« オリジナル・ギター構想(23) | トップページ | オリジナル・ギター構想(25) »

2008年11月 5日 (水)

オリジナル・ギター構想(24)

7 オリジナル・ギターのベース機となった旧Jeff Beckモデルの後期型には、現行Jeff Beckモデル同様、標準でシャラーのロックペグが付いていましたが、Fender高中モデルや旧Jeff Beckモデルの初期型同様、艶消しタイプのSperzel 6L Satin Chromeを取り付けた画像です。うーん・・・。かなり格好良くなったと思いませんか?

こだわっただけあって、やはりチューニングの安定度が格段に向上しています。また、チューニングの精度が素晴らしく良くなっています。私が愛用しているPetersonのチューナーだと、シャラーのロックペグとのチューニング精度の違いがよくわかります。チューニングにこだわる高中さんが、Sperzelを愛用されているのも、「なるほど!」とうなずけるものです。

« オリジナル・ギター構想(23) | トップページ | オリジナル・ギター構想(25) »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/24911383

この記事へのトラックバック一覧です: オリジナル・ギター構想(24):

« オリジナル・ギター構想(23) | トップページ | オリジナル・ギター構想(25) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ