« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

ORANGE SQUEEZER リイシュー(2)

今年もいよいよ今日で終わりですね、8月13日にブログを開設して以来、約4ヵ月半で3万近いアクセスをして頂きました。40代オヤジの個人的趣味にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

Orange_squeezer_reisue3 さて、本年最後のブログは、昨日に引き続き、Dan Armstrongネタです。これは、Dan Armstrongの「YELLOW HUMPER/BASS EQUALIZER & TONE BOOSTER」で、主にベース用に開発されたバンドイコライザー/トーンブースターになります。ボトムレンジの強調、ミッド~ハイレンジが強調でき、ベースサウンドをよりブリリアントに増幅するのに最適なようです。

Orange_squeezer_reisue4 続いてこちらは、Dan Armstrongの「PURPLE PEAKER/EQUALIZER & TONE BOOSTER」です。高音の煌びやかさや、中高音域をパンチ力溢れるサウンドにする事が出来ます。ギターソロのここぞという時に、絶大な効果を発揮するようです。

Dan Armstrongの製品も色々ありますね。それでは、みなさん良いお年を!

2007年12月30日 (日)

ORANGE SQUEEZER リイシュー(1)

Orange_squeezer_reisue1 11月4日のブログでもご紹介しましたが、今年の楽器フェアで展示されていたDan Armstrongの「ORANGE SQUEEZER/COMPRESSOR」のリイシュー版がついに発売になりました。定価は19,950円(税込み)ですが、実売価格は15,900円のようです。私はSG-T2、SG-MTも売却してしまい、現在はストラトしか持っていませんので、「ORANGE SQUEEZER」を購入しても使うことができません。残念!

オリジナルは、米国Musitronics(Mu-Tron)製で、1970年代から1980年代にかけて、高中さんやリー・リトナー、ラリー・カールトンなど世界を代表するギタリストたちが愛用していましたね。立ち上がりの鋭さを抑えたマイルドなアタック感、クリーンで滑らかなサスティーンは、他のエフェクターでは出せないであろうと思われます。

画像を見て「アレ?」と思われる方もおられるかと思います。そうなんです。筐体の色が鮮やかなオレンジに変わってしまいました。オリジナルや旧復刻版の筐体は、もっと赤みの強いオレンジ?でしたね。また、今回のリイシュー版では、内部トリマーにより効果の微調整が可能なため、筐体の外側に穴も開いていません。音叉マークの付いたヴィンテージ物(オリジナル)にこだわる方は別ですが、私ならこの復刻版を購入します。うーん。しかし、購入しても今持っているストラトには付けられないので、悩むところです。

Orange_squeezer_reisue2_2 ちなみに、こちらの画像はDAN Armstrongの「RED RANGER/SIGNAL BOOSTER」でパワー・ブースターにもトーン・ブースターにもなる物です。一見、こちらの方がオリジナルや旧復刻版の筐体の色に似ていますので、購入時には間違わないようにご注意を!

2007年12月29日 (土)

X-Radio バツラジ × REBOOT

今年は、昨日が仕事納めでした。お昼に納会があり、お酒が入った後も、なんと、夕方から業者の方と会議があり、最後の最後まで本当に大変な一年でした。

Xradio さて、本日は昨日ご紹介した「REBOOT」ネタの続きです。TBSラジオが大人ためのニュースバラエティとして、月曜日から木曜日の深夜0時よりオンエアする「バツラジ」があります。そのポッドキャスティングの中に、「バツラジ×REBOOT」というコーナーがあり、iTunesに登録することで無料で内容を聞くことが出来ます。モノいぢり ~第27回:「ギター」では、ちょっと興奮気味に、高中正義さんのインタビューの様子を話してくれた村田編集長が登場します。

Reboot_vol42 昨日ご紹介した「REBOOT Vol.4」の高中さんのコーナーとリンクした内容ですので、ご興味のある方は、是非視聴されてみては・・・。

※画像は、「バツラジ」のHPから転載しています。

http://www.tbs.co.jp/radio/x-radio/

2007年12月28日 (金)

REBOOT Vol.4

Reboot_vol これは、40歳オトコのこだわり雑誌「REBOOT」のVol.4です。98ページ以降に「楽器の誘惑」というタイトルで、高中さんの話題が掲載されています。今回は立ち読みではなく、昼休みに三省堂で購入しました。結構、あちこち探しましたが、「REBOOT」を置いている書店って、あんまりないんですよね。これも、DVD「南東風~SUPER LIVE 2007~」の宣伝のために、企画されたのではないかと思っています。

高中さん的にはSGのハーフトーンよりも、ストラトのハーフトーンが好きだとのこと。SGだとヘッドが重くて下がってきてしまうが、ストラトは軽くてバランスがいいとも言われています。やはり高中さんのルーツはストラトなんでしょうね。また、以前から使用されているストラトは、60年代のボディに50年代のネックを付けたものだったそうです。今では、ネックもオリジナルロゴのついた物に替えられてしまいましたが、ギターはコレクターとして集めているのではなく、あくまでも演奏性や音を追求して所有されているのだそうです。

その例として、昔使っていたサンバーストのSG1000は、カニをたくさんもらったお礼に、その人に譲ったそうです。SGは太い音がするし、音が伸びるので、モニターみたいな感じで使い始めたそうですが、サンバーストのSG1000は使わなくなっていたので、結局あげてしまったようです。

この内容にご興味のある方は、是非、「REBOOT Vol.4」を購入されてみては・・・。

2007年12月27日 (木)

リッピングと変換について

Takanaka_ipod_touch

これは、ipod touchにDVDを入れた画像です。ここまで来るのに本当に一苦労しました。そのためか、全てのDVDを入れ終わった後の喜びもひとしおです。

さて、昨日のブログでもご説明しましたが、DVDをipod_touchで見るには、リッピングと変換が必要です。それぞれ、専用のソフトが必要になりますが、インターネット上で簡単に入手できます。それでは、機械に強くない私でも、簡単に出来たリッピングと変換の方法について、ご説明したいと思います。

<リッピング>

  1. インターネット上のサイト「日本語化工房-KUP」から「DVD_Decrypter」というソフトの「本体」と「日本語化パッチ」をダウンロードします。
  2. 次に「DVD_Decrypter」の「本体」をインストールします。
  3. 「DVD_Decrypter」起動する前に「日本語化パッチ」を解凍し、ソフトの日本語化を完了させます。
  4. ドライブにリッピングしたいDVDを挿入したら、「DVD_Decrypter」を開き、「モード(M)」から「ISO」の「読み込み(Y)R」を選択します。
  5. DVDが挿入されているドライブが「入力元」になっていることを確認し、出力先(リッピングした物の保存先)がデフォルトの設定でよいかを確認します。
  6. 「DVD→HD」のアイコンを押せば、30分くらいでリッピングが終了します。

これで、DVDをISOファイル(拡張子がISO)として、PCに取り込む事が出来たわけです。色々な本やネット上にも、その他のリッピングソフトや方法が掲載されていますが、私はこの方法が一番簡単だと思います。しかし、リッピングが終わっただけでは、ipod touchでDVDを見る事は出来ません。PCに取り込んだDVD(ISOファイル)をMP4に変換する必要があるのです。これには、ものすごい時間がかかります。私のPCだと平均5時間~6時間を要しました。

<変換の方法>

  1. インターネット上の公式サイトから、Handbrakeの「Windows_GUI」版をダウンロードし、インストールします。
  2. Handbrakeを起動し、「Source(変換元)」の横にある「File」にチェックを入れます。
  3. 「Brouse」ボタンをクリックし、「DVD_Decrypter」でリッピング(ISOファイルに変換)したファイルを選択します。
  4. 「Destination(保存先)」にある「Brouse」ボタンをクリックし、変換したファイルの保存先とファイル名を決めます。
  5. 画面の右上にある「Show_Presets」をクリックし、出てきた設定の中から「iPhone/ipod touch」を選択します。
  6. 「Encode Video」ボタンを押して、5時間~6時間待ちます。
  7. 変換が終了したファイルをiTunesのムービーにドラッグして同期をとれば終了です。

チャプター毎に選んで変換したり、吹替えや音声字幕を設定する事も可能ですが、音楽DVDの変換には特に必要ないので、説明は割愛します。

なお、あくまでもご自身で購入されたDVDを私的視聴をするためにリッピングと変換の方法をご紹介しています。この方法でリッピングや変換をされる場合は、あくまでもご自身の責任と判断で行っていただけますよう(お願いします。

2007年12月26日 (水)

DVDの「ipod touch」化が終了

Takanaka_dvd 先日の三連休を使って、ようやくipod touchに高中さんのDVDを全て入れました。これで、「いつでも」「どこでも」高中さんのDVDを見ることが出来ます。

しかし、たかだかipod touchに動画を入れるのに、なんでこんに時間がかかるの?と言いますと、DVDをipod touchで見れるようにするには、DVD一本あたり約6時間という根気のいる変換作業が必要なんです。最初に、DVDのリッピング(DVDをPCで使えるようデータを吸い出すこと)を行い、次にipod touchで見れる形(MP4)にファイル変換をしなくてはりません。結局、13個のDVDタイトル(14枚のDVD)を全てipod touchに入れましたので、最終的には84時間もの時間を費やした事になります。この間、私のPCはフル稼働でした。

ipod touchには8GBと16GBの2種類のモデルがありますが、高中さんのDVDとCD(アルバム)を全て入れたい場合は、少し高くても16GBのモデルを買うことをお薦めします。私も16GBのモデルを購入しましたが、想像どおり、軽く8GBを超えてしまったのです。なんと、CD(アルバム)だけで2.4GB、DVDに至っては8.8GBも使ってしまいました。

ちなみに、私はあくまでも、自分が購入したDVDタイトルをDVDレコーダーではなく、ipod touchで私的視聴するために変換したものです。みなさんも、DVD、CDを問わず、著作権の侵害にならないよう、使い方には十分注意しましょう。

<変換したDVDタイトル>

  • 南東風 SUPER LIVE 2007
  • 夕天 SUPER LIVE 2005
  • 快晴 CROSSOVER JAPAN'05 LIVE
  • 一天 SUPER LIVE 2004
  • 晴天 2003 LIVE
  • CROSSOVER JAPAN'03 #2
  • CROSSOVER JAPAN'03 #1
  • TOUR'97 虹伝説Ⅱ ACTⅡ 過去へのタイムマシン
  • TOUR'97 虹伝説Ⅱ ACTⅠ
  • COVERS LIVE AT THE COMPLEX
  • THE PARTY'S JUST BEGUN
  • ONE NIGHT GIG
  • JUNGLE JANE TOUR LIVE
  • RAINBOW GOBLINS STORY

2007年12月25日 (火)

CD「TAKANAKA_2002_LIVE」

Takanaka_2002_live 今日はクリスマスですね。昨日とは違うクリスマス・ソングを探していたところ、「TAKANAKA_2002_LIVE」の11曲目におまけで入っていた「CHRISTMAS_TAKANAKA_MEDLEY」を思い出しました。高中さんの所有ギターから10本を選んで、メドレーごとに弾き分けているという、例のあの曲ですね。イントロやエンディングが一部ブルーラグーンとかぶっていますが、なかなかいいメドレーです。

何を思い立ったか、実は昨日から個の曲の耳コピを始めました。結構簡単なので、少し練習すれば完奏できそうです。ただ、10本のギターを持ち替える訳にはいかないので、ストラトのハーフトーンで弾いています。しかし、この曲が弾けるようになる頃は、既に正月か・・・??

ちなみに収録曲は・・・

  1. エピタウロスの風
  2. 憧れのセーシェル諸島(with gontiti)
  3. VOYAGE 2002
  4. BLUE LAGOON
  5. FINGER DANCIN'
  6. WOOD CHOPPERS BALL
  7. READY TO FLY
  8. KUROFUNE
  9. パラレルターン 2002
  10. 白銀のギター 2002
  11. CHRISTMAS TAKANAKA MEDLEY(10 guitars CHRISTMAS MEDLEY)

2007年12月24日 (月)

CD「O'HOLY NIGHT」

Oholy_night 今日はクリスマス・イブですね。私には子供がいないので、気ままなクリスマス(三連休)を過ごしています。もちろん、クリスマス・ツリーなど飾ってあるわけもなく、家の周囲に電飾を張り巡らすなんて事もありません。しかし、お父さん、お母さんの方々にとっては、今夜は一大イベントですので、準備が大変?なのではないでしょうか?

さて、そうは言っても少しはクリスマス気分を感じたいと思い、手持ちのCDを探してみました。なんと、高中さんのアルバムにもクリスマス・ソングがあったではないですか!すっかり忘れていました。今日は一日これを部屋でかけておこうと思います。

このアルバムをお持ちでない方もおられるかと思いますので、収録曲をご紹介しておきますね。

  1. THE CHRISTMAS SONG
  2. ISLAND CHRISTMAS WISH
  3. O'HOLY NIGHT
  4. WHEN YOU WISH UPON A STAR

2007年12月23日 (日)

Planex 無線LAN USBアダプタ

Planex 先日、購入した「ipod touch」で、高中さんのYou Tubeを見るために、Planex「無線LAN USBアダプタ」を購入しました。税込みで3,980円した。インターネットに接続しているパソコンのUSB端子に接続することで、無線LANのアクセスポイントとして利用できる優れものです。私が購入した物は、電波法改正後の業界最新モデルで理論値上は300Mbpsの速度まで出せます。これなら、新規にルーターを購入しなくて良いので、コスト的にも有利ですね。

うーん。それにしても今年は色んなものを買ったなぁ~。果たしてこれらを使いこなせるだろうか・・・。実は、見たいDVDも、まだ「ipod touch」に入れていません。この連休中にipodに入れてしまわねば・・・。機械オンチの私には、これが結構大変なのです。トホホ。

2007年12月22日 (土)

BRIO 2月号 (12月21日発売)

0712brio BRIO 2月号 (12月21日発売)に、高中さんとスザンヌの対談が見開き2ページで掲載されていました。昨夜、会社から戻った後、23時頃に近くの本屋さんで立ち読みしました。DVD「南東風~SUPER LIVE 2007~」の宣伝のために、対談を企画されたのでしょうね。高中さんが話し役で、スザンヌが聞き役という設定でした。

軽井沢の自宅で、ランニングマシンを使ってウォーキングギターをしている話や、その音源をまとめたCD「SURF & TURF」の話、今回の日比谷のコンサートでの昭和レトロコーナーの話などが語られていました。今年は、高中さんが昔一緒に仕事をした先輩二人(成毛滋、羽田健太郎)がなくなられ、生きているうちに色んなことをやっておこうと決心されたんだそうです。高中さんも、自分の中学時代を思い出し、畳一畳分の鉄道模型を9歳の娘さんと作られたりされたようです。

私も、最近は歳のせいか余り体調がよくありません。人生もとっくに折り返し地点を過ぎていますので、生きてるうちに悔いのないよう過ごさなければ・・・と、改めて思ったのでした。

画像は光文社のHPから掲載しています。ご興味のある方は、是非購入を!

2007年12月21日 (金)

BEA Voice

_beavoice インターネットを見ていたら、こんな物を発見しました。「BEA Voice」という雑誌?(新聞?)みたいですが、こんな刊行誌があったんですね。右上を良く見ると、1980年2月25日と書いてあります。なんと、まだ私が中学1年(13歳)の時の物ではないですか!!私が高中さんを知ったのは、中学二年の夏(1980年の夏)でしたから、正に近い時代の物です。

なんとなく懐かしさを覚え、ブログにアップしてみました。みなさんは、「BEA Voice」ってご存知でした?

今も発行されているのでしょうかねぇ~??

2007年12月20日 (木)

BE-BORN STUDIO

Be_born_studio このスタジオは、私の自宅からも比較的近い場所にあります。関越自動車道の練馬インターからも比較的近いので、高中さんも自宅の軽井沢から行きやすいからでしょうか??以前は高中さんのオフィシャルHPにも紹介されていましたね。よく見ると、高中さんが以前使用されていたラックに似たラックもあります。高中さんもレコーディングで使用されていたのでしょう。

プロ用のスタジオですが、腕に自身のある方は、レコーディングの際は使われてみては・・・?

http://www.beborn.com/studio/index.html

※画像はBE-BORN STUDIOのHPから転載しています。

2007年12月19日 (水)

夢のオリジナルギター

Takanaka_old_strato_head 私は、現在、エレキギターとしてストラトを3本(Fender USA JeffBeckモデルMODとFender CUSTOM SHOP TAKANAKAモデルを2本)持っていますが、実はどうしても自分オリジナルの高中モデル(T-Soundモデルと言うべきか?)が欲しいのです。もちろん、市販されていませんので自分で作るしかないのですが・・・。

外見は、JeffBeckモデルをベースにしつつ、ネックには画像の高中さんが数年前に付け替えられた物にプリントされているロゴを入れ、ボディは高中ブルーにしたいのです。

具体的には、ネックはメイプルでワンピース。もちろんC-Shapeでスパーゼルのロッキングチューナーとウィルキンソンローラーナットを付け、ボディはアルダーでヒールカットタイプ。ピックアップは60年代のシングルコイルかノイズレスピックアップで、1ボリューム・1トーンに・・・。こんなイメージでしょうか・・・。

しかし、実際に作るとなれば一体いくらかかるんでしょうね。年末ジャンボでも買って、当選発表日までのはかない夢を描いて楽しむしかないかなぁ~。

究極の高中モデルを目指したギターは、K STUDIOさんのHPで367,500円(税込み)で販売されているようです。

http://www.kstudio.co.jp/guitar.html

2007年12月18日 (火)

中古MXR Dyna Comp入手

Beforedynacomp 12月4日のブログで、今回、新品のPARALLEL PHASEを再入手したのを機に本格的に高中システムに挑戦してみようかと・・・。と書きましたが、現在、着々と機材が集まり始めています。今回はMOD用に中古でMXR Dyna Compを入手しました。これはヴィテージ物ではありませんので、探せば新品のDyna Compと同じか、少し安め(9千円程度)で手に入ります。この80年代の後半のLED付きタイプのDyna Compは、価格の問題よりも、在庫を探すのが大変なのですが・・・。

画像でも分かるとおり、以外きれいな物が手に入りました。今回はケースは変えず高中MODをした上で、できる限りパーツは良いものに変更しようかと思っています。ひょっとしたら、塗装もしなおすかもしれません。出来上がったらまたご報告しますね。

2007年12月17日 (月)

iPod touch

Ipod_toutch 先日、車を買い替えたついでいに、気が大きくなって、こんなものまで買ってしまいました。DVD「南東風~SUPER LIVE 2007~」をいつでも何処でも見るために買ったiPod touchです。今までは第二世代のiPod nanoだったのですが、どうせなら音楽も、ネット、動画も一台で見れるiPod touchにしようと思い16GBのモデルを購入しました。もちろん、今まで持っていたiPod nanoはオークションで売られて行ったのでした。ひゅ~~。iPod touchは、公衆無線LANを使ってファーストフードやコーヒーショップ、駅などで、「YouTube」にも簡単に接続できます。最近では、「YouTube」に高中さんの映像がたくさんアップされていますよね。これも購入の決め手になりました。

Ipod_toutch_book とは言っても、T-Soundこと私は中年オヤジですので、機械操作が・・・???ということで、マニュアル本も一緒に購入しました。最近の家電量販店はいいですね。ついたポイントで1,300円のこの本まで買えちゃいました。

2007年12月16日 (日)

空間系エフェクターの接続について

昨日は機材を繋ぐ順番についてご説明しましたが、「オートワウ」 → 「コンプ」 → 「ディストーション(オーバードライブ)」 → 「フェイザー」 → 「プリアンプ」 → 「コーラス」 → 「ディレイ」 → 「リバーブ」 → 「パワーアンプ」の順は、あくまでも基本中の基本です。もちろん、各機材の位置を変更する事で様々な音を出すことが出来ます。しかし、誰がなんと言おうと、ご自身の好きな順に接続するのが一番良いでしょう。

Dls_ultra_chorus また、空間系エフェクター(コーラス、ディレイ、リバーブなど)にMixerを挟むと、格段に音が良くなります。最近のコンパクトエフェクターにはブレンドノブが付いており、簡易なMixer機能のあるものもありますので、購入時の目安にされると良いでしょう。

また、空間系エフェクターは、プリアンプの後に繋がないと音が濁ってしまいますが、空間系コンパクトエフェクターはラインレベルに対応していないものが多く、残念ながらプリアンプの前にしか繋げないものが沢山あります。しかし、高中さんの音を目指す方であれば、空間系エフェクターを接続するきちんとした理論を理解する必要があります。ちなみみにDLSのChorus-Vibは空間系エフェクターですが、ラインレベルに対応していないためプリアンプの後ろに置くことは出来ません。フェイザーのすぐ後ろ(プリアンプの直前)に置くことをお薦めします。

高中さんは、無理矢理ラインレベルに変換してプリアンプの後にChorus-Vibを繋がれているようですが、アマチュアの我々にそんな事は無理です。どうしても高中さんと同じようにDLSのChorus-Vibをプリアンプの後ろに置きたい場合は、その上級機種であるDLS Ultra ChorusⅡを使いましょう!これなら、切り替えトリムがついており、プリアンプの前でも後でも自在に接続する事が出来ます。接続の理論について話し出すと、長くなりますので又の機会に詳しくご説明しますね。

※画像はタハラのHPより転載しています。

2007年12月15日 (土)

「PARALLEL PHASE」のセッティング(2)

New_parallel_phase2

さて、K STUDIOさんのHPにも紹介されていますが、これが高中サウンドを出す場合のセッティングです。高中さんの曲を弾くのであれば、歪ませた場合も、クリーントーンの場合も、このセッティングでOKだと思います。言い換えると、一度セッティングしてしまうと、二度と変更する事はありません。事実、高中さんもミュートロン・バイ・フェイズのセッティングは固定のようですから・・・。

ディストーションに合わせると、ライブ時に曲のエンディングで使われるジェットサウンドを出すことが出来ます。また、クリーントーンに合わせると、ライブ時に間奏のバッキング(カッティング)などで使われる音を再現できます。

次に繋ぐ順ですが、皆さんご存知のとおり、「オートワウ」 → 「コンプ」 → 「ディストーション(オーバードライブ)」 → 「フェイザー」 → 「プリアンプ」 → 「コーラス」 → 「ディレイ」 → 「リバーブ」 → 「パワーアンプ」の順が基本ですよね。しかし、これらのエフェクターを直列に繋いでしまうと、いくらトゥルーバイパスのエフェクターであっても音痩せを起こしてしまい、本来の性能が発揮できません。必ず、LOOPの付いた機材を使って、全てを並列に繋ぎましょう!

2007年12月14日 (金)

「PARALLEL PHASE」のセッティング(1)

New_parallel_phase3本日は、PARALLEL PHASE本体への接続方法についてご説明します。PARALLEL PHASEは、「PHASE A」と「PHASE B」の2種類のフェイザーから構成されていますので、接続には以下の3種類の方法があります。

ちなみに、高中サウンドのフェイズ音を出すなら、2のシリーズ接続にするとよいと思います。

  1. パラレル接続・・・2台のアンプを使い、「PHASE A」と「PHASE B」をそれぞれ別のフェイズ音で鳴らし分ける時の接続方法です。「INPUT」にシールド入れて「OUTPUT A」と「OUTPUT B」のそれぞれから出力します。
  2. シリーズ接続 ・・・「PHASE A」と「PHASE B」を内部で直列につなぎ、1台のアンプで強いうねりを出す時の接続方法です。「INPUT」にシールド入れて「OUTPUT B」から出力します。
  3. PHASE B無効・・・通常のフェイザーとして使用する時の接続方法です。「INPUT」にシールド入れて「OUTPUT A」から出力します。

2007年12月13日 (木)

入手!DVD 南東風~SUPER LIVE 2007~

2007dvd1 昨日、夜遅くにヘトヘトになって仕事から家に戻ったら、なんと、ネットで注文しておいたDVD「南東風~SUPER LIVE 2007~」が郵便受けに入っているではないですか!昨日が発売日だったので、まさか当日に入手できるとは思ってもいませんでした。本当にラッキーでした。

2007dvd2 とはいえ、さすがに昨夜は帰宅時間も遅く、今日の仕事に堪えるので、ここは「グッ」と我慢し、DVDを見るのは明日(金曜)の夜までお預けにする事にしました。そうは言っても、中身は開封してみました。こんな感じです。明日の夜が楽しみです。内容については、また後日、ご報告しますね。

みなさんは、入手されましたよね?

2007年12月12日 (水)

ILITCH TWIN DRIVE(2)

本日は、待ちに待ったDVD「南東風~SUPER LIVE 2007~」の発売日ですね。前日(12月11日)の夜から購入できるお店もあるようですが、既に入手された方はおられるのでしょうか?私は、ネットで購入しましたので、きっと週末くらいに届くのではないかなぁ?と思っています。

Ilitch_twin_drive2_2 さて、昨日からご紹介している「ILITCH TWIN DRIVE」ですが、これがなぜ、優れものかといいますと、なんとコンパクトエフェクターであるにも関わらず、2チャンネル仕様だからなのです。

CH1は「ILITCH CLASSIC ONE」と同じ歪みを持つオーバードライブ(軽めのオーバードライブから飽和状態の歪みまで可能)。一方、CH2ではサウンドにウォームな膨らみを与え、TUBEクリーンサウンドを出す事ができます。更に真空管アンプに繋げばクリーンブースターとしても使えます。我々アマチュアが、「いつ」、「どこで」、「どんな」アンプを使っても、歪み・クリーンを問わず常に一定のTUBEサウンドを出すことが出来るという、まさにいたれりつくせりの超実践的なライブエフェクターなのです。

Ilitch_twin_drive3 最近のコンパクトエフェクターは技術が進歩し、トランジスターアンプに繋いでも、真空管アンプの音(TUBEサウンド)を出せると言われる物が増えました。ところが実際に繋いでみると、意外?にも、有名な高額エフェクターでさえ、その音にがっかりすることが多いようです。しかし、ILITCHは違います。独自のMAMPデザインにより、どの機種であっても本物に近いTUBEサウンドを出すことが出来るのです。ですから、高中さんも「ILITCH HEAVY METAL」をお持ちなのだと思います。

しかし、そのILITCHにも弱点がありました。エフェクトをONにした時はTUBEサウンドが得られるのですが、クリーン音を出すためにエフェクトをOFFにすると、その時に繋いでいるアンプ本来の音に戻ってしまうため、スタジオやライブでJCなどのトランジスタアンプを使っていると、TUBEサウンドとは程遠いペコペコの音に戻ってしまっていたのです。これは、どのドライブペダルでも同じことなので、仕方ないのですが・・。しかし、「ILITCH TWIN DRIVE」では、そこが改善されたという訳です。

「ILITCH TWIN DRIVE」における雄一の不満はCH1の歪み量です。現在は「ILITCH CLASSIC ONE」と同程度の歪み量ですが、「ILITCH HEAVY METAL」と同程度まで引き上げてくれると最高です。輸入・販売元のオカ・ダインターナショナルには、以前そうお伝えしたことがあるのですが、実現するかどうかは・・・。

いずれにせよ、現在、世に販売されていドライブペダルでは最高の品だと思います。私は、「ILITCH HEAVY METAL」と「ILITCH TWIN DRIVE」をそれぞれ別のLOOPにつなぎ、通常の歪みは「ILITCH HEAVY METAL」で、クリーン音またはクランチ音は「ILITCH TWIN DRIVE」でと使い分けるつもです。これで歪みもクリーンもコンパクトエフェクターだけで完璧なTUBEサウンドを出すことが出来ます。システムが出来上がったら、またご紹介します。

2007年12月11日 (火)

ILITCH TWIN DRIVE(1)

Ilitch_twin_drive1 先日、冬のボーナスが出たということもあり、今年一年間の自分へのご褒美という名目で、11月に発売されたばかりのILITCHのTWIN DRIVEを購入しました。定価は56,700円(税込み)ですが、いつもの馴染みの楽器店から購入しましたので、なんと43,200円(税込み)で入手できました。市場価格は、通常45,360円(税込み)位のようですので、これも意外に安く購入できました。

しかし、もともと、なけなしのボーナスは、右から左に飛んで行ったのでした。ひゅ~~っ(寒)。

このエフェクターが優れているのは、2チャンネル仕様で、ディストーションにもクリーンブースターにもなるところです。詳しくは明日のブログでご紹介しますね。

2007年12月10日 (月)

第18弾 楽譜「その他」

Takanaka_score181 本日、楽譜シリーズの最終回です。「ようやく終わったかぁ~」と言わないでくださいね。これは、リットーミュージックから発行されている「なりきりギターヒーロー(ギタカラ!)」です。高中さんの曲は「BLUE LAGOON」が一曲掲載されています。憧れの名曲を付属のCDカラオケに合わせて弾く事ができます。しかも、そのカラオケは、な・ん・と、生演奏で収録されているのです。普通のカラオケCDは、DTMソフトで作ったデジタル音源が多いのですが、生音だとリアル感が楽しめていいですよね。

Takanaka_score182 一方、こちらは「なりきりギターヒーロー(ギタカラ!) 伝説の名曲編」です。高中さんの曲は、「READY TO FLY」が掲載されています。どちらも、スコア譜ではありませんが、ギターTAB譜は付いています。

ちなみに、2006年に「なりきりギターヒーロー(ギタカラ!)」のコンテスト(ギタカラ・グランプリ 2006)が開催され、優秀曲が発表されています。こちらのサイトで確認できますので、ご参考までにどうぞ。

http://www.rittor-music.co.jp/guitakaragpx/index.html

2007年12月 9日 (日)

第17弾 既に紹介した楽譜

本日、楽譜シリーズ第17弾です。昨日までにご紹介した以外で、現在私が持っている高中さんの楽譜は、10月9日のブログにある「Can I Sing?」と、11月12日の「高中正義ライブ全曲集」です。

ちなみに高校時代に使っていた楽譜は、リットーミュージックから発行されていた「虹伝説」、「ALONE」、「SAUDADE」です。今となっては、インターネットで画像すら探す事ができません。トホホ。もちろん今は持っていませんが、ひょっとしたら実家の物置で眠っているかも・・・。今度、実家に戻ったら、探してみよう~っと♪♪。

Takanaka_score17 現在、自分が持っている高中さんの楽譜を見直してみると、「本当によく集めたなぁ~」と、我ながら感心します。数年前までは、楽譜なんて一冊も持っていなかったのに、学生時代(主に高校時代)を二十数年ぶりに思い出しつつ、必死に探しまわった結果です。今の時代、インターネットがあって本当によかったです。みなさんも、執念深く探せば、なんとか楽譜はGetできると思いますよ。

それにしても、高中さんの楽譜はどこの楽器店へ行っても、なかなか置いてないですね。私の高校時代は、楽器店へ行けば必ず高中さんの楽譜が数種類は置いてあったものなのですが・・・。時代の流れなのでしょうか・・・。

2007年12月 8日 (土)

第16弾 今欲しい楽譜#2

Takanakascore161 本日、楽譜シリーズ第16弾です。これも私は所有していませんが、アルバム「T-Wave」の楽譜で、今最も欲しい楽譜です。それと言うのも、「空ド白ソ」と「LePremierMars」の2曲が弾きたいからなのです。この楽譜は、なかなかオークションに出てきませんし、出品されても高くてなかなか手が出せません。う~ん。これも数年がかりで探しまわっているのですが、これも巡り合わせ。気長に出会いを待つことにします。

Takanaka_score162 ちなみに、右の画像もアルバム「T-WAVE」の楽譜ですが、「空ド白ソ」と「LePremierMars」以外の曲しか収められていません。こちらは時々オークションで見かけるのですが、これでは目的が達成出来ません・・・(悲)。

2007年12月 7日 (金)

速報!CAE RS-5の全貌

Rs10mk 本日も、楽譜シリーズを一時中断して速報です。以前、11月3日のブログでご紹介しましたが、CAEから出る予定のRS-5について、ようやくスペック(概要)が判明しました。今年1月にCAEのHPでRS-5の存在が明らかになって以来、ここまで来るのに約1年。さすが、アメリカのスピードって言う感じですね。恐るべし・・・。

いよいよ、来年春には$599で発売される予定のようです。日本では10万円しない位の定価になるのではないでしょうか?

さて、肝心の特徴ですが・・・

  • 外寸はRS-10MKⅡと同程度。
  • 25個のバンクを持ち、それぞれ5つのプリセットが可能。
  • 5つのダイレクトアクセスが可能。
  • バンクアップとバンクダウンは別々のフットスイッチ。
  • 編集/保存を兼ねたフットスイッチ。
  • 4つのプログラムチェンジ(4種類のMIDI信号?)が制御可能。
  • Expanderの接続により拡張が可能。 等です。

まだ、RS-5の確定画像はありませんので、恐らく同じ大きさになると思われるRS-10MKⅡの画像を掲載しておきます。当面はこれからイメージを膨らませるしかありません。RS-10がなかなか製造されない今、RS-5が発売されたら、すぐに買うことをお薦めします。私はRS-10もExpanderも両方所有していますが、RS-616と異なりダイレクトアクセスが独立しているため、使いやすさ抜群の素晴らしいフットスイッチです。もちろん、RS-616にも良いところは沢山あるのですが、高中さんの旧フットスイッチをイメージして、もっと良い音のフットスイッチ(スイッチングシステム)をお探しなら、こちらだと思います。

詳しくはCAEのサイトをご覧下さい。

http://www.customaudioelectronics.com/foot_controllers.htm

※画像はCAEのサイトから転載しています。

2007年12月 6日 (木)

第15弾 今欲しい楽譜#1

Takanaka_score15 本日、楽譜シリーズ第15弾です。私は所有していませんが、これはアルバム「夏全開」の楽譜で、今欲しい楽譜の一つです。オークションで、時々出品されていますが、入札価格が19,800円からスタートですから如何せん高すぎます。以前、3,000円程度でオークションに出品されていたことがあるのですが、仕事の関係で入札できず、惜しくも落札を逃してしまいました。こういう物は、時の運ですから、まめにオークションをチェックして、なんとかGetしたいと思っています。

ちなみに、この画像は、オークションに出ていた画像を転載しています。

2007年12月 5日 (水)

第14弾 楽譜「高中正義ギター・プレイ 1981-2004」

Takanaka_score14_2 本日、楽譜シリーズ第14弾です。これは昨日ご紹介した楽譜の続きで、1981年から2004年までの曲が収められています。こちらも、マイナーチェンジをして、現在では表紙が変わっているようですね。

2007年12月 4日 (火)

New PARALLEL PHASE

New_parallel_phase1 今日は、楽譜シリーズを少し休憩して、昨日質問のあったPARALLEL PHASEネタです。これは、ご存知のとおり神田商会から限定300台のみ販売されたPARALLEL PHASEです。私も以前所有しており、ラックに組み込んでいましたが、最近では高中さんもラックからミュートロン・バイフェイズを外され全く使われなくなったので、私も約1年前に売ってしまい、後悔していたところでした。以前持っていたPARALLEL PHASEについては、9月18日のブログを見てみてくださいね。

New_parallel_phase2 実は、つい最近、販売元の神田商会に電話し、最後の3台を卸した楽器店を聞き出し、該当のお店(イケベ楽器)にまで電話して探し回っていたところでした。PARALLEL PHASEは、ミュートロン・バイフェイズをコンセプトに作られた物ですが、ミュートロン・バイフェイズでは、如何せん大き過ぎます。しかも年代物ですし、電源処理も大変な上、中古であまり程度の良いものもありません。高中さんのフェイズ音を出すには、ドンズバであるミュートロン・バイフェイズかこのPARALLEL PHASEしかありませんし・・・。

しかし、いやぁ~探してみるものですねぇ~。デッドストック品(シリアル№051)で、全くの新品状態のPARALLEL PHASEを24,800円で入手する事が出来たのです。本当にラッキーでした。これで、あのうねりのあるジェットサウンドがまた出せます(嬉)。ディストーションにかけてもよし、クリーントーンにかけてもよし。高中さんもどちらにも使われていましたよね。

というわけで、これを機に本格的に高中システムに再挑戦してみようかと・・・。というか、高中さんより良い音が出せるようなシステム作りに凝ってみようかと思っています。ただいま、計画中かつ機材を収集中ですので、お楽しみに・・・。

2007年12月 3日 (月)

第13弾 楽譜「高中正義ギター・プレイ 1976-1980」

Takanaka_score13 本日、楽譜シリーズ第13弾です。これは、シリーズ物で、1976年から1980年までに高中さんが発表したアルバムからセレクトされた曲が収められています。もちろん、カラオケCDが付属しています。この楽譜は秋葉原にある楽器店で新品購入しました。

ちなみに収録曲は・・・

  • Oh Tengo Suerte
  • トーキョー レギー
  • Tropic Birds
  • 憧れのセーシェル諸島
  • I Remember you
  • Ready To Fly
  • An Insatiable High
  • 伊豆甘納豆売り
  • Blue Lagoon
  • Explosion
  • Taj Mahal
  • 黒船(嘉永六年六月四日)
  • Early Bird
  • FINGER DANCIN'

定価は2,800円+消費税でした。この楽譜も今は少しマイナーチャンジしたみたいですね。

2007年12月 2日 (日)

第12弾 楽譜「#2 高中正義 カラオケベスト15」

Takanaka_score12 本日、楽譜シリーズ第12弾です。これは、昨日ご紹介した「高中正義 カラオケベスト15」の改訂版です。収録曲を比較してみると分かりますが、曲目が一部変更になっていますね。この楽譜は数年前に新宿の楽器店で新品購入しました。

ちなみに収録曲は・・・

OH! TENGO SUERTE

  • READY TO FLY
  • MAMBO No.5(DICO DANGO)
  • BLUE LAGOON
  • 黒船(嘉永六年六月四日)
  • THUNDER STORM
  • YOU CAN NEVER COME TO THIS PLACE
  • ALONE
  • SAUDADE
  • FINGER DANCIN'
  • 渚・モデラート
  • JUMPING TAKE OFF
  • SHAKE IT
  • MY LOVE
  • GUITAR WONDER

発売時の定価は2,500円+消費税でしたが、現在ではもちろん廃盤になっています。この楽譜も、これ以後、数度、新しいバージョンが出ていますので、もう見かけなくなりましたね

2007年12月 1日 (土)

第11弾 楽譜「#1 高中正義 カラオケベスト15」

Takanaka_score11 本日、楽譜シリーズ第11弾です。このあたりからは、同じ楽譜をお持ちの方も多いのではないでしょうか?これは、高中正義 カラオケベスト15」の初期物で、カラオケCD付きの楽譜のはしりです。現在の収録曲とは若干、構成が異なります。これもドレミ楽譜出版のもですので、譜面の精度はまあまあというところでしょうか。これは、数年前に御茶ノ水の楽器店で購入しました。

ちなみに収録曲は・・・

  • READY TO FLY
  • MAMBO No.5
  • BLUE LAGOON
  • 黒船(嘉永六年六月四日)
  • THUNDER STORM
  • YOU CAN NEVER COME TO THIS PLACE
  • FINGER DANCIN'
  • SPEED OF LOVE
  • SAUDADE
  • JUMPING TAKE OFF
  • SHAKE IT
  • BISCAYNE BLUE
  • AQUAPLANET
  • GUITAR WONDER
  • KOREYA!

発売時の定価は2,800円+消費税でしたが、現在ではもちろん廃盤になっています。この楽譜は新しいバージョンが何回も出ていますので、もう見かけなくなりましたね。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ