« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

かわいいお土産

Mini_guitar_1 先日、部下の子がニューヨークに行ったお土産にギターのミニチュアを買ってきてくれました。ブリッジを押すと、カッコいいギターソロが約3秒間流れます。しかも、ヘッドの先がボールペンになっていて実用的です。

Mini_guitar_2 しかし、なんとなく私のオリジナル・ギターに似ています。指板がローズとメイプルで異なるのですが、なかなかいい線いっていると思うのは、私だけでしょうか?!

2009年12月27日 (日)

Whirlwind The Orange Box(1)

Whirlwind_the_orange_box この機材も、偶然にも高中さんと同じく購入がかぶってしまいました。やはり目指す音が近いからでしょうか・・・。どうしても選ぶ機材が似てしまいます。しかし、私の真の購入理由は「本当のオリジナル・・・」この言葉に負けたからです。

私は、既にオリジナルのMXR Phase90を再現したRetro-Sonic Shattered Phaserを持っていますので、これら2台の違いも、近々にブログにアップしたいと思います。

既にお正月休みに入られた方も多いのではないかと思います。私は12月30日(水)からお休みで、今年は5連休しかありませんので、ゆっくりギターを弾く時間もありません。んんん~っ。機材が泣いてしまう・・・・。

2009年12月26日 (土)

Xotic EP-Booster

Epbooster1 なんと、高中さんの公式ブログに、YouTube「seasons greetings」の中で使われた機材についてコメントが出ていました。Whirlwind The Red BoxとWhirlwind The Orange Boxを使われていたのは、画像の中で確認していましたが、なんと、Xotic EP-Boosterも使用されていたとは・・・。

このエフェクターは、確か今年の8月に発表され、私もすぐに購入しました。私の場合、JCなどのトランジスタアンプをよりTubeライクな音にするためにIlitch TwinDriveを使っていますが、今後、機材をより軽量化するために、このXotic EP-Boosterを購入し、Nova Systemに代わるポータブルセット第二弾を検討していました。そこにこの情報です。昨日、高中さんも使われているとわかり、もう一台購入しようか・・・と本気で考えています。

Epbooster2 私が選ぶ機材と高中さんが選ぶ機材は、非常によく似通っています。もちろん偶然なのですが、求めるサウンドが近いので、きっと同じような選択肢になっていくのでしょうね・・・。

Xotic EP-Boosterの機能・サウンド面については、既に色々なサイトで講評がされていますので割愛しますが、ウォームでコシのあるプリアンプサウンドを手軽に得られますし、何よりも音が太くなりますので、ストラト系にはお薦めです。私は以前、Xotic RC-Boosterも使っていましたが、断然こちらの音の方が好みです。

ポータブルセット第二弾は、最後の歪みエフェクターがまだ揃わないため、完成していません。春までには完成すると思います。ご期待下さい。

2009年12月23日 (水)

Whirlwind The Red Box(2)

Dyna_comp4 早速、画像4種類のdyna compを違いをレポートしたいと思います。私は、dyna compにMesaBoogie TriaxisⅡ、Eventide Eclipseのリバーブのみを接続して試してみました。結果は、どれもそれぞれの良さがあり、甲乙つけがたいと言うのが実情です。まず、dyna comp特有のパコーンという出音ですが、I社Mod、現行型、WEED Mod(CSP-028)の順に特徴があると思います。Whirlwindは一聴して「あー!これこれ、昔の高中!」っていう感じの音です。現行型はそつなくよく出来ている優等生と言う感じ。I社ModはWhirlwindと現行型の中間的なサウンド。WEED Mod(CSP-028)は、少しハイファイな感じがしますので、幅広い曲に対応でき汎用性がとても高いと思います。

私の個人的な感想は、80年代の高中さんのクリーンサウンドならWhirlwind、90年代のクリーンサウンドならI社Mod、2000年代のクリーンサウンドならWEED Mod(CSP-028)という感じでしょうか・・・。もし一つだけ買うならWhirlwind。出来ればWhirlwindとWEED Mod(CSP-028)を二つ買いたいところ。この二つがあれば、様々なdyna comp音色が出せ、高中サウンドのコンプ編はバッチリではないでしょうか?

機会があれば、Whirlwind、WEED Mod(CSP-028)を試されてみてはどうでしょうか?かなり違いのある音ですが、どちらも高中サウンドで時代の変遷を感じられると思いますよ。

2009年12月21日 (月)

CAE 1×4

Cae_14 CAEの1×4についてご照会がありましたので、今日はこれについて書いてみたいと思います。画像は私の持っている1×4です。既に販売中止になっている機材であまり知られていませんが、実はCAEの4×4とセットで使うと大変便利な機材なのです。

CAEの4×4には、Loopが4つ(L1~L4)、Control Functionが4つ(C1~C4)が付いています。Control Functionは通常オーディオミュートやアンプのチャンネル切替えに使いますが、CAEの1×4をControl Functionに繋げるとControl FunctionをLoopとして利用きるという優れものなのです。

簡単に言うとCAEの4×4にLoopを4つ増やす事ができ、最大8つまでLoopが使えるようになります。現在、CAEの1×4は流通が少なく、オークションでもほとんど見かけることがありませんが、3万から5万円の間で取引きされているようです。

貴重な製品ですので、CAEの4×4をお持ちの方は拡張用として持もたれておくと便利ですね。

2009年12月20日 (日)

Whirlwind The Red Box(1)

Whirlwind1_3 注文していたWhirlwind The Red Box(Compressor)が我が家にも届きました。私は税込み18,000円で購入しましたが、どのお店でも、ほぼこの価格帯で販売されているようです。以前もブログに記載しましたが、このThe Red BoXはMXRの創始者、マイケル・ライアコナ本人の手によるOriginal MXRレプリカです。徹底的にオリジナルにこだわったトーンが売りですが、オリジナルとは異なりトゥルーバイパス、LED、DC9V端子が付くなど、現代の音楽シーンにマッチした仕様のため、大変使いやすい現実的なエフェクターとなっています。

私の場合、DC9V端子やLEDすら付いていないボロボロの中古ヴィンテージMXRを数万も出して買う気にはなれませんでしたので、願ってもない機種の発売でした。最も便利なのは、DC9V端子の位置やエフェクターケースの大きさがMXR dyna compと全く同じため、ボードへの乗せ替えが配線をいじることなく容易に出来ることです。また、筐体も塗装の剥げにくいつや消しの黒ですので、精悍な感じがして、とても気に入っています。

Whirlwind2_4 ちなみに並行輸入品対策として、今回から写真のように「Okada International」のシールが貼られています。やはり日本に入ってくるものは正規代理店経由のものだけにして欲しいものです。そうすればもう少し価格も下がるかも知れませんね。並行輸入品は、個人や会社が一度どこかのお店で購入したものを国内で販売しているわけですから、正確には新品ではなく、新品同様ということになりますし、正規保証も効きませんし・・・。

さて、肝心のサウンドですが、私の持っている他のMXR dyna compと比較レポートを順次掲載していきますので、お楽しみに。

2009年12月 7日 (月)

初代オリジナルギター ~ご希望の方にお譲りします~

51 ご希望の方がおられれば、初代オリジナルギターをお譲りいたします。ギターの状態・価格等については、ブログのメール欄よりお問い合わせ下さい。

高中さんも所有されていますが、このギターは現行型になる前のJeff BeckモデルをMODしたものです。詳しくは、過去のブログ(2008年10月27日~11月11日)のオリジナル・ギター構想(20)~(27)をご覧下さい。

画面左のカテゴリーからギターを選んでいただくと、該当のブログにたどり着けます。

2009年12月 6日 (日)

スケールレッスン

Scale_book 無性にギターの練習がしたくなり、今更ながらスケール練習の教則本を買ってきました。個人的には、かなりいい本だと思います。いやぁ~、最近の教則本には必ずCDの音源が入っていますので、本当に便利ですね。私が高校生の時は、音源がなく往生したものです。ご興味のある方は、一度楽器店で見てみてください。結構、いいと思いますよ。

ずっと仕事が忙しく、なかなかギターに集中する時間がありませんが、しばらくはスケールの練習をして、なまった指を少しでも元にもどさねば・・・と思っています。

2009年12月 5日 (土)

夏道 ~SUPER LIVE 2009~ DVD予約開始

Middle_12542294921 先日、夏道 ~SUPER LIVE 2009~ DVDの予約が開始されました。Amazonだと、定価5,250円のところ3,885円で購入できます。なんと、26%引きの上に送料までが無料です。私も早速Amazonで予約しちゃいました。発売日は来年の1月27日ですが、今から楽しみです。

2009年12月 3日 (木)

Fender 高中モデル?

Mod_takanaka_model 最近、ブログの更新が滞って申し訳ありません。書くネタは沢山あるのですが、なかなか自分の時間が取れない状況です。さて、先日、ネットで画像のギターをお作りになった方を見つけましたので、ご紹介いたします。

http://guitar-cv.com/entries/show/15

この方も高中さんがお好きな方のようで、Fender高中モデル風にストラトを改造されたとのことです。私も以前はFender高中モデルを2台所有していましたが、今はお嫁に出てしまいましたので、もう手元にはありません。どちらも大変良い嫁き先ですので、とても安心しています。

ということもあり、現在、Fender高中モデルをヒントにT-soundモデルを検討しています。しかし、如何せん、今までギターはSGやFenderなど高中さんが使用された物ばかり使っており、カスタムギターを作るにはまだまだ知識が足りず、現在、猛勉強中です。

※画像は、Guitar Collection Virtualのサイトより転載しています。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ