« オリジナル・ギター構想(3) | トップページ | オリジナル・ギター構想(5) »

2008年5月 4日 (日)

オリジナル・ギター構想(4)

Fender_lsr_rollernut 早速、秋葉原にあるイケベ(リボレ)に行って、現物のWilkinson Roller Nutを確認してきました。イケベ・オリジナルということですが、Jeff Beckが昔使っていたものと全く同じ仕様だそうです。私は元々のWilkinson Roller Nutと聞き比べた事がないので、イケベ・オリジナルとの音の違いはよくわかりません。

しかし、店員さん曰く、「これは、あくまでもJeff Beckと同じ昔ながらのNut使いたいと言う人のニーズに応えて作ったもの。張れる弦の太さも制限されるし、ネックも削らないと取り付けられない。しかも性能も新型であるLSRの方がよい。」とのこと。なんと、商売気のない店員さんでしょう。ということで、まだ、5~6個余っていましたが、結局買わずに帰ってきました。結局、ナットはFender高中モデルや現行Jeff Beckモデルでも採用されているLSRにすることにしました。左の画像がそのLSRです。

ついでに、ワンボリューム・ワントーン化、塗装の変更も出来るかと聞いたところ、イケベでも全てできるとのこと。ただし、現行Jeff Beckモデルと同様のヒールカットは、ボディ剛性の関係から難しいと断られました。

しかし、どうも納得がいかず、セカンドオピニオンを聞くために、いつもの楽器店にも問い合わせてみました。すると、ヒールカットも問題なくできるとの事。いつもの楽器店は、プロ用のギターを作っているお店ですので信頼できます。旧Jeff Beckモデルを入手したら、早速いつもの楽器店にモディファイを依頼しようと思います。

« オリジナル・ギター構想(3) | トップページ | オリジナル・ギター構想(5) »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447593/20644285

この記事へのトラックバック一覧です: オリジナル・ギター構想(4):

« オリジナル・ギター構想(3) | トップページ | オリジナル・ギター構想(5) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ