明ですが、ブースターは「IsoBoost」、コンプレッサーは「Kojicomp」、コーラスは「???」という名前のようです。

IsoBoostは、昨年発売されたKokoboostのクリーンブースト側を独立させたもののようですので、サウンドがイメージできます。

Suhr_kojicompnamm2010_0011 Kojicompは、ノブが3つ付いていることくらいしかまだわかりません。

コーラスは、フットスイッチが3つあり、一つはTap用のスイッチのようです。また、Lush ChorusやRotary Speakerのシミュレーションもできるようですので、期待大です。

まだ、サウンドも機能も外観も正確にはつかめていませんが、ネットに出ていた画像を掲載しました。以下のURLにありましたので、参考にされてみてください。

Suhr_effect http://www.whatsthatdudeplay.com/2010/01/suhr-chorus-coming-soon-new-duo-shown/#more-3924

2010年1月16日 (土)

【NAMM SHOW 2010】Suhr New Pro Series (C1・T1)

Shurc1 やはり、John Suhrは 噂どおり、NAMM 2010で新しいPro Seriesを発表したようです。C1とT1と呼ばれるモデルで、Classicとテレキャスターをベースにした廉価版ですが、他のPro Series同様、カスタムオーダーと同じレベルの作りであっても、色やスペックを固定することでコストを削減したモデルとなっています。

スペックの詳細はまだはっきりしませんが、どうやらボディ材はアルダーで、fingerboardのradiusは9-12、Nut widthは1.650のようです。今までは、StandardシリーズとModernシリーズしかPro Seriesがありませんでしたが、テレキャスターとClassicのPro Seriesが発売されたことで、Suhrの利用者が増えるのでは?と思います。

Shurt1 FenderがBMWだとすると、Suhrはベンツという感じでしょうか?ギターの方向性は異なりますが、Fender USAと比べると、作りや音は比較にならないのでは?と思われます。

2010年1月15日 (金)

【NAMM SHOW 2010】Rasmus by Suhr &Suhrギグバッグ

Rasmus_bu_suhr しばらくSuhrネタが続きます。Suhrから「廉価版のProシリーズに新しいバージョン(Classicシリーズ)が出る」、「その価格を下げるために、ケースもギグバッグが発売される」と噂されていましたが、どうやら、Suhrではない別ネームでのギターになったようです。SuhrでいうStandardシリーズとModernシリーズと同じシェイプのようです。

Suhr_gigbag Suhrのギグバッグは、予想通り発売されました。これは良さそうなので、買おうと思います。

http://www.rasmusguitars.com/

http://www.suhrguitars.com/store.html

2010年1月13日 (水)

【NAMM SHOW 2010】Suhrが7-Stringsギターを発表?

Suhr_modern_7strings 昨日、Suhrの話題を書きましたので、今日も引き続きSuhrネタでいきたいと思います。なんと、SuhrのModernシリーズに7-Strings(7弦ギター)が加わるかもしれません。これも以前から噂されていましたが、NAMM SHOW 2010で発表される可能性が高いとのことです。

画像を見ていただければ分かりますが、ネックがワイドですし、ペグの穴もちゃんと7個開いています。詳細はまだ分かりませんが、少なくともネックについては、昨日ご紹介したSet-Neckではないようです。

そう言えば、5弦ベースが登場した時もかなりショッキングだったのを覚えています。うーん、これからギターは7弦が標準になっていくのでしょうかねぇ?コードなんかはどうやって押さえるんでしょうか。色々な疑問がふつふつと湧いてきます・・・。

画像は、まだプロトタイプのようですが、分かっている範囲でNAMM SHOWに発表されるであろう仕様は以下の通り。

  • oil-finished
  • Mahogany body and neck
  • Floyd Original 7-string trem
  • EMG pickups

この他に、ピックアップがAldrichの仕様もあるようです。

http://www.online-discussion.com/GuthrieGovan/Photos/Suhr_7-string.MOV

2010年1月12日 (火)

【NAMM SHOW 2010】SuhrがSet-Neckを発表?

Suhr_modern_set_neck 現在、世界で最も良い24フレットギターと言われているSuhrのModernシリーズにSet-Neckが加わるかもしれません。Suhrが以前からSet-Neckを出すとは噂されていましたが、NAMM SHOW 2010で発表される可能性が高いとのこと。

詳細はまだ分かりませんが、Set-Neckは以下の2種類が発表されるとの噂です。

  • 2010 Limited Edition (Alder body with Quilted Maple top, Vulcanized Maple neck with Indian RW fingerboard)
  • Guthrie Govan Signature Model (Natural satin-finished Mahogany body and neck with Pau Ferro fingerboard)

YAMAHA SGも、SG2000以上はスルーネックですが、SG1000はSet-Neckであり、高中さんもSet-Neckの方が音が好きだと言われていた気がします。うーん、興味深々です。

Suhr_modern_neck 現在のSuhr Modernの画像と比べてみるとネックのジョント部分が異なるのが一目瞭然ですね。カスタムオーダーは、2011年から開始との噂もありますが、事の真偽は如何に?

詳細は1月14日から行われるNAMM SHOW 2010で判明すると思いますが、好きなミュージシャンであるGuthrie GovanのSignature Modelということもあり、非常に気になるところです。

果たして本当に発表されるでしょうか・・・?!

2010年1月10日 (日)

夏道~SUPER LIVE 2009~DVDの曲目

2009dvd 既にご存知の方も多いかと思いますが、夏道~SUPER LIVE 2009~のDVDに収録される曲目が、eBOOK OFFに公開されていましたね。Shake itは収録されていないようですので残念です。

いよいよ、発売間近。楽しみです!

1. 夏道
2. 哀愁の宇宙人
3. はじくぜ!BABY
4. MC~甘夏時計
5. 空飛ぶ夢
6. 一番好きな海の色
7. BLUES BIRDS~I REMEMBER CLIFFORD
8. Noguhissos
9. talk lesson~ダブルベースソロ~READY TO FLY
10. EARLY BIRD
11. Woodchoppers's Ball
12. JUMPING TAKE OFF
13. BLUE LAGOON~黒船
14. AN INSATIABLE HIGH
15. 一番好きな海の色

http://www.ebookoff.co.jp/detail/0011018501

2010年1月 9日 (土)

Fernando Pareta

今日も、私の好きなギターリストの一人をご紹介します。アルゼンチン出身のギタリストFernando Paretaという方です。眼を閉じて聞いていると、Kitty時代の高中さんが弾いていると言っても通じるかも知れませんね。

2010年1月 6日 (水)

DTMには「Windows?iMac?」

Imac 昨年末より、自宅のパソコンを買いなおすか否かで迷っています。今の私のパソコンはDELL製で、今年で「7年目」を迎えます。当時としてはかなりよいスペックを購入したつもりでしたが、PCの世界は日々進歩しており、既に時代遅れとなってしまいました。

今年は、仕事、ネットサーフィンに加え、DTMもしたいと思っており、DellのWindows7パソコンにしようか、iMacにしようかで迷っているのです。

Macが候補に挙がってきたのは、CPUがIntel製になったことと、ブートキャンプという機能ができたことで、MacOSとWindowsを両方インストールできるようになったからです。以前まではMacというと、そもそもの検討対象から外れていましたが、この機能ができてからは、Macへ乗り換える人が増えてきているとも聞きます。

WindowsやOfficeのソフトは別途購入しなくてはなりませんが、OS自体は電源立ち上げ時にMacかWindowsかを簡単に選択できます。ハードディスクもWindowsインストール時に任意の割合でそれぞれのOS用に割り当てる事ができます。

片方を立ち上げているときに、別の片方のOSを立ち上げる事はできませんが、ファイルのコピーはいつでも簡単に出来るようです。Mac自体の操作性、セキュリティもさることながら、DTMをするならUSBだけでなくFireWireが付いていた方が便利ですし・・・。うーん、迷うところです。

<現在所有しているPC>

  • OS:Windows XP Home Edition
  • CPU:Intel Pentium4  2.80GHz
  • メモリー:1GB
  • HDD:110GB

今までは、職場と同じように、Windowsパソコンでないと色々と不便な面がありましたが、これからはどうやらMacでも対応できそうです。ただし、Macのブートキャンプが、まだWindows7を正式サポートしていない上、不具合の発生事象も出ていますので、もう少し勉強期間をおいてサポート完了後に購入しようかなぁとも思っています。

DTMができる環境になれば、音源もブログにアップできれば・・・なんて考えています。既にDTMをされている皆さんで、お薦めのDTMソフトやご意見があれば教えてください。

2010年1月 5日 (火)

Jack Thammarat

今日は、高中さんネタや楽器ネタではありませんが、私の好きなギターリストの一人を紹介します。既にご存知の方も多いとは思いますが、タイ出身の凄腕のギタリストJack Thammaratという方です。個人的には、「Falling in Love Again」という曲が大好きです。

Jack Thammaratは、以前からずっと好きなギターリストでしたが、なんと、昨年、ギターテクニカル度を競う第2回世界大会「ギターアイドル」2009で優勝しました。アジアのミュージシャンも捨てたモンじゃぁありません・・・。

曲のセンス、テクニック、サウンドは言うまでもなく、何よりもギターが歌っています。ジョーサトリアーニ、アンディティモンズの影響もある方だそうです。他の画像もYouTubeに多数アップされていますので、是非確認してみてくださいね。

日本のギターリストでは、高中さんや安藤まさひろさんの曲調にも似てるところがあるかもしれませんね。

2010年1月 4日 (月)

採譜 パラレル・ターン(3)

3 なんとか、正月休みの間にパラレル・ターンのソロ部のTAB譜を書き終えました。これでもう忘れる事はありません。ふぅ~。年寄りにはTAB譜をExcelで作る作業は堪えます。

一曲書き終えてみると、やはり昔の高中さんの手癖フレーズがあらゆるところに入っていますね。この曲をマスターできれば、他の曲にも応用ができ、耳コピも少しはラクになるのでは?と思います。私は練習のために小指を多用していますが、薬指でもいい箇所がたくさんありますので、適宜、変更してご利用下さい。

また、Excelで作成した原l版も添付いたしますので、ご希望の方はダウンロードしてご活用下さい。

「parallel_turn.xls」をダウンロード

なお、原曲をご存知でない方はYouTubeにもアップされていましたので、是非聞いてみてください。ご参考まで・・・。

いやぁ~、何度聞いてもいいソロです。

2010年1月 3日 (日)

採譜 パラレル・ターン(2)

2 今日も何もする事なく暇なので、ワインを飲みながら頑張ってTAB譜の続きを書いてみました。仕事のことを何も考えず、「ぼーっ」とできるこの時間が、やっぱり大切なんですよね。会社に入社してから20年超、こういう大事な時間を過ごすのを忘れていたような気がします。

さて、TAB譜を書きながら気がついたのですが、パラレル・ターンという曲は、なんと1979年に発売された曲だったんですね。30年以上前の曲とはとても思えないメロディです。

うーん、さすが高中さんですね。

2010年1月 2日 (土)

採譜 パラレル・ターン(1)

1_2 元旦のお正月テレビを見ていたら、B'zの稲葉さんのお兄さんが映っていたので見入っていたところ、なんと岡山では雪が降っていました。東京もかなり寒かったですが、もっと南にある中国地方で雪が降っていたとは・・・。これはやっぱり異常気象ですね・・・。

雪を見ていたら、急に高中さんのパラレル・ターンが聞きたくなり、昨日は元旦からCDを聞いていました。しかし、久しぶりに聞くと、ソロがまたなんとも言えずカッコいいのです。

午後からはギター片手に耳コピを始め、なんとかソロが全て弾けるようになりました。しかし、譜面を忘れてはいけませんので、TAB譜を書き起こさねば・・・と決心。しかし、一気には仕上げられませんので、今日から数日に分けて作成していきたいと思います。

リズムは多少間違っているかもしれませんが、そこはご愛嬌ということで、ご興味がある方は画像をクリックして拡大のうえ、雰囲気で弾いてみてください。画像の上で右クリックし、「リンクを新しいウィンドウで開く(N)」を選択すると、楽譜がよく見えると思います。

それにしても、忘れないうちにTAB譜を作成しきれるかなぁ・・・。

2010年1月 1日 (金)

楽譜 Pro Effect Sound

Pro_effect_sound 明けましておめでとうございます。今年もT-soundを宜しくお願いいたします。2010年は、仕事もギター(機材)も大きな変化のある年になりそうです。

なかなかブログのアップもままなりませんが、なるべく頑張って書いていきたいと思います。

さて、今年の第一弾は「Pro Effect Sound」のご紹介です。永年探し続けていたのですが、昨年末にようやくオークションで落札し、本日元旦に届きました。年代物ですので、お世辞にも綺麗とは言えませんが、先程まで一所懸命、拭いて、磨いて、ようやく使える状態に。さーて。何から練習しようかなぁ・・・。

珍しく、今年は本格的にギターの練習をしようと元旦に一念発起!頑張って年間数曲はマスターしたいと思っています。しかし、残念ながらソノシート(シートレコード)は付いていません。もしCD化されていらっしゃる方がおられれば、御連絡をお願いします。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ